カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

誰も描かない花鳥図

撮影手記

◆紫陽花と燕◆
D71_6812_20160628030615619.jpg
今年はほとんど燕の撮影に行っていません。朝から雨模様の梅雨のある日、昨年までに稲田で撮った燕の写真を眺めていると、そこから妄想する風景は紫陽花園を飛び回る燕でした。
こんな妄想が創作のヒントになります。

花鳥図として「紫陽花と燕」の絵はどれくらいあるのかで画像検索をしてみると、名のある絵としては北斎のこの絵を見ることしかできませんでした。
hokusai118_main.jpg
燕の絵自体少ないので、紫陽花との花鳥図なんてほとんど無いくらいだと言ってもいいくらいです。自称「畑の野鳥フォトグラファー」としてはだれもやっていないのならと、つい天邪鬼根性丸出しで「紫陽花と燕」制作に取り掛かったのでした。

アイディアスケッチは大学ノート版のスケッチブックです。
D71_6816_20160628021941de3.jpg

D71_6814.jpg
スイスイと高速飛行している姿が燕らしいと思いますが、ホバリングや急旋回・急停止のように自在に空中を動き回っている方が、翼や尾の動きと視線の方向でより躍動感を感じます。
以前、水彩画で描いた急停止半捻り捕食シーンも好きな構図ですが、
D71_6781_2016062802311349c.jpg
やはり紫陽花とのコラボを考えるとあまり激しい動きより、雨が降っていても自然に見える急停止ホバリングの構図にしてみました。
D71_6815.jpg
描きたい内容が決まったら、A3コピー用紙にパソコンモニターを見ながら、燕の大きくしたりコントラストを強くしたりしながら中央に燕を細かく、周辺に紫陽花を描いていきます。
遠景は絵の具の濃淡やボカシで表現すればいいので近景のだけ精細に描いていきます。実際の紫陽花は複雑怪奇に重なり合っていて、そのまま描くのは気が遠くなる作業で、しかもきちんと書いてもさほど美しく感じませでした。北斎の紫陽花だとマンが過ぎてリアリティーがありません。適当に省略しながら良いところだけを描きましたが、紫陽花に見えますかね…。
D71_6812_20160628030615619.jpg
(再掲)
少し燕の位置が悪くて翼が切れてしまいましたが、トレーシングペーパーに写し取る分には問題ありません。このように下書きが終わると、
次は、トレーシングペーパーに写し取り、チャコペーパーで本紙に転写していきます。トレーシングペーパーに写し取ったら、下書きのコピー用紙に水彩絵の具で着彩し、特に背景の仕上がり具合を見ておく必要があります。


Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム