カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

飛騨の旅

撮影手記

白川郷、ライトアッ~プ!
D30_8046_109931.jpg
年に7日間だけライトアップされるという白川郷に、バスツアーで行ってきました。
先週の第5回目のライトアップは、豪雪地帯として有名な白川郷ですら、春のような温暖化で、全く雪が無かったと言う事でした。しかし、第6回目の今週は寒気が舞い戻り、日本列島全体が雪模様となって、希望通りの「雪の白川郷」になっていました。
ツアー客御一行様は、少し早い夕食を頂き、ライトアップに備えます。
どんな写真が撮れるんやろネ…ワクワクしてきました。

白川郷、キターッ!
IMG_4042_110363.jpg
カメラを高々と持ち上げ、やる気満々の筆者です(笑)。
いつもポスターで見るあの光景は、きっとあの展望台にあるはずだ。とりあえず徒歩20分の表示を信じて、展望台を目指すことにしました。
IMG_4092_110413.jpg
あの距離なら私でも何とか行けそう、写真もどこかで撮れるだろうと安易な気持ちで歩き始めました。ところが、杖代わりに持っていた三脚が、雲台との接点でポキンと折れてしまいました。古くてボロなのに振り回して、ここにきてアホやらかしました。
IMG_4051_110372.jpg
合掌造りの家の前にはすでに3脚がズラ~リと並び、通りすがりの破損三脚男の手持ち撮影すらできないくらいになっています。引くに引けないじゃないか、展望台を目指そう。

展望台近くに来ると、登山道の谷側にはあちらこちらに3脚が立てられています。展望台にたどり着くと、そこには
D30_7944_109829.jpg
な、なんと2重3重、いや4重5重のカメラマンの列です。こんな所ではあの定番ショットは無理ですよ…
仕方なく来た道を引き返していると、樹木の枝の隙間から僅かに合掌造り集落を見渡せる場所を見つけました。まあ何とか雪を積み上げ三脚代わりになるものを作り、一応らしきものを撮影して下山しました。
雪に覆われた合掌造りの集落がライトアップされる、そんな場面はそう見れるものじゃありません。年に7回のライトアップでは、雪が無いときもあるだろうし、雪があっても吹雪だと展望台からの写真は厳しいだろうし、そう言う意味では「いい思い出写真」が撮れました。

さて、集落に下りて行きましたが、ヨメさん達は何処に行ったのかな…
IMG_4113_110434.jpg
下山した頃にはすっかり暗くなり、雪が降ってきました。エエ雰囲気やネ~
こうなったら、ヨメさん探しはしばらく置いといて、ライトアップ白川郷を堪能しよう。

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム