カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017雌岡山37〜冬(鵙)

撮影手記

2017/02/16
◆枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)◆
sumie_001.jpg
細い枯れ枝の先端に一羽のモズが止まっています。小さいながらも鋭い嘴を持ち、獲物を狙う集中した視線が張り詰めた気魄を感じさせる絵ですネ。
権力を誇示するような大きな鷲や鷹などの猛禽ではなく、たかがモズです。そして枝振りも立派な日本画の象徴のような松ではなく枯れ木。この絵の作者は、二刀流の宮本武蔵です。さすが武蔵の絵という鋭さを感じます。
この絵を見てから、かんでかんでも嫌われ者モズがやたらとカッコよく見えてきました。
枯木鳴鵙の図を狙っ撮ったのがこちら…
D3X_1193_28128.jpg
天を突くような細い枝に止まったモズが、獲物を見つけまさに飛びかからんとしているようです。
モズの鋭さだけは真似できたかもしれませんネ(元々モズが鋭いのだ…笑)。
構図取りと背景の不味さは、さすがkmhppyの写真という鈍さを感じさせてくれますなぁ〜(爆)。

◆雌岡山梅林の様子◆
現在の梅の開花状況。これは標準木ではありません、そもそもこの梅林に標準木自体ないと思う(笑)。
IMG_0035.jpg
トラツグミも好んでやって来るという水仙の花
IMG_0054.jpg

D3X_0705_27640.jpg
トラツグミを撮りたいならば、うかつに梅林の中に踏み込んでは行けません。最近どこにいるか分からないのです。一旦、森に逃げ込んだトラツグミは、次にいつ出て来るか分かりません。くれぐれも用心深く、と言っても観梅の人は遠慮なく入ってくるので、トラツグミを撮りたければ一番乗り以外にはありません。

◆出会い頭の野鳥◆
梅林から駐車場までのきつい坂道をもう少しで登り切ろうとしたとき、駐車場をメジロ以上ヒヨドリ以下の野鳥が横切りました。急ごうにも足が思うように動きません。やっと駐車場にたどり着いて、件の野鳥が居そうな方向を眺めました。太陽を背に1羽の野鳥がいます。さっそくカメラを向けてみます。
D3X_1391_28326.jpg
もろに太陽を見ているようです。思い切ってプラス補正して撮りましたが、眩しさゆえよく見えずピントが合っているかどうかも分からずシャッターを切っていました。
D3X_1396_28331.jpg
モニター画像を拡大して、イカルであることが確認できました。
イカルに会えた事はラッキーでしたが、撮影条件はアンラッキーでした。
神社裏では、アオジやクロジに混じって、いつもとちょっと違う野鳥がいるようです。逆光で日陰、こっちは暗くて何も見えません。
D3X_1409_28344.jpg
モニターで確認するとウグイスでした。クロジポイントでウグイスとはラッキーでしたが、撮影条件は最悪至極の超アンラッキーでした。

さんざんな思いをして、梅林まで帰ってきたら
D3X_1427_28362.jpg
最後の最後、「アホー、アホー!」と人をあざけり笑うようにカラスが鳴いています。
お疲れさま、今日も良い運動になりました。

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム