カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017日本画26~鰈の干物

撮影手記

2017/07/28
◆カレイとヒラメ◆
D71_1645.jpg
昨年末に取り掛かった「鰈の干物」の色紙絵です。鰈の干物を題材にして素描をするのがこの取り組みのキモです。それを素材として色紙絵にするのです。
とりあえず昨日の段階で、黄土色で下塗りをしてみました。今日は一日かけて鰈の干物らしく仕上げていきたいと思います。
何の芸もなく画面いっぱいいっぱいに描いていますが
D71_1647.jpg
素描がメインの活動だけに、より精細に描こうとしたら絵が実物より大きくなりすぎました。それをそのまま色紙に転写すると対角線ぎりぎりにしか収まらない代物になっていました。先生に何と言われるやら…(笑)。

久しぶりに鰈の干物を冷蔵庫から出して、スケッチの仕上げを詰めていたときに気が付いたのですが…これって鰈ですか?
「左ヒラメ右カレイ」と言われるように、腹を手前に置いたとき左を向いたらヒラメと言う事なので、この魚はヒラメと言う事になってしまいます。
この干物は「デビラカレイ」といわれているので鰈の干物というより、正しくデビラカレイの干物またはヒラメの干物と呼ばなくてはなりません。
元の魚は
tamaganzoubirame.jpg
こんな奴でして
カレイ目>ヒラメ科>ガンゾウビラメ属のガンゾウビラメといいます。漢字で書けば贋造平目となり、平目の偽物(贋造)、平目もどきと言う事になるそうです。
ちなみに平目科の魚にはカレイと言う名前をもらっている魚もいくつかいるようです。
無題

RS=^ADBVQTJkJ2Tx_DDvwgNaLapV
稀にヌマガレイの様に左向きのカレイもいます。

◆青砥会ビフォーアフター◆
青砥会では
昼食休憩をはさんで、午前10時前から午後の3時までカレイの絵を手がけました。干物本来の色である飴色を決めるのにかなり時間がかかってしまいました。全体を大まかに着色して、やっと頭の辺りを塗り終えました。まだまだ先は長そうです。
ビフォー
D71_1645.jpg

アフター
D71_1649.jpg

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム