FC2ブログ
 

カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2019水彩画69~透明水彩

撮影手記

◆世界で一番美しい細密画◆
日本画のスキルアップの為に後期は日曜絵画教室に参加しています。なんでもありの教室なので、日本画もOKなのですが、わざわざこの場でやる必要もないので、仲間の多そうな水彩画を始めてみることにしました。まずは自分専用のテキストとして、「透明水彩で描く世界で一番美しい細密画」という本を買いました。
日本画の技法で美しい細密画を描いてみたくなりました。
D81_5718.jpg
テキストにあるように、絵の具をパレットに出し乾燥させます。次回の絵画教室に間に合うように、過去写真からモチーフを選び、F10号の画用紙に精密画になるように下書をしました。
D81_5713.jpg
テキストでは、水彩画の下書は、細い線での輪郭のみです。後は写真を見ながら絵の具で仕上げて行くことになります。
日本画のスキルアップの為に始めたことなので、日本画用の下書もしてみました。こちらはF20号鉛筆デッサンです。
D81_5720_20191107035651522.jpg
拡大画像Google
水彩画の下書と違ってとことん細部に拘って描いています。何しろ全長12cm(Wik)のメジロを実寸50cmと超特大に描いています。実際に日本画として制作するのは、水彩画の出来映えを見て決めたいのでまだまだ先になります。
メジロの写真を探しながら気がついたのですが、
私がメジロを熱心に撮っていた頃は、メジロの動きに注目して撮っていました。なので、一般的な高精細画像があまりありません。この絵は、いくつもの写真を見ながら、架空の構図でを作り、曖昧に写っている所は想像で描いています。モチーフの「メジロと桜」を細密画を描く為の写真として撮り直す必要がでてきました。春にならないと制作には移れません。
なので、次回作は予定変更で奈良井宿になりそうです。
そうと決まれば、奈良井宿に行くべェ〜

Comments







« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ 作品集
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集>
◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム