カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017雌岡山26〜冬(虎鶫)

撮影手記

2017/02/09
D81_2421_26740.jpg
♫ 雨上がりの雌岡山に虎色のツグミが出る
♫ って そんなに単純じゃない
♫ 夢想家でも
♫ それくらくらい理解ってる
(NHK朝ドラ主題歌:ミスチルのヒカリノアトリエ替)
みぞれ混じりの雪がいつしか雨に変わり、昼過ぎにはすっかりやみました。朝から絵を描いていましたが、何度塗ってもうまく行かず、いいかげん色塗りに嫌気がさしていたとき、陽射しが目に入りました。雨はもうやんだようです。こりゃ、行くしかないでしょう。

◆出会い頭の野鳥◆
「♫ 雨上がりの空に〜七色の虹がかかる〜…」と口遊みながらやって来た雌岡山梅林、いきなり梅林小径に入ろうとすると、
ドォ〜ン!
あちらさんもさぞビックリされた事でしょう。
D81_2328_26647.jpg
2000×1333画像
目と目が合って固まってしまいました。

抜き足、差し足
D81_2351_26670.jpg
2000×1333画像
お互いに知らぬ顔をしながら、私は一歩ずつジリジリ近づいていきます。あちらさんはジワリと方向転換、逃げの姿勢を整えていきます。

忍び足
D81_2395_26714.jpg
3000×2000リサイズ画像
完全に向きを変えました。もうこの辺が距離的に限界です。
次の一歩で、パタパタパタ…

今日は狙い通り、トラツグミをゲットしました。ヤッタゼ、ベィビーhei〜!って感じです。
トラツグミとは、迂闊に近づけばパタパタっと飛んでで逃げて御終い(おしまい)になるシロモノです。距離が詰まって、まるで気がつかないうちに飛んで逃げている場合もあります。
梅が咲き、観梅客が梅林小径に入ってくればもう見る事は出来ないでしょう。そして、一度逃げたトラツグミはもう出てこないと考えておきましょう。
トラツグミを撮ろうと思えば、一番乗りあるのみです。

◆その他の出会い頭の野鳥◆
シロハラ
D81_2412_26731.jpg

ジョウビタキ
D81_2416_26735.jpg

ツグミ
D81_2501_26820.jpg

カシラダカ
D81_2631_26950.jpg
2000×1333画像
梅林の回りを歩いていたら、一斉に飛び立つ小鳥の群れがありました。森の方へ一目散に飛んでいきます。逃げ後れた1羽にピントを合わせる事が出来ました。カシラダカです。
しばらくすると森の方から10羽くらいの群れが頭上の木に止まりました。滅多にない至近距離でのカシラダカ(逆光)の写真んです。

ホオジロ
D81_2701_27020.jpg
2000×1333画像
ミヤマホオジロは残念ながら見れませんでしたが、ホオジロは何時でも見れるようです。百合の花を探していたら勝手に目に入ってくるタンポポみたいな感じですね。
今日は、
早々にトラツグミが撮影できたので、雌岡山梅林から「かんでかんで」に移動しました。ミヤマホウジロがいたら雌岡山フルコースだったんですが、カシラダカとホオジロしかいませんでした。ミヤマホウジロは早朝勝負でしょうか?
ミヤマホウジロもトラツグミ同様、一旦逃がすと中々戻ってきません。

ブログランキングにご協力ください。
おかげさまで40位以内まで上がってきました。ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム