カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017雌岡山42〜春(虎鶫)

撮影手記

2017/02/19
D3X_2075_29010.jpg
雌岡山一番乗りの目指して7時過ぎに到着すると、そこには朝食中のカラスが待っていました。

◆朝飯前の一仕事◆
やはりいました。牛舎横の坂を登り切った梅林の入り口近くにいました。一番人目に晒される場所で朝食中でした。
D3X_2092_29027.jpg
2000×1333画像
>焦点距離 :700.0 mm
>撮影日時:2017/02/19 07:22:05
>シャッタースピード :1/60秒
>絞り数値:F5.6
>ISO感度:500
朝の感じを出したくて、ちょっと明るめに撮ったこの写真
三脚を使わない私にとって、シャッタースピード1/60秒はサーキットでの流し撮りの定番ですが、野鳥撮影に関して言えば超スローシャッターになります。それでも最小限の手ブレで済みました。
D3X_2116_29051.jpg
2000×1333画像
>焦点距離 :700.0 mm
>撮影日時:2017/02/19 07:24:02
>シャッタースピード :1/320秒
>絞り数値 :F5.6
>ISO感度:500
露光量を落として1/320秒に上げれば何とか安心してシャッターが切れます。
私がカメラを構えた頃から気が付いていたようで、少しずつ離れていき、最後はあっちに行けとばかり威嚇して、森の中に隠れてしまいました。

その後、ポツリポツリと雌岡山詣での人がやってきて、もう出没の機会を失っているのかもしれません。
トラツグミが去った梅林の草叢にはいつも通り
シロハラとツグミが人を避けながら餌をあさっています。そのうち隅に隅に追いやられるでしょう。
D3X_2142_29077.jpg
2000×1333画像
野鳥のツーショットはかなり難しいですね、次からのいい目標になりそうです。
朝日が差し始めたばかりの梅林は眩いばかりの輝きです。
D3X_2154_29089.jpg
2000×1333画像

D3X_2215_29150.jpg
2000×1333画像

◆一期一会◆
今年雌岡山で初めて出会った野鳥は数種類あります。以前緋連雀に遭遇したことがありましたが、あれ以降1度も出会うことはありません。
トラツグミがいつまでいるか分かりませんが、徐々に人目をはばかているように感じます。昨日初めて見たウソ(鷽)に至ってはもう2度と目にすることはないかもしれません。彼らの好物が桜の花芽だったら、至る所にあるわけですからね。
名残惜しいので、ウソのあるだけの写真を貼っておきます。
D3X_1929_28864.jpg

D3X_1950_28885.jpg
と言ってもたった2つですが…。

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

Comments







« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム