カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

琉球独立論の正体

撮影手記

◆沖縄「植民地支配の停止」を外務省に要請した独立論者◆
iRONNAに掲載された仲新城誠(八重山日報編集長)の記事より引用
D81_0066.jpg
今から2年前のことですが
沖縄では、県知事選や衆院選で米軍普天間飛行場の県内移設に反対する勢力が勝利し、「沖縄独立論」を訴える動きが活発化しました。今なお、オール沖縄と称して、元気に活動しているようです。
沖縄がかつて「琉球王国」だったことは歴史的事実です。現在の独立論は、県民の民族的願望などとは全く関係なく米軍基地撤去に向けた政治的カードとして「独立」をちらつかせるようにしかみえません。
圧倒的多数の住民の思いとかけ離れているにもかかわらず、沖縄のオピニオンリーダーと呼ばれる層に独立論は一定程度浸透しています。このことが、尖閣諸島防衛が一大関心事である石垣市民にとっては大きな不安材料なのです。
「沖縄人のアイデンティティ」とか「自己決定権」というこの二つは、独立論者と米軍基地反対論者が決まって使う「活動家用語」であり、沖縄マスコミや一部の政治家によっていやというほどさけばれている言葉です。
彼らが騒げば騒ぐほど「尖閣は日本固有の領土であり、石垣市の行政区域である」という大前提が崩れてしまいまいます。沖縄が日本でないなら、尖閣も日本ではなくなってしまうのです。
この記事から分かるように、
中国船の領海侵入に一切抗議しないオール沖縄の翁長知事と最前線の石垣市では認識が全然違います。
また
「琉球民族独立総合学会」という研究者グループの青写真は、沖縄の各島々が州となって参加する「琉球連邦共和国」の実現だそうですが、安全保障面では非武装中立を目指しているというのです(変)。
…引用終わり

冒頭の写真は沖縄の顔ともいうべき首里城です。かつて琉球王国は中国の属国かまたは支配が及んでいた証拠が、竜の彫刻からも分かります。
D81_0066a.jpg
龍の爪が4本ということは、中華帝国と対等ではなかったという明らかな証拠です。

米軍基地がなくなれば、尖閣諸島あたりでいったり来たりしている中京軍はあっさり国境を越えてきます。そのことはウィグルやチベットの前例を見れば火を見るより明らかなのです。
少なくとも石垣市はその脅威を認識している。オール沖縄と言われる人たちは本当に独立を望んでいるのでしょうか?
それとも、日本より中国を選んだのでしょうか?

◆もし沖縄が独立または中国の属国になったら◆
(byボギーてどこんさんのfacebook記事より引用)
沖縄県民は日本から独立したいのですか?
甲子園の感動もなくなりますよ。
世界中で信頼されている菊のマークのパスポートも
メイドイン・ジャパンの称号も全て無くなります。
自主財源比率30%のこの県で
政治家や公務員の給与を今の水準で維持すれば
市民サービスは皆無となるでしょう。
医療費無料化もなくなります。
高校無償化も停止します。
通貨の信頼度も低下し、恐るべきインフレが起こるでしょう。
それとも日本に謝罪と賠償を永遠に要求し続けるのですか?
それってどこかの国と同じですよ。

そんな方々が組しているのがオール沖縄。
不景気になろうが沖縄が独立しようが
生活には何の心配もない方々です。
そんな連中を選んでいるのは私たち県民なのです。
そろそろ、目を覚ましませんか?
後戻りできないところに行き着く前に。

Comments







« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム