カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017日本画32~「農」の6

撮影手記

2017/08/29
◆北朝鮮の宣戦布告◆
火の無いところに煙を立てて騒ぎまくった森友やら加計問題で捏造放送、内閣批判に奔走していたテレビが少し鎮静化していました。そこに北朝鮮がまたまたミサイル攻撃を仕掛けて、今度ばかりは、北海道上空を通過したので、取り上げないわけにいか無かったのでしょう。安全保障問題を各テレビ局が真面目に取り上げました。単に視聴率欲しさだったかもしれませんが…
憲法を改正しない限り自衛の道がないことは分かり切っているのに、民進党代表選挙では引き続き内閣を追及するなどとアホなことを言っています。民進党が朝鮮人だと知れば当たり前のことです。そして報道各社もキムチ菌に毒されているので全くあてにできませんが、目の前にミサイルが落ちれば、たとえ朝鮮でもお花畑脳のアホでも命ばかりは助かりたいので、今朝の様に一斉に取り上げたのでしょう。
そんな訳で、私が楽しみにしていた朝ドラが中止になってしまいました。
無題1
黄色いローラーで赤く塗る、なんとも不自然なタイトル映像ですが、これを見ないと調子狂ってしまいます。
と言う事でテレビを切って、朝から畑で一仕事です。
一杯汗をかいて帰り、昼からビール。うめぇ~
今日こそはと思っていた日本画「農」があまり進展しません。
D71_2078.jpg
真夏の炎天下という設定にしては、空と被り物のコントラスト不足を感じます。空をくっきり青くしなくてはならないようです。
肌色が平面っぽい。
まだいくつか直すところがありそうです。左上に伸びた胡瓜の蔓は最後に入れます。

2017日本画31~「農」の5

撮影手記

2017/08/28
◆今日はハートの日◆
ハートクリニックに通うようになって2年が経ちました。最近は狭心症の苦痛に襲われることもありません。薬も通院もしばらくストップして、来年の1月に再検査をすると言う事です。
D71_2070.jpg
高速道路を走っているき、胸が苦しくなり息がつまるような苦しみな何度か襲われることがありました。健康に不安を感じるようになってから、遠出を避け引き籠って絵を描くことが多い生活へと切り替わっていきました。今年に至ってはサーキットには1度しか行っていません。
日本画「農」の完成も間近になってきました。あと、被り物と肌の仕上げをして、水干絵具での作業が終わります。たぶん明日あたり完成かと…

ではここまでの進捗を振り返ってみます。
モチーフは想ちゃんの子の絵でした。
D71_1760_20170828204433aee.jpg
これがとてもいい絵に見えたので、このモチーフで私なりに描いた下絵がこれ
D71_1893_20170828204435f98.jpg
和紙パネルに転写して、水干絵具で骨書きをしました。普通骨書きは墨でするのですが、墨は結構しつこく黒い線が残るので、本画に近い色で線をなぞりました。
私の絵には黒い輪郭線は存在しません。輪郭は色に違いやコントラスト差で表現します。
D71_2024.jpg
胡瓜の輪郭線も、服のストライプも本画で使う緑です。
D71_2043_20170828204437106.jpg
手に取って摘み取ろうとする胡瓜も背景の葉も同じような緑ですが、明暗のコントラスト差を利用して輪郭をはっきりさせています。
いよいよ、最後の仕上げが近づいてきました。
服は緑系の白で全体を塗り、翠のストライプを捩れた感じに見える様に入れていきます。
D71_2070.jpg
最後に服に影を入れ、ねじれた模様と影の雰囲気を合わせていきました。まだ少し荒っぽくて仕上がっている状態ではないのですが、ここまで来れば細部を丁寧に塗り込むだけなのでできたも同然なのです。
被り物には厄介な模様がありますが、どうしたもんじゃろのォ~
そして最後に残った最大の難関は
顔です。本人通り描くか、日本画らしい美人画にするか…

朝顔が咲いた11

撮影手記

2017/08/27
◆朝顔と茄子の花◆
例によってとても早起きです。午前5時といったら、今までだったらもう夜が明けていた時間帯ですが、夜明けがどんどん遅くなってきました。
もう秋が目の前、そろそろ夏にも飽きたところです(笑)。
D71_2060.jpg
うす紫の絞り咲き朝顔が顔をそろえて咲きました。右上に見えている赤紫の絞り咲は反対側でまばらに咲いています。
東側の水色絞り咲きは
D71_2059.jpg
4連まとめ咲をしていました。
朝顔が咲きだしてから、
夜明けと同時に朝顔を見て、庭に出て菊の手入れから一日が始まるというのが最近のパターンです。毎日眺めているうちに、来年の夏は朝顔の絵を描いて見ようと思うに至りました。
木蓮に絡みつく朝顔が朝日の逆光を浴びて、木漏れ日の中で透けて見えるのです。そしてその木蓮の木に空蝉から抜け出したばかりの蝉がしがみついていたら、夏のギラギラした朝の情景が表現できそうです。

ところで菊達ですが、今日は中菊3本仕立ての紹介です。
D71_2064.jpg
これは今年菊花講座を申し込んだときに、サービスで頂いたものですが、どんな花が咲くか分かりません。来年どんな工夫ができる花のなのか今から楽しみです。ショボければプランターで寄せ植えの運命です。

さて、
今朝は早起きをして何をしていたかと申しますと、日本画「農」の茄子に手を加えました。葉を青緑っぽい色にして、葉脈に少し紫を混ぜたりしました。それと、たった一輪ですが茄子の花も咲かせてみました。
D71_2047_201708270620007f2.jpg
茄子の実を描くスペースが無くてちょっと残念でしが、たったこれだけなのに使った絵の具は
D71_2048_20170827065122af7.jpg
終わったら洗い流して、次は籠です。

2017日本画30~「農」の4

撮影手記

2017/08/26
◆枝豆の収穫とピーマン◆
KIMG9997.jpg
今日は枝豆の収穫の日です。随分と草勢がよく育ちすぎのような気がしますが、ちゃんと実が付いているか心配しながら収穫しました。
KIMG9998.jpg
一株にこれくらい実が付き、一畝で
KIMG0004_20170826184004493.jpg
持ってきた籠がいっぱいになりました。
明日はカラーピーマンも採り頃になります。
KIMG9999.jpg
帰ってきてからは日本画の続きをしました。
胡瓜とピーマンの下地の着色とピーマンの仕上げに入りました。
D71_2043.jpg
畑というところは全体的に緑で、それぞれみんな緑色なので、胡瓜もピーマンも全く目立ちません。
D71_2042.jpg
明日は胡瓜とナスの葉の仕上げをするつもりですが、どうしたもんじゃろのぉ~…

2017日本画29~「農」の3

撮影手記

2017/08/25
◆青砥会の日◆
D71_2026.jpg
想ちゃんの絵をモチーフにして写真から起こした絵です。胡瓜の収穫風景にピーマンとナスの前景を加えてみました。野菜の葉は現物を良く観察してある程度リアルにしかも象徴的になるように手を加えています。
実際に胡瓜の葉はこんなに綺麗でもないし、こんなに整然と並んでもいません。またナスやピーマンが作者の意図通りの所に植わっている訳でもありませんし、右側の胡瓜は実はゴーヤだったりします(笑)。

今日は青砥会で根気よく一日絵を描いて過ごしました。空と胡瓜の下塗りは前日に済ませていたので
今日はまず、
1)胡瓜の葉の仕上げ
D71_2025b.jpg
葉脈をことさらに強調しないで、東山魁夷のように何となくぼんやりとした輪郭線で仕上げました。

2)ピーマンの葉と籠の着色は色の濃さを調整しながら、何度か塗り重ねていきました。
D71_2025a.jpg
胡瓜と比べればピーマンの色も決して負けないくらいに濃いいのですが、明るくする事でらしく見え区別がつきます。

3)ナスの葉の下塗り
D71_2025.jpg
葉脈と花が紫色です。それに合う葉の色合いが分かりかねますが…
今日はここまでです。
終わり。


2017雌岡山~夏4(蝉)

撮影手記

2017/08/24
◆夏の雌岡山はシバレる◆
Bochanさんのブログに刺激されて、猛暑の雌岡山に行ってきました。帽子無し、タオル無し、飲料水無しと無謀極まる装備にて行ってまいりました。車を降りるまでは何の危機感もなかったのですが、カメラを担いで歩き始めた途端に大汗が噴出し、タオルなし、飲料水無し、おまけに帽子まで忘れるとはなってこっちゃ。
とりあえず梅林まで行って日陰で涼んでいると、蝉がやって来ました。
D81_1285.jpg
蝶々やトンボは私の技量ではどうにもなりませんが、蝉だけはお任せください。
空振りに終わらずにやれやれと思っているところにスズメがやって来ました。と思いましたが…
D81_1297_20170824122249c02.jpg
これはスズメではありませんね。う~ん、分からんけど一八の野鳥かもしれませんぞ。
汗をかいても拭くものもなし、喉が渇いても飲み物無し、木陰以外は暑すぎる。という訳でそそくさと退散しました。
その帰り道に、いつもの小鳥の混群が通り過ぎました。ブッシュの中を通過して行ったので苦戦しましたが何とか写真だけは撮れました。
D81_1319_20170824122250639.jpg

D81_1330.jpg

D81_1334.jpg

D81_1357_20170824122254886.jpg

D81_1368_20170824122256dea.jpg

朝顔が咲いた10

撮影手記

2017/08/24
クワレガさんやzuikoさんのブログでは今日もバイクが疾走していますが、
当家では、夏の庭の様子を徒然に綴った「朝顔が咲いた」シリーズという平凡な日常のボケ防止備忘録となっております。
お盆を過ぎたころから、夜明けが遅くなったように感じます。今朝も、明るくなるのを待って珈琲を片手に庭に出てみました。まだ朝日が低くて、東側に置いた中菊の3本仕立てが隣家の屋根越しに現れた太陽と重なってやけに眩しい。
D71_2020.jpg
今朝は、正面の赤い朝顔が多数咲き見事です。青いのはちょっと少ないな、白は無しです。最近私に気を使って、うまくローテーションしてくれています。
D71_1976.jpg

◆バッタ見ィ~つけ◆
昨日は一斉に菊の手入れをしましたが、一番多い虫は何といっても蚊です。作業が終わると、むき出した腕や足は蚊に刺されたブツブツだらけになり、痒くてたまりませんでした。ボリボリ…
そしてその次に見かけたのがバッタでした。もうすぐおんぶバッタとして登場してくれるはずです。
D71_1959_20170824070004a19.jpg

D71_1993_201708240700097fe.jpg
今日からしばらく菊は水やり以外何もしないので、のんびり眺めていました。昨日から特に変わっている様子もなく、気温が上がると同時に、冷房の効いた部屋が恋しくなり、部屋に戻りました。今日も暑くなりそうです。
炎天下のハイビスカスは今日も絶好調でしょう。
D71_2001.jpg

D71_2002_20170824070014f9d.jpg

D71_2006.jpg
今年のルドべキアは何者かによって花を食い荒らされて無残です。

2017菊日記8~仮摘芯

撮影手記

2017/08/23
◆静岡型懸崖の植え替え◆
D71_1912.jpg
植物は上を向く習性があり、前垂れ式の懸崖(静岡型)の様に下向きに育てるのは大変です。そこで、仮摘芯までは通常型懸崖菊と同じように水平に育てていました。
D71_1899_20170823104301fb7.jpg
一旦鉢から土ごと抜いて、斜めになるように鉢に入れ直します。向きを変えるために土と根を少し削りますが、60%以上残っているのでたぶん大丈夫でしょう。
植え替えた前垂れ懸崖の台は不用品になった風呂の椅子と生ごみ用のバケツです。捨てるところもなく困っていたのですが役に立ちました。
D71_1913.jpg

D71_1914.jpg
通常型の懸崖菊と同様、今日は一斉に仮摘芯を行いました。
仮摘芯とは、全体の形を整えながらすべての芽を摘み取る作業です。施肥し2週間ほど放置して草勢を蓄え、9月上旬からの本摘芯(最終的な芽摘み)に備えます。
D71_1916_201708231053286d7.jpg
仮摘芯を行うこの時期にはもっとふさふさしていなくてはならないのですが、どうも成長不良のように感じます。きっと苗作りが遅れたせいだと勝手に思い込み、今年は既に来年の苗を作り始めました。
D71_1948.jpg
もう来年用の苗はふさふさしています。この分だと巨大懸崖も夢ではありません。

◆摘心作業◆
摘芯(芽摘み)は、基本的に新芽が3葉以上展開したときに、2葉残して芽を摘み取ります。その残した2葉を元葉(養分の供給元)としてそこから新芽が発生します。
下の写真は、
新葉が左右互い違いに発生していたものを2葉残して摘心し、残した2葉が元葉となって発生した新芽です。
D71_1926_20170823110407590.jpg
新芽が3葉以上展開したところで2葉残し摘芯します。その際、新芽の発生を手助けしてくれた元葉も切り落とします。
D71_1927.jpg
太い指でごにょごにょしすると
D71_1931.jpg
ご覧の通りすっきりしました。
残った2葉は対で発生しています。
そして残った2葉を元葉として、また新芽が発生してきます。
D71_1940.jpg
新葉は左右互い違いに発生するものや対になって発生するものがありますが、2葉以上残さないと枝数が増えません。摘心一回で枝が倍になります。倍々と増やした結果が最終的な花の数になるので、草勢があって成長が速いほど立派な懸崖菊になります。

お茶の間政治学8

撮影手記

◆テレビ報道はフェイク◆
特にTBSの番組はひどい。なぜ日本の国益を損なうような印象操作や捏造放送をするのでしょうか?そうすることで利する国は何処かを考えると、テレビ局が何処に支配されているのかすぐに分かります。
例えば、
金妍児を上げて、浅田真央を下げて放送していたフジテレビ
中国報道官の日本への抗議をしっかり伝えるNHK
経済政策や外交が成功している現内閣を批判的に報じるマスコミ各社…
以下は読売新聞と産經新聞の朝刊に載った意見広告です。決して左派系地方紙や朝日や毎日には載りません。ので是非ご覧下さい。
X2.jpg
拡大画像PDF

X1.jpg
拡大画像PDF

2017日本画28~「農」の2

撮影手記

2017/08/21
D71_1893.jpg

◆猛暑のスケッチ◆
久しぶりに誰もいなくなった我が家です。平凡な日常が戻ってきて何だかぽかんと隙間が開いた感じです。すっかりマイペースに戻り、今手掛けている日本画「農」の構図を煮詰めているところです。
前景の空間を何かで埋める必要がありそうです。実際に我が農園には胡瓜の前にピーマンとナスが植わっています。水やりを兼ねてスケッチに行きました。
D71_1824.jpg
この状態では胡瓜以外何もない訳ですが、それでも十分絵にはなると思うのですが、やはり我が家の農園らしくしたいので
D71_1885.jpg
ピーマンをスケッチ、それは左側のスペースに
D71_1890.jpg
転写し、
次に、ナスをスケッチして右側のスペースに入れました。特にナスの葉は裏側から二里とその葉脈がくっきり透けて見えとても美しかったので、裏が絵にの葉も追加しました。
D71_1887_201708220306167f6.jpg
ここまで描いていたら、もう暑さでほとんどギブアップしてしまい、サッサと水やりをして退散しました。
それとちょっと気になっていた胡瓜をつかむ手ですが、これは写真で済ませました。
D71_1857.jpg
この胡瓜をつかむ手ですが、よく見比べないと分からないくらいの細かな変更をしています。
もう一つ、
被り物の模様です。小さな花模様があります、パターンは大きく分けて、3つぐらいあるようです。とても見て描けないので、適当に散らすつもりで
D71_1896.jpg
下書きしてみましたが、どうなんだろうネ。この模様を入れるかどうかは最後の最後に決めることにして、いよいよ今日から本紙(和紙貼りパネル)にトレースします。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム