カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

悍ましき1/2500の世界

撮影手記

まだ白鳥シーズンですね、クワレガさんやzuikoさんのブログはまだ延々と白鳥が飛んでいそうです。例年なら白鳥ネタで賑わっていた当ブログですが、1時間近くかけて加西まで白鳥を撮りに出かける気にもなれず、車で5分の雌岡山通い明け暮れる毎日です。
今日は、とうに終わっている白鳥ネタから一つ

◆激写「六分の一」◆
1/2500って何の数字か分かりますか?シャッター速度かと思えば実はそうではありません。
下の写真の黄色でマークした長方形の部分の面積は全体面積の1/2500です。拡大画像でその黄色部分を確認して下さい。
D81_3169_20170208031808634.jpg
3000×2000画像
黄色部分の面積をほぼ60×40ピクセルと考えて、分母を画像全体の3000×2000ピクセルとして計算しています。そして、この写真の撮影データーは次の通りです。
 >焦点距離:500.0 mm
 >撮影日時:2017/01/06 09:15:27
 >撮影モード:Shutter speed priority AE
 >シャッタースピード:1/6秒
 >絞り数値:F4.0
 >露光補正量:―
 >ISO感度:31
 >ホワイトバランス:Auto1
 >イメージサイズ:3,000×2,000
表題の「六分の一」とは、上記撮影データーのシャッター速度「1/6秒」の事ではありません。
6羽の白鳥のうちある程度まともに写っているのが黄色でマークした1羽だけ、と言う意味です。
しかもピント範囲は面積比にして1/2500でした。
1/2500しか写っていない写真って、写真としての価値ありませんよね。悍ましき(おぞましき)かな1/2500の世界、SS1/6秒の世界というべきか。

このようなスローシャッターで6羽ともまともに撮る事など不可能なことです。スローシャッターの最終的な着陸地点は、せいぜいこの程度と言うに過ぎません。わざわざ安来まで遠征して、何故こんな事をしているのかといえば、
う〜ん…絵の題材になるかと思ったのですが、あまりモノになりそうにもないので、転じてたんなる「暇潰し」ってことです。もう空飛ぶ巨大アヒル写真に飽きちゃったのかなぁ〜。
また何かの拍子で巨大アヒルの飛翔が見たくなったら出かけます。それまでハクチョウファンの日と頑張って!

ブログランキングにご協力ください。おかげさまで50位以内まで上がってきました。ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

Comments







« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム