カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017白鳥日記4〜安来1-2

撮影手記

2016/12/02
◆スローシャッター再び◆
河西市にも白鳥が来ているみたいです。しかし、数は少なく神出鬼没(日気まぐれ)のようなので、片道1時間かけて通う気にはなかなかなれません。それよりも、高速道路を3時間ぶっ飛ばし、たとえ4時間かかっても安来に行く方が確実に楽しめます。
D81_8072_20161204062919644.jpg
拡大画像(SS1/10秒、f4.0、ISO31)
注)当ブログで扱う画像は全て露出調整とトリミング以外は無修正です。もし、この画像をkmhppy式に編集すると編集画像となります。是非元画像と比較してください。
最近サーキットでも白鳥撮影でもあまりモチベーションが上がってこなくなりました。年齢による衰えなのでしょうか、以前のようなワクワク感がないのです。
というのも、たぶん
「折角遠くまで来たのだから、確実の撮らなくては…」と思うようになっ他のが原因でしょう。だから、流し撮りのシャッタースピードはぎりぎりの妥協点で撮っていました。撮れて当たり前なんて撮影が面白いはずがありません。写真がお金に替わるのであれば別ですが…
「超スローSSで芸術を撮る」
以前はSS1桁が当たり前でしたが、カメラの解像度が上がるにつれ、それではブレが目立つ過ぎて見れる絵が撮れなくなってきました。そうなると自然とシャッタースピードを上げてブレを減らす方向でやらなくてはなりません。考え方が「カメラ性能に合わせてより緻密な描写をする」に傾いていました。
これでは、すっかり遊び心を忘れてつまらなくなるはずです。
D81_8712.jpg
拡大画像(SS1/10秒、f8.0、ISO31)
緻密に撮れた写真は、
サーキットのモノであれ白鳥であれ、決して誰かがまねをできるレベルのモノじゃありません。自分で言うのもなんですが、他に類を見ないくらい「緻密な流し撮り」になっています。プロが販売している写真とはレベルが違うのです。
何でもそうだとおもうのですが、一度目標をクリアすると、その次も同じことを繰り返そうと思わないものだと思います。要するに写真で自分を満足させるものがなくなってしまい、日本画に走ったのだと思います。
D81_8817.jpg
拡大画像(SS1/10秒、f6.3、ISO31)
今回は、「あの時のときめき再び」と言う気持ちで、SS1/6秒から始めましたが、リハビリには少々きつい設定でした。
SS1/10秒から2000×1333で見ていただける程度の写真がポツポツ混ざる程度でした。
D81_9230.jpg
拡大画像(SS1/10秒、f4.0、ISO31)
超スローで流し撮りをすることが自分がkmhppyである証のような気がします。

Comments







« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム