カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

中華人民共和国の正体

撮影手記

◆毛沢東の大躍進政策とは◆
1958~61年の間、共産革命後に成立した中華人民共和国において、当時の毛沢東政権が主導となって、農工業の大増産政策として導入したプランを大躍進政策と言います。

しかしその内容は、ずさんな管理体制・実現困難なノルマ設定のもとで、生物学・経済学のセオリーを無視したもので、苗の密集栽培の奨励や「害鳥」であるスズメの捕獲、また原始的な手法での製鉄などを命じたりしました(指導者が無知だった)。
その結果、全体としての収穫量の低下や病害の蔓延・収穫期におけるイナゴの大量発生、また製品として使用するに耐えない低品質の鉄鋼が大量に産出しただけでなく、その製造に農民が駆り出されたため弊害として手付かずの農地も大量に発生し、けっきょく残ったのは、荒廃した農地や本来得られるはずの穀物の喪失、そして天災も重なったため、
飢饉の蔓延による大量の餓死者が発生するという状況だったのです。
このため、中国国内の経済も大いに混乱し、少なくとも2000万~4000万人以上の国民が餓死したと伝えられています。

「なぜ中国人は道徳観を失い、拝金主義になってしまったのか?」その答えは、歴史に裏打ちされた事実のみで明らかにできます。
9ce63c25-s.jpg

◆中国の闇1 文化大革命◆
「中国4000年の歴史」と言いますが、この4000年の歴史は我々日本人が想像しているような悠久の歴史ではなく、中国史は大虐殺のオンパレードだったのです。
中国の歴史を習ったとき、日本はずっと日本のままなのに中国は何故あんなにたくさんの国名があるのか不思議でした…。
実は、
中国では王朝が変わるたびに抗争が起き、家臣が君主を裏切り、代わりに権力の座に就くことが繰り返されるという抗争の繰り返しでした。
新王朝側は旧王朝側を粛清しまくり、王朝が変わるたびに数千万人の人口が減っているという信じられない現象まで起きていたのです。
そしてそのやり方がすごい。反政府軍は相手の兵士のみならず、宮廷に使えていた役人、官女から料理人まで全て抹殺し、金品を奪い取り、全てを焼き尽くしました。
また政府軍に味方したと理由付けをされ一般人民も粛清されました。
このようなことが繰り返されたため、「生きるためには人を信じるな」ということが身についていく訳です。

こうした歴史の中で、近年最も今の中国人を作り上げる事になる影響をを与えたのが中国の闇と言える「文化大革命」です。
(引用終わり:http://soukai213.com/china-darkness)
BN-NZ614_0512ch_J_20160512104519.jpg

d7bae151.jpg
ポルポトもスターリンもそうであったように共産主義とは反対者を粛清することです。

続く

Comments







« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム