FC2ブログ
 

カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

畑の燕と竹藪

撮影手記

◆竹藪スケッチ◆
描き終えたはずの播磨冬景が今一つ納得いきません。それはどうも竹藪の表現に問題があるようです。そこで、畑の水やりのついでに、竹藪ウォッチをしてきました。
スケッチをするつもりでしたが、斜面での竹の生え方のリズムが分からず、同色のため一本一本の竹の区別が全くつきません。
D81_8557.jpg
いくら注意を凝らして見てもスケッチができません。写真から数パターンの竹だけ描きだして、日本画らしさを残しつつ、一本いっぽん描き重ねていけばなんとか藪らしく見えるかもしてません。

そんなとき、畑や田圃周りを飛び交うツバメに目が行きました。
最近どうも野鳥撮影をしたいという気にならず、望遠レンズを持ち出すこともなかったのですが、竹藪の資料収集のために持ち歩いていたので、久しぶりに燕を追いかけてみました。
D81_8413_20180602050530f91.jpg
このような小さな鳥は、青空が背景のときはよくピントも合いますが、畑や草むらが背景になった途端ピントが狂いだします。たまたまこんなところでピントが合いました。
ツバメより小さなアゲハチョウなど少し離れたら、ほとんどピントなんて合いません。
D81_8696_201806020505358d4.jpg
これはきっと蝶ではなく、周辺の草にピントが合ったのだと思います。参考までにトリミング前の元画像は
D81_8696_20180602053103c53.jpg

Comments







« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム