カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017日本画33~「農」の7

撮影手記

2017/09/14
◆「農」改め「胡瓜畑」完成!◆
D71_2161.jpg
拡大画像
何度も失敗をして2度描き直しました。三度目になりました。もう失敗は許されません。
製作当初の予定では、下の画像までで終わりのはずでした。しかし、これで終わりにするにはあまりにも物足りません。
D71_2078_2017091417505154d.jpg
「空と葉が単純に分かれていて、空気感がないので、境界線あたりの葉も空も白っぽくして、ボカシを入れてはどうか」と言うのが先生の意見でした。
またもう一つ問題だと感じていたのが、人物が空の色になじみすぎて全然目立たないことでした。ここは思い切って、空か帽子の色を強くしなくてはならないと思いました。
そこで、空の色を強くしつつ、境界線に白でボカシを入れていきました。
しかし、どうしても空と葉のボカシがうまくいきません。初めからその気で描いていたのなら問題なくできたのでしょうが、一旦出来上がってからでは、何度塗り直してもダメです。そのうち本紙が痛んでどうにもならなくなったときに、空と黄緑色の葉を紙の痛みを隠すために濃緑の葉を空との間に入れてやりました。
葉の遠近感と同時に人物も引き立ちました。もうこれ以上はできません、次に何かしようとすると紙が破れます。
もうこの絵は終わりにします。

畑のばあちゃん」想太画伯
D71_1760_201709141815480ca.jpg

2017雌岡山〜秋10(筒鳥まとめ)

撮影手記

2017/09/14
◆ノートリミング元画像◆
いつか「ツツドリは秋の使者」と書きましたが、実はツツドリは夏鳥で春から夏にかけて日本に繰る鳥です。春から夏にかけて、畑仕事が忙しくなり、日に日に熱気がムンムンする雌岡山に上がる元気がなくなります。盆が過ぎてちょっと涼しくなって上がるものだから、私にとっては筒鳥こそが秋の使者だったわけです。ツツドリのおかげで雌岡山詣でが復活しました。
雌岡山に上がるたびにツツドリやその影は目撃できますが、面と向かって撮影できたのは3回しかありませんでした。既に公開した画像ですが、
その1回目の画像です。
D81_1925.jpg
拡大画像>元画像
フルサイズ機、500mm、3600万画素の元画像は、表示されたモニターサイズの拡大画像をクリックするとみることができます。撮影データーは下記の通りです。
 >カメラ:ニコンD810
 >焦点距離:500.0 mm
 >撮影日時:2017/09/06 06:35:33
 >撮影モード:Aperture-priority AE
 >シャッタースピード:1/250秒
 >絞り数値:F4.0
 >露光補正量:-1EV
 I>SO感度:800
 >イメージサイズ:7,360×4,912
2度目の写真も1度目とよく似たアングルでした。3度目の出会いはほぼ真正面でしたが、残念な逆光となってしまいました。
D81_2473.jpg
拡大画像>元画像
 >カメラ:ニコンD810
 >レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR
 >焦点距離:500.0 mm
 >撮影日時:2017/09/08 16:31:07
 >撮影モード:Aperture-priority AE
 >シャッタースピード:1/1250秒
 >絞り数値:F4.0
 >露光補正量:+1.7EV
 >ISO感度:500
 >イメージサイズ:7,360×4,912
最近毎日のように雌岡山に上がっていますが、影は見えるが姿が見えません。やっと見つけて
D81_3750a.jpg
この距離、スーパートリミングでこんな感じです。
D81_3750.jpg

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム