FC2ブログ
 

カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2018日本画37~伊根の舟屋2

撮影手記

◆色鉛筆画第3弾◆
D71_4974.jpg
拡大画像
スケッチブックに鉛筆スケッチ画に色鉛筆で着色しました。なにしろ膝の上に乗せて抱えながらのスケッチですから、平行が崩れ色々なところが歪んでますが、ただの取材ですから(言い訳)。
廃屋となった舟屋のスケッチを終えて、車のあるところまで帰る途中で見た風景です。民宿の駐車場のようなところから、規則正しく並んでいる舟屋を見るところができました。小舟が行儀よく収納されている舟屋が見渡せて、係留されている少し大きめのボートが浮かんでいます。いかにも「これぞ伊根の舟屋でございます」と言っているような風景です。船の舳先にカモメでも止まっていたら申し分なかったのですが…
ちなみに色鉛筆で仕上げた絵はこれが第3作目になりました。

第1作(スケッチブック)
D71_4964_20181024083610b98.jpg

第2作(ケント紙、写真から起こした絵)
D71_4970.jpg
この第3作目は、いかにも伊根の舟屋の原風景と言えるものかもしれません。絵に出来なくても、資料にはなるだろうと思って写真だけは沢山撮って帰りました、
全景的な風景、海に浮かぶボートと舟屋の風景、舟屋の中の風景(作業中の人がいなくて残念だった)、町並みと言った絵の題材になりそうなものはおおよそ撮ってきました。
D81_4265.jpg

D81_4249_20181024084836fa0.jpg
ボートのある風景も今回の第3作も捨てがたい構図です。しかし近景にボートが入ることによって、どことなく洋画っぽい風景画に感じました。それに引きかえ桜の絵は平面的で、絢爛豪華な桜花と錆色した古めかしい舟屋の対比がいかにも日本画らしいと思われるのです。
この中から日本画にふさわしいのは、第2作の桜でしょうか。

Comments







« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム