カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2016青砥会4〜錦鶏2

撮影手記

◆松江フォーゲルパークに行く◆
昨日のことでした。神戸動物王国では会いたい奴に会えず、いささか意気消沈しながら画像検索しながら元ログを辿っていくと、松江フォーゲルパークがヒットしたので、早速問い合わせてみると、ピカピカの雄鶏がいるとのことでした。野外飼育なので晴れた日がおすすめだとか、天気予報を見れば今日しかありませんでした。
5時に家を出て、9時に松江に到着しました。やる気があるときはとても元気だ(笑)。
とてもすがすがしい朝を宍道湖で迎えました。
KIMG0005_20161024200918f8a.jpg

KIMG0004_2016102420144034d.jpg
洒落た珈琲館は見ただけ、ちょっと背伸びしてフォーゲルパークに急ぎました。
入館料を払って入場するや否や、一目散にゴールを目指しました。
いました、いました。金鶏鳥です。
放し飼いだと手におえないのですが、小屋に入れられていました。とてもラッキーです。
KIMG0010_20161024200920fd1.jpg
早速スケッチブックを広げて、ペンをシャコシャコ走らせ、消しゴムでゴシゴシしながら、誰に邪魔をされることもなく一機に第1号が完成しました。
ここは熱帯鳥温室(トロピカルエリア+パラダイスホール)の出口のところにある小屋で、普段はあまり見る人もいないのでしょう、そんなところでスケッチしているものだから好奇の目にさらされているのかとも思いましたが、そんなことはどうでもいい、片道6000円も通行料を払ってやって来たんだゼ。飼育係のお姉さんも興味津々のご様子。ちょうどいいや…証拠写真をお願いしました。
KIMG0013_20161024200921192.jpg
続いて第2作は
KIMG0019[1]
金鶏鳥の魅力は絢爛豪華な色彩でしょうか。黄金のモヒカンと首を覆う兜、緋色の胸羽、背中の鱗状の瑠璃の羽と翡翠色の翼。さらに長い尾羽。何と魅力的な鳥ではありませんか。
これを一つの絵にまとめるのは至難の業のような気がします。だからやりがいがあるのです。
D81_0910.jpg

D81_0452.jpg

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム