カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

熊野古道を歩く2

撮影手記

2017/05/20
古代杉の巨木に囲まれ、見上げても空さえ見えぬ鬱蒼とした風景を思い描きながら、歩き続けること約1時間。
目の前がパーッと明るくなりました。古代杉にはついに巡り会えず、古道散策は終わったようです。
D81_1575.jpg
バスの中でバスガイドさんに、やれアップダウンが激しいだの、足元が悪いだの、ケガしても救急車が入れないだのと散々脅かされましたが、いざ入ってみると…
毎日のように望遠レンズ付きカメラを担いで雌岡山に上がっていたことに比べれば、そう大層なことではありませんでした。

普通の舗装道路がある普通の平地な田舎に「近露の王子」の碑がありました。

◆ちかつゆ◆
D81_1582_201705220546009e6.jpg

D81_1587_20170522054601230.jpg
ここの地名は中辺と書いて「なかへち」と読みます。「なかへち」も中々古代感覚な地名だと思うのですが、
ここでは、この碑にあやかって「ちかつゆ」が冠されている名前が多いようです。
観光客は必ずこの「ちかつゆ」名店街に誘導されますが、何か?
D81_1592.jpg

D81_1596_201705220546020fa.jpg

◆本宮大社◆
豪華昼食を終えると、この旅の最終目的地である本宮大社にバスは向かいました。
本宮大社でも語り部さんが付いてくれましたが、話が聞き取れない私にとっては行動を拘束されているようで、不自由極まりありません。私を無視して話を進めて欲しいのですが、向こうもお仕事なのでそうもいかず、いつも聞いているふりをしているのは大変でした。
D81_1600_20170522061204003.jpg
鳥居をくぐって長い階段を上がると本宮でした。その階段の天辺で初めてまわりを見る余裕が生まれ、よく見れば一神教の外国人も結構多いのです。
D81_1609_20170522061205326.jpg
最近よく起こっている文化財毀損の件ですが
日本に対してよき理解者であるはずの呉善花(オソンファ・韓国籍)氏も日本に来た日には多神教に違和感があったそうです。偏屈な儒教と歪んだキリスト教に反日教育を加えた結果として、「清めるために油を撒く」という心境も理解できると言っていました。
そのように平気で日本の文化財を棄損するノービザで入国する不逞朝鮮人のことはほっといて、日本文化を正しく理解しようとするマナーのある外国人は大歓迎です。
本宮には八咫烏の幟が立っていました。この酉年の鶏の図案もいいが旭日もぜひ入れて欲しかったですね。朝鮮人氏ね(比喩です)。
D81_1614_20170522061206483.jpg

D81_1615.jpg
本殿内撮影禁止、カメラに×マーク付きの看板が立っていましたが、平気で撮影している人も見かけました。「ここは撮影禁止ですよ」と一声かけても、ノービザで入国した日本語が理解できない人かもしれませんねぇ~。
D81_1617.jpg
本宮大社を出ると日本一の大鳥居に案内されました。
D81_1619_20170522061210343.jpg
日本一の鳥居と言っても
鉄筋コンクリート造りの大鳥居で、明治初期の大洪水で社殿が流されたため、現在の地に社殿が移され、その跡地に、大鳥居が建てられたそうです。 高さ34m、幅42m、2000年竣工。
まるで取って付けたようなパワースポットなのですが、これも世界文化遺産なのです。
日本語で「撮影禁止」と書いてありましたが、英語の注意書きでは「プロフェッショナルフォトグラファーは撮影禁止(翻訳)」と表記してありました。日本語の「撮影禁止」をみて敷地内で写真は我慢していたのですが、2度目に英語を読んで、語り部さんに確認をとったら、「写真は撮ってかまいませんよ」と言ってくれました。
「営利目的の撮影禁止」と日本人にも分かる看板にしてくれんカネ〜。
閑話休題、文化遺産の話に戻りますが、
中国は根拠のない南京大虐殺と言う偽造書類やデマを記録遺産に登録し、朝鮮は軍艦島に強制労働云々でごね得しましたが、なんでもかんでも世界文化遺産に登録してくれるユネスコっていったい何者なんですカネ~。ロビー活動が大事なんですカネ〜。なんでもかんでもカネ〜ですよこの世界。
ちなみに中国や朝鮮は国連の分担金なんてほとんど払っていませんが、国連職員に対してはロビー活動費をふんだんに投入しているようです。日本が納めている分担金に比べれば、個人に渡す賄賂なんて安いものですからね。
D81_1629_20170522061212df8.jpg

D81_1634.jpg
このパワースポットとやらはどうも鳥居ばかりがデカくて、杉の木は水害以降の樹齢100年程度のどこにでもあるようなものでした。
D81_1637.jpg
熊野古道には古代はありませんでした。
次行く機会があれば、那智大社や那智の滝が見てみたいものです。

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム