カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

呑谷池の翡翠

撮影手記

2017/08/01
今日から8月、相変わらず蒸し暑く、部屋から廊下に出ただけで汗をかいてしまいます。
D81_9987.jpg
そんな折ですから、思い立ったことはできるだけ早朝にするようにしています。
実は、今手掛けている翡翠の絵ですが、水への映り込みがもう一つ納得できず、何度も描き直している内に取り返しのつかない失敗もし、没にする予定です。
そこでもう一度、映り込みを研究してみることにしました。
まず近所の池や河原に行って、その写り込みを見てみました。

1)水汲みポンプが作動していたので漣があり横揺れしていますが、手前ほど長く写っているようです。
D81_9753.jpg
風もなく水面に揺れがないときは
まるで鏡のように写っていますが、やや白っぽいのは空気感と言われるものかもしれません。
D81_9871_2017080107201948a.jpg

2)呑谷池には葛の葉はありませんが、椚(くぬぎ)や椿系の葉が池に覆いかぶさっています。
昨日は少し風があったので、水際がよく写り込み、全体は縦伸びしていました。
D81_9782_201708010720181b5.jpg
そして今朝は、ほとんど風が無く、僅かに横揺れしていますが鏡でした。
D81_9934.jpg
呑谷池は葛池よりローアングルで見ているので、手前ほど霞んで写っています。

3)結論
D81_9965.jpg
水際を明確にして、横揺れのいれながら縦に引っ張る。
その題材を、葛(くず)にするか椚(くぬぎ)にするか…

今朝、水際の写真を撮っていたら、翡翠がやって来ましたが、すぐにどこかに行ってしまいました。この広い池で、一点集中で待つわけにはいきません。
D81_9994.jpg

D81_0001_201708010720104e8.jpg
帰り支度をしていると、今度は
トンボが飛んできました。
D81_0011.jpg

D81_0012.jpg

D81_0013_20170801072013eaf.jpg
あんなに小さなトンボですが、撮影条件がうまく合ったのでしょうか、ピントがぴったり合いました。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム