カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

画伯への道4

撮影手記

2016/02/09


◆初めての風景画「藁屋の雪景色」◆
D71_2002_20160209123355b47.jpg
蛇にうまく足を描きたして竜に大化けする絵もあるかもしれませんが、私の場合は大抵は蛇足と呼ばれるものになって失敗作の烙印を押されるのが常なのです。
この絵は本来ならば、日本画らしく透明度の高い澄んだ絵にするために群青色を塗っていきたかったのですが、失敗を恐れるあまり、薄っすらと青を入れて、ストップ。
サインを入れて完!
水墨画風の彩度の少ないものになり、鮮やかな錦絵とは一線を画すことになりましたが、これも日本画でしょうか。

◆新しい実験◆
スケッチブック(本紙)に直接下書きから絵を描く水彩画と違って、日本画はいろいろと絵を描く準備段階が煩わしいのです。
絵を描く度に、麻紙ボードや木製パネルを買ったり、作ったりしていては経費がかさみます。そこで、絵を描くだけならベニヤ板に和紙を水張りして、うまく描けたらパネルにする方法もありだろうと、と考えたのがこれでした。
D71_1967.jpg
そしてうまく描けたらパネルに張り替え、そのまま額装するのです。とはいっても、このベニヤに張ったF6号の和紙1枚が700円ほどするのですから、日本画おそるべしです。

さて、今回は初風景画です。モチーフに使ったのが、この写真
D81_0158_201601300041417ce.jpg
白鳥を撮りに安来に行ったついでに寄った裏大山御机の藁屋、前日に雪が降ったようで、まだうっすらと屋根にも雪が残っていました。
でもどうせ描くなら、
 ♬ 雪やこんこ 霰やこんこ
 ♬ 降つては降つては ずんずん積る
 ♬ 山も野原も 綿帽子かぶり
 ♬ 枯木残らず 花が咲く
って具合に、すっぽり雪に埋もれた風景にしたいと思い、ネット上にいい写真がないか調べてみました。すると…
裏大山のこの地は普通に周辺地域より豪雪地帯であり、雪が深々と降っているときにわざわざ行くようなところでもなく、また住民の皆さんにとっては珍しい風景でもないのでしょうネ、ネット上にもめぼしい雪景色の写真があまりありません。
20160113.jpg
結局、雪にすっぽり覆われた御机の藁屋根の風景を思い浮かべながら制作することにしました。

ベニヤ板に張った和紙に、下書きを写し、骨書きしたものに墨を入れたのが2枚目の写真です。
そして、さらに全体に胡粉をかけた後、さらに雪が積もっているところにべったりと胡粉を塗っていきました。
最後に雪の影に深緑や群青を入れていきましたが、どうも安っぽい、と言うか軽い感じの水彩画にしか見えません…
さらに色を重ねていきましたが、どうにもうまくいきません。

失敗! 早めに見切りをつけて

新しい紙に張り替えてやり直しました。

◆水墨画風に◆
下書きを転写して、骨書きを済ませると、墨の濃淡だけで全体を塗り水墨画風にしてみました。墨と胡粉、ほんのちょっぴり茶色を使って無彩な雪景色を表現してみました。
D71_1978.jpg
柿の木の枝を濃い目の墨でなぞり、胡粉でその枝に雪を乗せていき、山の稜線を胡粉で際立たせ、その影に薄い墨を散らしていきます。
裏大山の険しさ、麦藁小屋、複雑な枝ぶりの柿の木、このどの一つが欠けても面白くありません。深々と雪が降っている最中は大山が見えませんが、幸い止んだ瞬間と言う設定です。
さらに雪で不都合な風景が全て隠れてしまうというご都合主義な絵ですが、柿の木の枝が雪を蓄えている定番の雪景色の出来上がりです。
これに柿の実をつけるかどうかは、お絵描き教室でご教授してもらおうと思います。
11Chuyugaki_rokugo1_2016020105563213b.jpg
柿の実を入れるべきか、色を入れるべきか
いろいろ考えながら眺めていると、屋根の上から出ている2本の柿の木が鹿の角のように見えてきました。こりゃ不味い…、右側に1本追加。
散々迷った挙句、水で薄めた群青を水墨画風を壊さない程度に入れてみました。ええやん→冒頭


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム