カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017雌岡山79~夏(柄長)

撮影手記

2017/06/04~05
◆久々の雌岡山◆
一昨日は、冬瓜のための棚を作りたくて、竹を取るために久しぶりに雌岡山に行きました。行くからにはカメラ持参です。
メジロ、エナガ、シジュウカラと今までとあまり変わり映えしないメンバーですが、冬~春の風景と明らかに違う雌岡山でした。
ウグイスの囀りが近くでしています。樹木の中を探していると、チョロチョロと小忙しく動き回っている小鳥を発見しました。ウグイスかな…
D81_5423.jpg
現場では判別できませんでしたが、持ち帰ってPC解析してみると、メジロでした。
梅林の横を歩いていると頭上に小鳥の集団がやって来ました。エナガです。
D81_5455.jpg
梅林ではスズメに交じって、グレーに見える小鳥もいます。何だかシジュウカラに似ています。冬場に見ていたシジュウカラはもっと色鮮やかだったはず…何だろう?
D81_5552.jpg

D81_5562.jpg
梅林ヲ通過して小鳥の集団が松の木に止まりました。メジロとエナガです。
D81_5606_2017060506443124f.jpg

D81_5642.jpg

D81_5644_20170605064434eb3.jpg

D81_5694.jpg
冬場、梅の木の周りでこんなツーショットを撮ったことがありました。メジロ、エナガ、シジュウカラはよく混群で行動しています。またいつか珍しいツーショット、スリーショットが撮れるかもしれませんね。
松の木の下にやって来たのはホオジロでした。
D81_5746.jpg
そして日の陰った森の中に来たのが、これっ!
D81_5769_20170606053000d67.jpg
逆光で見えにくかった小鳥はシジュウカラでしょうか。
意外と冬に見た小鳥たちがいたので、
昨日(06/05)も畑の水やりが終わると、雌岡山に行ってみました。ところが、いたのはスズメだけでした。
D81_5802.jpg
木の上でガサゴソ動くのでつい脊髄反射で撮ったのはスズメ。雑木林から梅林に出てきた小鳥に咄嗟にカメラを向ければスズメだった。
D81_5805.jpg
という具合にスズメしか見ませんでした。
昨秋金鶏の絵を描こうとして笹をよくスケッチしましたが、笹って何てボロボロなんだろうと思うほど草臥れていましたが、昨日見た笹はキラキラ輝いていました。
D81_5792.jpg

D81_5795.jpg
今度はキラキラ眩い笹を使って、もう一度錦鶏を描いていてみたいものです。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ




2017畑フォト15~夏(白鶺鴒)

撮影手記

2017/06/04
今日の畑は水やりだけ、天気は晴天。こんな時の出動の主目的は撮影になります。田植えが終わってからというもの、どうもツバメが撮り難くなったので、カメラをD3XからD810にチェンジして燕を狙いました。

◆畑のち雌岡山◆
いつものように田圃の水面間際を飛んでいる燕を狙っていましたが、撮れる写真は今までどおり何の進展もありません。
D81_5179_201706050621424a6.jpg
そんな撮影に苦心しているところにつがいのカラスがやってきました。
D81_4804.jpg
今描いている絵がカラスなので、どうしてもこっちに食指が動いていきます。
カラスの不気味さは、不快な鳴き声と黒一色というだけでなく
D81_5324_20170605063134d39.jpg
翼を広げたときの風切り羽が切れた感じの破れ羽になっていることも不気味さの一つかもしれません。私の絵も羽を切り刻んでやるともう少しリアリティーが増すかもしれません。

ツバメ撮影を中座し少し畦道を歩いていたら、
私が背後から近づいてくることを気にする様子もなく、ハクセキレイが無防備に餌を漁っています。
D81_5388.jpg

D81_5389_2017060506162694d.jpg

D81_5390_201706050616277fb.jpg
前向きだったらよかったのですが、またいつかそんな場面に出くわすかもしれません。それまで正面写真はおあずけです。
と、いつも通り畑フォトは大した実入りもなくあえなく撤収となりました。
そして、
家に帰り、昼ご飯を食べながら畑仕事の相談がまとまりました。夕方に冬瓜やズッキーニの植え付けをすることになり、それならば瓜棚を作ってみようと言う事になりました。そうと決まれば、雌岡山に竹を取に行かなくてはなりません。そのときの持ち物が剪定鋏とカメラだった的に、さらに撮影は続行されました。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ




2017畑フォト14~夏(椋鳥)

撮影手記

2017/06/03
◆焼肉大なり…◆
今日6月4日は、岡山でモトレボが開催される日です。クワレガさんやライトマンさんは昨日から岡山国際サーキットに入られて、バンバン写真を撮っておられるようです。ところが私ときたら、どうにも億劫で今回もパスすることにしました。通行料と入場料で5000円も使う気になれないのです。今夜はヨメさんと仲良く焼肉でも食いに行こうと思います(笑)。
今の気持ちは
 焼肉>モトレボ(これは不等式で「焼肉大なりモトレボ」と読む)
岡国詣では中止して、今日は昨日買ってきたズッキーニや瓜の苗を植えようと思います。そうだ、スイカやメロンに倣って瓜棚も作ろう。
KIMG9837[1]



◆田植え直前◆
田植え前の田圃は耕してはあるがまだ乾いています。田植え直前に水を張って水田にしていきます。そのとき地中に潜んでいた虫が這い出てくるらしく、野鳥が集まってきます。燕もうじゃうじゃいるように見えます。普段はすぐに逃げていくムクドリもこの時ばかりは、私の存在が気にならないらしく、わりと近くまでやって来ます。
D3X_3122_47608.jpg
トラクターの音に驚いたか、一斉に電線に退避。
D3X_3131_47617.jpg
また行き過ぎると戻ってくることを繰り返しています。

ツバメも意外と目の前までホバリング状態で近寄ってきますが、まだら模様の背景に引っ張られてオートフォーカスがうまく決まりません。
D3X_2629_47115.jpg

D3X_3017_47503.jpg
田植えの終わった田圃でも、背景のイネにオートフォーカスの足が掬われてしまい
D3X_1920_46406.jpg
ほとんどがピンボケで終わってしまいました。
D3X_1924_46410.jpg
オートフォーカスが合いやすい背景は、青空や水を張ったばかりの田圃の様に明るい単一色。そして、田植えが終わってしまった田圃では水面に映る燕の影にフォーカスしていきますが、影というよりその周辺の稲に合わせていると言った方がいいかもしれません。ある程度近くを撮ろうとするときはこの手は使えません。きっちりツバメにフォーカスするしかありませんが、ほとんど外してしまいます。

スズメ
D3X_2732_47218.jpg

D3X_2719_47205.jpg

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ



2017菊日記5

撮影手記

2017/06/03
◆ボンドで補修◆
3日前の夜、天候が急変し雷が鳴りだし豪雨になりました。朝、鉢植えの上木が倒れていました。雨模様なので菊の水やりをすることなく、次の夜も同様に雨が降りました。日中は風も強くまたしても鉢植えが倒れていました。
そして昨日は菊の施肥の日でした。徒長枝を摘んだり、ビニタイで伸びた芽をくくる作業をしていると。風で折れた芽や裂けた枝を発見しました。
D71_1284.jpg
ザックリ裂けてしまった福枝は樹形を保つ重要な役割があります。捨てるわけにもいかず、接ぎ樹の要領で、木工用ボンドを塗りビニタイで補強しました。これで生き帰ればよいのですが。
ポッキリ行ってしまった主幹の芽は、
D71_1289_20170603143443653.jpg

D71_1279_20170603143441177.jpg
次に控えている新芽を芯に仕立て直します。
丹精込めて育てていたのに一気に5㎝ほど短くなってショックですが、最終剪定まで約3か月ありますから、菊の旺盛な生命力に期待したいと思います。
懸崖以外の菊もすくすく成長していて、ブルーミングビューティー以外にも11月咲のバルーンマムにも蕾ができていました。
D71_1290_20170603142456651.jpg
この蕾は早すぎるので摘むべきなのでしょうか。

2017畑フォト13~夏(八哥鳥)

撮影手記

2017/06/02
◆白い鳥・黒い鳥◆
D81_1978.jpg
田圃に田植えのための水を入れています。その時隠れていた虫が出てくるのでしょうか、鳥たちが集まってきます。
D81_1780_2017060306165802c.jpg
カラスやスズメがいっぱいいると思って、よく見てみると。ところが、このカラスは白い羽根と冠羽がありました。
D81_1840.jpg
画像検索でヒットしたのが「八哥鳥(ハッカチョウ)」でした。今までこんな鳥が身近に居たなんて全然知りませんでした。
では、ハッカチョウ以外の黒い鳥
カラス
D3X_1709_46199.jpg

ツバメ
D81_1681.jpg

ムクドリ
D81_1820.jpg

白い鳥はあまり見ませんでしたが、最近虫取りに夢中になっているハクセキレイはずいぶん近くまでやって来ます。
D3X_1674_46164_20170603062407277.jpg
昨年はアマサギの群れをたくさん見ましたが、今年はあまり見ません。その代わり今年はシラサギが湧いています。
D3X_1694_46184_20170603062409b73.jpg

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ


蛍狩り~伽耶院

撮影手記

2017/06/01
◆伽耶院の蛍◆
D3X_1446_45936.jpg
蛍狩りのニュースやっていました。場所は姫路の方だったように思いますが、もう蛍の季節なんだと思って、伽耶院まで行ってきました。蛍が乱舞する有名な蛍狩りスポットを知らないわけではありませんが、そう言うところはとても遠いのでお手軽な伽耶院という訳です。
伽耶院は
CIMG9582[1]
山陽道・三木東IC付近から少し山奥に入った農道の行き止まりにあり、蛍のシーズンになると狭い道に車があふれます。駐車場も早い者勝ちですが、蛍のベストタイムに合わせてくる人も多く、絶えずヘッドライトの明かりに晒されています。
超有名な地では観光バスが止まり、賑やかな歓声とスマホのフラッシュが蛍狩りの風情を吹っ飛ばしてくれます。
何処も同じです。

PM7:30、気の早い蛍がやっと確認できた程度で、あまり人も集まっていません。
KIMG9838.jpg
フラッシュはご法度、まさかスマホが光るとはこの時初めて知りました。

PM7:40、蛍が飛んでいます。
D3X_1456_45946_201706020723334fc.jpg
8時ごろまでいましたが、10秒程度の露光で写っている蛍はこの程度でした。1週間後あたりがチャンスなのかもしれませんね。

2017菊日記4

撮影手記

2017/06/01
◆第1回摘芯◆
昨年は、新芽が少しでも伸びた芽を見つけたらその都度摘心していましたが、今年は5月30日に最初の摘芯作業をしました。懸崖菊は新枝芽が3本確認できたに最初に芽を摘んで、芯止めをしました。その他の菊は、5~6枚葉が付いたところで摘心して3本仕立てに誘導してきました。それ以外の摘芯は、各月の10日、20日、30日と10日間隔で行うことにしました。
摘心することで樹勢が少し弱まるので、10日間放置するのは樹勢を保ち発芽を促す意味です。

懸崖作り
D71_1255.jpg
約90㎝の懸崖台に30程度ですが、あと3か月で懸崖台いっぱいに育てなくてはなりません。

静岡作り
この静岡作りは芯止めをせずに真っ過ぎに伸ばしていました。そのせいなのか枝の伸びが思わしくないのですが、10番線に誘導してみました。
D71_1274.jpg

杉作り
D71_1243.jpg
我が家で一番大きな12号の植木鉢に仕立てた杉図作りは50㎝程に成長しました。

寄せ植え
懸崖菊用の苗を使った3種類を仕立てた残りを寄せ植えにしたものです。壁型とドーム型にするつもりですが、どんなものになるか楽しみです。
D71_1241.jpg

D71_1271.jpg

盆栽作り
D71_1270.jpg
庭の片隅に勝手に生えていたものです。春に摘み取った芽が根付いたものと思われますが、まったく正体不明な菊です。昨年剪定した枯れ枝に這わせて盆栽のように仕立てました。

◆スプレーマム・ピンポンマム◆
今年はダリアを買ってきて育てていますが、虫害がひどくてとても無残な姿です。そのダリヤに似た咲き方(ダリア咲)のバルーンやピンポンという新たな種類の菊にも挑戦しています。
バルーンマム
D71_1250.jpg
7月咲のバルーンマムに着蕾が見られます。
D71_1252.jpg
育苗ポットに入った苗を200円程度で買ってきて、持って帰るとすぐに土を落とし、根付きで3株に切り分けてさらに育苗したものをプランターに植えました。背丈もちょうどいい感じになったので、摘心しようとしたら蕾を発見。7月に咲かせるにはちょうどいいくらいなので、これは開花までしばらく放置です。

このバルーマムは、3種類寄せ植え
D71_1263.jpg
一株から3本の主枝を伸ばし、大輪の3輪開花を目指します。ダリア咲にさぞかし見事な…(妄想は果てしなく続くので以下省略)

ブルーミングビューティー
園芸店で廃棄処分品を買ってきたものなので、実際の花はまだ見ていません。
D71_1266.jpg
プレートに表示されている絵を見て、グリーンのピンポンマムだと思って買ったものだと思います。それが早速着蕾しています。
不思議なことなのですが、上のビューティーマムから株分けしたこちらの鉢植えは葉の付き方枝の伸び方など全くの異種にしか思えないのですが、苗の取違えが起こったのかもしれませんネェ~。
D71_1268.jpg

小菊各種
D71_1269.jpg
紫黄丁字咲など黄、白、赤の小菊はみなドーム型にしました。成長の具合や分枝の様子を見て、来年の仕立てを考えたいと思います。
これらはみんな処分品であったり道端で咲いていたものを挿し芽にしたものです。ほとんどただの品です。

◆庭はささやかな私のキャンバス◆
今年の庭は少し華やかです。
何を勘違いされたのかトマトまで摘心されてしまいました。トマトで3本仕立てなんてあるんかなぁ~。
D71_1257.jpg
昨年埋めておいた球根から百合の芽が出てきて、今では1mほどに成長しました。間もなく開花。
D71_1259.jpg
ルドべキアは冬を耐えて春に目を出してきましたが、妙に発育がよくて、昨年の倍くらいの背丈になりました。間もなく開花です。
D71_1261.jpg
朝顔のツルも伸びてきました。金木犀も檍も夏の間は朝顔です。
D71_1273.jpg

2017美保基地航空祭4

撮影手記

2017/05/28
D3X_1078_45569.jpg

◆ナマズ顔でサメの尻◆
シマネさんからのコメントによれば、今回の航空祭のメインはC2(冒頭の写真)とYS-11のラストフライトだったようです。
子供のころから見慣れていて、新婚旅行で初めて乗ったYS-11がもう見られなくなるのは残念な気持ちもしますが、新たに登場したC2なる輸送機は巨大という印象だけでした。
D81_2851_201706010615473ac.jpg
これが目の前に現れたときは、先日の水族園で見た
D71_1155.jpg
巨大ナマズとダブり、思わず髭をつけたらかっこいいぞとか…
D81_2917_20170601061549cba.jpg
後部ゲートにはジョーズ並みのイラストを入れたらどうだろうなんて考えてみていました。
D81_2888_20170601061548e7b.jpg
隣で写真を撮っていた兄ちゃんは、いろいろ得意気に解説してくれましたが、どうもピンときません。
日本でいくつもやっている航空祭の一つのパターンだと思いますが、やはり見たいのは最前線で活躍している戦闘機なんだよね…。
YS-11が自衛隊でどんな役割の航空機か知りませんが、どう撮っても、新幹線より少し窮屈な旅客機でしかありません。
D81_2741.jpg

◆ブラックインパルス番外編◆
中国道から米子道に入り、この旅の最後の休憩場所は蒜山SA
D3X_0758_45249.jpg
燕が群れて飛び回っていました。
D3X_0828_45319_20170601063146a1d.jpg
ここで過ごした30分ほどこの時間が、今回の米子行きで一番充実した時間だったかもしれません。燕が狭いエリアで乱舞している様子は、だだっ広い畑ではあまり目にすることができませんからね。燕は、人が多い田舎に巣を作る人間との共存型の鳥です。
D3X_0880_45371.jpg
さて航空祭当日、
巨大飛行機が展示飛行している最中でも、まわりを飛び交う野鳥たちに目を奪われてしまいました。私の興味は飛行機より鳥のようです。
D81_2315_2017060106314957d.jpg

D81_2246_2017060106314762f.jpg

D81_2197_20170601062455477.jpg
我が家の烏も、桜の雄蕊を残すのみというところまで仕上がってきました。私はこの絵を描いていて自身に重大な肉体的欠陥があることに気が付きました。
D71_1226.jpg
赤系の色を見ていると、白が緑に見えてくるのです。これって色弱なんだろうか…。とにかく私には赤系の絵が描けないことが分かりました。

2017美保基地航空祭3

撮影手記

2017/05/28
D81_3288.jpg

◆ブルーインパルス◆
家に帰り撮った写真を見ています。いつも同じような写真なので、写真の取捨選択作業やアップロード用の加工などの整理作業も中傷気味です。エプロンエリアと会場外では見え方にどんな違いがあるのか気になっています。
数年前に行った岩国のフレンドシップデーとは、演目の違いからなのか見る場所の違いからなのか、写真の様相が違うのです。
美保基地の航空祭を見るときは、いつもエプロンエリアの向かい側の滑走路南側の駐車場エリアからです。たぶんそこが展示飛行の中心付近だと思います。
D3X_0996_45487.jpg
いつもロープが張ってあるのですが、今年はロープがありません。ここに集まっている皆さんはルールが守れるのでしょうか?
D81_3152.jpg
見るからに厳(いか)つい装甲車が見回りに来ました。
立ち入り禁止区域と言う意識のない無法者たちに注意をして回っているようです。
D3X_1107_45598.jpg
ブルーインパルスの飛行中にカメラを持って立ち入り禁止区域内に入っていったバカがいましたが、誰かが大声で「入るな」と言っていました。そう言う声がどんどん上がる世の中にならなくてはならないですネ。
さらに許せないのが、こいつだ。
草むらの人ごみの中でタバコを吸っているこのオッサンには「基地外退場」と叫びたいところでありましたが、図体が大きく人相も怖そうだったので、声も出ませんでした。
D3X_1091_45582.jpg
ドラマもたくさんあったこの場所からは、
真上を見上げながら6機編隊のデルタループをゴーヨン(超望遠レンズ付きカメラ)を抱えて眺めていました。おかげでやけに首が痛いです。
もしこの次に行くことになったらエプロンに行ってみたいと思います。また全然違う見え方をするかもしれませんネ、首も痛くならないかも。
以下証拠写真
D81_4185_201705310508359f2.jpg

D81_4275.jpg

D81_4488_2017053105083997e.jpg

D81_4588.jpg

D81_4625.jpg

D81_4721.jpg

D81_4595.jpg

2017美保基地航空祭2

撮影手記

2017/05/28
KIMG9848.jpg

◆落下傘部隊だよ◆
子供の頃、C46とかいうプロペラ輸送機を使って、この降下訓練をしていたように思います。プロペラ機がジェット機に代わって、パラシュートもかなり上等そうなものになっています。
この落下傘部隊はなんとも懐かしいね。
D81_2600.jpg

D81_2601_20170530093512bc5.jpg

D81_2612.jpg

D81_2778.jpg
午前中の展示飛行は、まあ何と言いましょうか、よその航空祭と一味違いとても落ち着きのあるショーでした。
D81_2379.jpg
こういうのが飛んでいましたが、何故かカルガモや雲雀に目を奪われるのでした。
D81_2463.jpg
いくら美保基地が田舎とはいえ航空自衛隊の一大イベントですから、米軍の協力を得てハリヤーとかステルス戦闘機なんか飛ばしてくれんと、物足りないのです。
D81_3174_20170530095812885.jpg
このフレーミングは、絶対YS-11よりもカラスを意識していますネ。
D81_2517_20170530093509490.jpg
午前中のメインはF2の航過飛行
ベイパーを出しながら基地上空を旋回してくれますが、晴天青空に黒っぽい機体、しかも遠すぎたために、証拠写真。
D81_2973_20170530100408790.jpg


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム