カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

臨時休業のお報せ

撮影手記

アクセス数が100を切ったら、毎日更新するのをやめようと決めていて、先日アンダー100を記録したのを機に随時更新するようになりました。
「もしアンダー100アクセスが3日も続くようなら休業」と決めていました。
昨日一昨日とアンダー100、新しいネタが無い今日はそれが確定的となったので、しばらく本ブログは休業することにします。
長い間「カメハッピー氏のフォトログ」をご愛読いただきありがとうございました。



◆前足を失った軍用犬に勲章◆
german-shepherd-us-marine-medal1_201604070702165f1.jpg
(CNN) 米海兵隊と共にアフガニスタンに派遣され、爆弾の爆発に巻き込まれて前足を失ったジャーマンシェパード犬が5日、英国の愛護団体PDSAから軍隊犬にとって最高の栄誉とされるディキン勲章を授与された。米海兵隊の犬が同勲章を受章するのは初めて。
news2743914_6.jpg
勲章を授与されたのは12歳のメスの「ルッカ」。PDSAの発表によると、米海兵隊と行動を共にして400回の作戦に成功し、6年の間に数千人の隊員の命を守った。

最後の任務に就いていた2012年3月23日、アフガニスタンのヘルマンド州を巡回中に、爆弾がルッカの足元で爆発した。

ルッカを連れていた海兵隊員のフアン・ロドリゲスさんはその時の様子について、「大きな爆発だったので、ルッカにとって最悪の事態を恐れた」と振り返る。

「駆け寄って見ると、ルッカは立ち上がろうともがいていた。抱き上げて近くの木陰に走り、けがをした足の止血措置をして医療班を呼んだ」とロドリゲスさん。「ルッカは数えきれないほど私の命を救ってくれた。だからルッカが私を必要とする時は付き添っていたいと思った」という。

ルッカは一命をとりとめたが、左前足を失った。

引退後は海兵隊員のクリス・ウィリンガムさんの一家に引き取られ、カリフォルニア州で元気に暮らす。「豊かな引退生活を送れるよう、思い切り甘やかしている」という。

犬を食肉としか考えない彼の国ではあり得ないことです。東日本大震災の折は、彼の国の災害救助犬がいち早く脱走した事でも有名です。

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム