FC2ブログ
 

カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2019日本画31~「伊根の舟屋」完成

撮影手記

◆写真よりリアルに◆
D81_1836_20190602001631f2a.jpg
拡大画像
拡大画像の大きさは100dpiモニターで原寸の5/7程度になります。その拡大画像を見れば、何が写真よりリアルなもんか、ということになるかもしれません。しかし問題は絵の緻密さではなく、見た目の印象です。

昨年の10月に伊根の舟屋を日本画で描きたくて、片道3時間の日帰りでスケッチに行きました。この絵の起点をその時点に置くと完成まで約7か月を要したことになります。その間いろいろな絵を描き、この絵はほとんど放置していたので、実質何日この絵にかけたか分かりませんが…、とにかくあの時の感動を1枚の絵にして残すことが出来ました。

背後の山に圧迫されて波打ち際まで押し出され舟屋となった伊根の集落が表現できたと思います。
現地で見ていた風景は、この写真の様に
D81_4221_20190602052532e91.jpg
山もそんなに高くなく、空も十分視野に入る風景でした。
しかし、現場に立った時には、山に圧迫されて海にまで追い出された感じの舟屋に見えました。目の前の船や対岸の舟屋を眺めている時は空など全く見えていません。写生画でも森を元気よく描いて空を消していました。
D71_4984_20190602052008185.jpg
あれっ!手前の船のキャビンが少し丸まっています。何故そうなってしまったかは定かではありませんが、きっと時間に追われ細部までしっかり見ていなかった為にいい加減に描き込んだものと思われます。。本画では写真を見ながらきっちり原風景を再現しています。
この写生画のイメージこそ、私が見ていた舟屋の風景そのものなのです。どの写真を見てもあの感覚は蘇ってきません。冒頭に掲載した絵の方が、どの写真よりずっとリアルなのです。

« »

06 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム