カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

日本侵攻

撮影手記

2015/09/08(09/27再掲)


大陸系の拷問は、我々には理解できないくらい残虐であることが多い。
tibetto.jpg
中国共産党警察のチベット人への、指と爪の間に割り箸を刺す残虐な拷問。
(画像はネットより適当に拝借)
先日、抗日戦勝記念70周年式典を行ったばかりの中国が、今チベットやウィグルに何をしているのかご存知ですか。また、最近活発に膨張している中国が、近い将来、日本をどうしようとしているのか気になりませんか。

◆妄想の世界へ◆
韓国の作った2040年の世界地図では、韓国の植民地となった日本が描かれています。
o0480041612995094925.jpg
全くふざけた地図を作ってくれるものです。今の韓国人たちの頭の中にある近未来は、反日教育の妄想で支配されていると思います。

しかし、こちらの中国が作った極東地図ですが、あり得ないことではないのでちょっと怖いです。
o0497052112995094924_201509081650305e7.jpg
インド周辺や南シナ海、東シナ海で膨張し続ける中国。その中国は「琉球は中国の領土だ」と主張しています。

そこで、日本が中国に実効支配される過程をチベットの例に当てはめて考えてみました。

◆日本侵攻と中国の膨張◆
2015年、現憲法の制限下で集団的自衛権が認められたものの、積極的な交戦権があるわけではありません。あくまで正当防衛としての交戦権が認められたにすぎませんでした。
あれから数年経ち、アメリカの経済力に翳りが見え始めた頃(妄想ですから)、米軍の韓国・日本からの撤退が順次開始され、沖縄に駐留していたの全ての米軍が完全撤退しました(妄想です)。基地負担から完全に解放された沖縄でしたが…、
そうなると必ずフィリピンと同じ展開になるのです。

以前から「琉球は中国の領土だ」と主張していた中国、当然のごとく、人民解放軍は尖閣諸島防衛線を突破し沖縄本島に上陸しました。その時の沖縄は、戦争反対主義の反日世論に支配されていたので、中国帰属を歓迎する世論も後押しして、簡単に中国を迎え入れてしまったのです。平和的解決と言うことで主権も委譲してしまったのです。

こんなに易々と侵入を許していいの?

このようなとき当然防衛戦争になるわけでしょうが、その為に自衛隊もあります。直接攻撃を受けていなかったので反撃の奇怪がなかったと言うわけでもありません。
実は。「数百発の弾道ミサイルが日本を狙っている」と恫喝を受けていたので何もできなかったと言うのが実情でした。
ミサイル防衛システムがいくら整っているといっても一度に数百発も防げません。
以前、国会で「ミサイルが原発に当たったらどうなるか」とアホな質問をしていた議員がいましたが、核弾頭付きのミサイルが直接飛んでくるのです。日本中に原発があるのと同じなのです。
このような事態を回避するには、
さらに強力なミサイル攻撃システムを構築し、核兵器を保有しない限り、中国の侵攻を防御できないのです。強そうな相手に手を出さない、これが抑止力です。

◆日本征服をチベットの歴史に上書き◆
20xx年に中国軍は沖縄を橋掛かりに、日本全土を制圧。全権を一任された時の首相は、中国政府との北京での交渉に参加し、十七か条協定が結ばれ、日本を覆う中国の主権が明言された。この合意は数ヵ月後、東京で批准されました。この後、日本政府は自治の枠組みを保とうと努力を続けましたが、人民解放軍が日本に駐留したことで日本は中華人民共和国の支配下に入ることになりました。
img_2_20150908205517e7e.jpg
中国共産党政府による西日本併合後、日本人による抵抗運動はことごとく弾圧され、多数の市民が大量虐殺の対象となりました。20xx〜20yy年に、近畿圏において10,000人が犠牲になった(大阪・京都・神戸の大虐殺)。
中国政府は、日本併合後、一貫して、独立運動・亡命政府を「分離主義」として非難し、侵攻や併合および虐殺その他を正当化していきます(チベットの歴史に日本を上書き)。
3bae38d4_20150908205921fa3.jpg

中国共産党は、日本省として帰属させながら実際には実効支配を確立できなかった東日本については、中国政府に忠誠を誓う在日韓国人・朝鮮人によって組織された在日解放委員会の下、引き続き「日本省」に帰属させ、「日本自治区」を発足させたのでいした。東日本は、日本政府に移管されたのですが、実質、在日朝鮮人支配の属国となったのです。関東以西が東海省となり中国領となりました(チベットの歴史に日本を上書き)。
ppp_201509082100251b3.jpg



最後まで読んでくれてありがとう。暇ならにこれもクリックしてください。どうせなら「野鳥写真」を
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

皆様のお陰で、「野鳥写真」がランキング20位台に回復してきました。有り難うごゼーます。

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム