カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

畑のフォトグラファー19

撮影手記

2015/05/17(05/18記)


◆白い鳥から黒い鳥へ◆
近頃、畑のフォトグラファーは田圃にいます。
今の時期は、茶色い土が露出している所より水の張ってある田圃が美しいのです。田植えの後は緑の絨毯と化する田圃に…。「畑のフォトグラファー」は返上して、「田圃フォトグラファー」に改めようかしらん…。
そう言えば白鳥撮影もよく田圃に出かけました。

その田圃も、冬の白鳥から夏の黒い鳥に移り変わりました。ツバメとカラスは日本中どこにいても目に入る圧倒的な存在感を有する代表的な日本の鳥ですネ(…エッ?)。
D81_5924.jpg
カラスの飛び立ちも迫力満点、白鳥に負けませんなぁ~。これからもっとまじめに狙ってみたい鳥です。それにしても、いつも唐突で困ってしまいます。「カァ〜、カァ〜、カァ〜」3回鳴いたら飛び立つとか合図を決めて欲しいもんです(笑)。

さて今日の田圃のツバメですが、晴天無風のシンメトリーです。目標はローアングルの真正面ですが、チャンスが巡ってきません。実際は、いくつかのチャンスはあったにもかかわらず、まだ無かった事にしてあります(隠蔽)。今後そう言う写真がアップされたら、間違いなく美化虚飾の捏造記事だと思われます(笑)。
D81_4637.jpg
拡大画像
シンメトリーは、白鳥の時には季節がら中々お目にかかれなかったシーンでした。小粒なツバメをローアングルの正面と言うのは益々ピントを合わせにくくしますが、なんとか今シーズン中に撮ってみたいですネ。
このシーンを最初に見たときは、水上の虫を捕食していると思っていましたが、どうやら水を飲んでいるように見えます…詳しくは分かりませんが。

この時期の白い鳥はサギぐらいしかいません。ツバメもそう頻繁に水を飲みにやってくるわけでもないので、退屈しのぎにサギに照準を合わせてみるとアマサギでした。露出補正を+1.0EVからゼロ補正に戻し証拠カット撮りをしていました。
その中にアマサギの捕食シーンがあったので紹介しておきます。
D81_4718.jpg
拡大画像
トンボが嘴に止まっている訳けじゃありません。くれぐれも誤解無きようにお願いします。

◆LOVEラブ◆
2匹の蝶が縺れながら目の前をヒラヒラと舞って行きます。
咄嗟にカメラを向けますが、ファインダーでうまく探せなかった経験が頭をよぎり、照準器を使って追いかけて、背景が空だけになるのを待ってAFをオンにしました。すると、カシャっとピントの合う音が聞こえたのでシャッターを切りまくりました。
蝶が去ってから、モニターで確認したらジャストミートしていました。
D81_6382.jpg
拡大画像
せめて背景が青空だったらね、ついでに雲もあれば…。1つ手に入れると、2つ目・3つ目が欲しくなる欲深さは、意欲の現れと思って下さい。
一方、こちらツバメの夫婦。トンボや蝶と違って、空中で手をつなげないのが残念ですネ。
D81_4834.jpg
拡大画像

◆マークX◆
D81_6578.jpg

D81_6351.jpg

D81_6868.jpg
拡大画像
これが反対向きだったら、「これにて今シーズンの目的に到達!」となったかもしれません。まだまだ続くツバメフォトですが、何か?

もうツバメは飽きたからネタを変えろと思ったらクリック!(変えてもカラスですが)


ここまできたら、ついでにこれも↙️
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ



Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム