カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017雌岡山76〜春(緑啄木鳥)

撮影手記

2017/04/30
ゴールデンウィーク2日目も全く予定なし。天気がいいので雌岡山に行ってきました。
◆「緑啄木鳥」と書いて「アオゲラ」と読む◆
梅林から神社までの長くて急な坂道をヒィーヒィー喘ぎながら登っていると、目の前をヒヨドリくらいの鳥が横切りました。そっと近づくと
D3X_9870_44365.jpg
なんと緑啄木鳥(アオゲラ)でした。
緑色を青と呼ぶものは沢山あるので緑を「アオ」と読むのは分かりますが、啄木鳥という3文字の漢字を「ゲラ」と2音で言うのは解せませんネ。
さて、
冬場の裸木だと難なくオートフォーカスがドンピシャとなる距離だったのですが、葉が被ったりするととたんにAF(オートフォーカス)が不調になります。それだけでなく、背景の新緑に引っ張られてさらにAFが迷走します。一発でAFが決まらなければ、MF(マニュアル)で合わすしかありません。アオゲラがこの距離でこんな調子ですから、新緑に紛れた小鳥はほとんどMFです。
梅林でたまたま見つけたウグイスもどき、もしかして藪雨(ヤブサメ)と言うのかもしれません。結構長い時間(10秒程度だと思うが)目の前にいたのですが、連写の4ショットだけの撮影でした。老眼にはマニュアルフォーカスは難しい。
D3X_9826_44321.jpg
梅林を何度も行ったり来たりしているうちにアトリが出てきました。MFで苦戦していると、あっというまにどこかに消えてしまいます。
D3X_9840_44335.jpg

D3X_9846_44341.jpg

ブログランキングに参加しています。クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ


2017雌岡山75〜春(山雀)

撮影手記

2017/04/29
◆目には青葉の季節◆
「目に青葉  山ほととぎす  初がつお」
原文では。「目には青葉 山郭公 初松魚」であり、「郭公」は、現在では「かっこう」と読みますが、それまでは「ほととぎす」と読んでいたようです。。そして、「松魚」は「かつお」とよみます。
また、「目には青葉」は字余りだったので、後に「目に青葉」となったらしいとの事です。マスメディアのない時代の口コミの流行語のようなものですから、使いやすいように、言いやすいように変化したのだと考えられます。
D81_0630.jpg
雌岡山も青葉で覆われています。梅林の梅の木は葉が茂り、梅の実が生っています。散歩のつもりで山頂まで登りましたが、野鳥がいません。やっと出会ったのがヤマガラでした。
D81_0591_20170429202206bfd.jpg

D81_0592.jpg

D81_0605.jpg
神社で休憩中に桜の木でゴソゴソしていたのは、シジュウカラでした。
D81_0659.jpg

D81_0665.jpg
で、帰りの梅林で鉢合わせになったホオジロ
D81_0692_20170429202216711.jpg
今日はヒヨドリやツグミに出会いませんでしたが、急に野鳥の数が減ったように思いました。でも聞くところによれば、キビタキやアオゲラがカップルでいちゃついてアッチコッチに出没するということでした。
明日も行ってみようと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックすると現在の順位が確認できます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

2017菊日記2

撮影手記

2017/04/29
◆日当たりが悪い狭い庭にも春が来る◆
おはようございます。一般的には今日からゴールデン・ウィークが始まるそうです。とは言っても、年中ヒマを持て余しているのでゴールデン・イヤーなのかもしれませんが、この時期だから孫たちもやって来ます。やはり楽しみですね、ゴールデン・ウィーク。
D71_0860.jpg
我が家の狭い庭もすっかり春めいてきました。
先日100円で買ってきたダリア(えっ、ダリアが100とは超ラッキー)が花を咲かせました。
D71_0847_201704290708523bd.jpg
ダリアの花と言ったらほんぽん咲の球形でちょっと高価なイメージがあったのですが、この花を見る限り100円相当かもしれません(値段に納得)。
正月に電鉄沿線の土手から赤い実をつけたマンリョウを引っこ抜いて着て植えたのですが、春まで持たず絶命、また新たにマンリョウを見つけたので、うまく土付きで引っこ抜けてので再度鉢植にしてみました。長寿を祈っています(笑)。
D71_0849.jpg
今に和には雑草に紛れて、昨年芽摘みをして放置していた芽が根付いているのをときどき見かけました。
D71_0850.jpg
そこで、人目を忍んでよく育っていた芽を枯れ枝を利用して盆栽風仕立てで育ててみようと思います。品種が分からないのでどんな花が咲くのでしょうか、それも楽しみです。
菊各種もかなり育ってきました。
D71_0851.jpg

D71_0853.jpg
懸崖菊は15cm以上に成長したので、第1回目の摘芯が終わりました。
D71_0852.jpg
ポンポン菊やスプレー菊も1回目の摘芯が終わり、側芽をどんどん発生しているところです。

さて菊以外の春の花も次々に咲いてきました。
D71_0854.jpg
ちょっと見ごろを過ぎた花はすぐに摘んでやると、新しい蕾を次々に発生させ、夏までにプランター一杯に成長します。普通、花が枯れると実をつけ種を作りますが、こういう草花類は種を作ると終わることがあります。だから、種は作らせないようにするために見ごろを過ぎたら花を摘むのがコツです。

鉢植えの躑躅も表通りデビューです。
これは去年ホームセンターで、花の時期をとっくに過ぎた売れ残り100円特価の躑躅でしたが、春にはきれいな花を咲かせました。
D71_0855.jpg
次にこの躑躅は、樹齢25年以上の年季の入ったものです。この家に移り住んだとき園芸店で購入し、庭の片隅で雑草と共存させたくましく育ててきました。一昨年、庭のリフォーム名の下、片っ端から雑木雑草の除去をしたとき、引っこ抜いて廃棄するものがたまたま発根し息を吹き返したので鉢に移したものです。
D71_0856.jpg
今では一八の盆栽です。

ハイビスカス
D71_0857.jpg

ヤマボウシ
D71_0858.jpg

繁殖力旺盛な三色ベゴニア
D71_0859_201704290709088f7.jpg

2017日本画14~翡翠

撮影手記

2017/04/27
◆葛池翡翠図~静謐のしらべ~◆
これは以前F6号に練習用と称して描いた翡翠図です。
D71_0846_20170427053416406.jpg
一時、翡翠の撮影に嵌っていたときがありました。今でもそこに行けばあの時一緒に写真を撮っていた人たちに会えると思うのですが、撮りたい写真が撮れてしまうと、後は惰性で、なかなかそれ以上のものが撮れません。特に翡翠の場合は、カメラをセットしてからは、翡翠が登場するまで何もしないでひたすら待ちます。こういうのって性に合わないのか、最近はほとんど行っていません。
この絵のモチーフになったのは2013/03/08に撮ったこの写真です。
D3X_5671_002089_201704270543240c2.jpg
カメラが捉えた一瞬のマクロな世界、とりわけ水飛沫の造りや飛び散り方は、人間の目では決してわからないものですが、それをあたかもこうなんだと、北斎が「神奈川沖浪裏」で表現した波の如く
無題
翡翠のマクロ的表現を北斎風に試みて、上の絵になりました。

さてそこで、
私が翡翠の絵に対して抱いているテーマですが、空中で獲物を狙ってホバリングしているところでも飛び込む瞬間でもありません。まさに獲物を咥えて水から飛び出す瞬間こそが翡翠の全てだと思っていて、その瞬間こそが描きたい絵です。それが周囲の静寂と見事に調和している瞬間を表現したいのです。ひっそり静まり返っている池の片隅で、静寂を打ち破るほどでもなく、耳を澄ませていなくては聞き逃すほどの小さな出来事に
「静謐のしらべ」と大それたタイトルをつけてみました。
まあ早い話、写真を撮っていたときの願望をこの絵に盛り込んでみたと言った方がいいのかもしれませんが(笑)。
D71_0844_20170427061954c70.jpg
拡大画像
池の映り込みに静謐感を、そこから飛び出してきた翡翠からどんな音色が聞こえるのか…。そんな妄想をしていると、もしかしてこの絵は傑作になるかもしれないと、自己満足にしっぽり浸かっているところです。
これは、F12号パネルに模造紙を貼って、それに描いた鉛筆画で下書きのようなものです。模造紙と和紙を張り替え、チャコペーパーを敷いてこの下書きをボールペンでなぞり、和紙パネルに転写します。

そういえば、これも模造紙に描いた下書きです。これも傑作候補なのですヨ、これはもう和紙に転写済みです。
D71_0845.jpg
拡大画像
やりかけの仕事がどんどんたまっていきます。一番やりたいのはどっちっ!

ブログランキングに参加しています。
順位が上がらないヘボブログなのであまり期待していないのですが、気が向いたらお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押してくれてもいいよ。コメントを残したければ勝手にどうぞ

2017畑フォト11~春(雉)

撮影手記

2017/04/25
もうすぐゴールデンウィークですね、我が家も賑やかになります。その前に畑仕事を一段落させんとね。

◆胡瓜ネットと作り◆
まだ苗を植えたばかりですが、胡瓜とゴーヤのネットを張っておきました。あとは家で発芽したトマトを植え付ければ、完了です。
作業を終えたら、今日も畑フォトです。
D3X_9731_44226.jpg

D3X_9634_44129.jpg
ケリだけはとこにいても元気いっぱいですね、侵入者のサギを全力で追い払っていました。
うかつにも逃げ遅れた雲雀が目の前を横切っていきました。
D3X_9616_44111.jpg
何やら葉っぱを咥えていますが、こっち向いてほしかったな。
草原(まだ耕していない草叢になった田圃)を赤いものが横切ったように見えました。
D3X_9750_44245.jpg
赤いものの正体は雉でした。
D3X_9756_44251.jpg
やけに急ぎ足なところをみると、さっさと私の前から立ち去ろうとしているようです。嫌われたもんじゃのォ~(涙)。
D3X_9773_44268.jpg
もう背後から撮るしかありませんが、奇妙なスリーショットが撮れました。
↓これは雌の雉ですが、
D3X_9781_44276.jpg
この雌に似ていると言う事で
D3X_9490_43985.jpg
こいつはキジバトと呼ばれているのです。似てますか?
雉を追いかけて行ったら川まで行ってしまいました。草叢に隠れたようでもう見つけることは不可能です。
D3X_9814_44309.jpg
ブログランキングに参加しています。
あまり期待していないので、気が向いたら適当にお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押してくれてもいいよ。コメントを残したければ勝手にどうぞ


在りし日

撮影手記

◆在りし日の今井伸也さんと内田正人さん◆
昨日、岡山国際サーキットでオイル漏れが原因で多重事故が起きたことをFacebookで知りました。そして、インターネット記事でも2名の死亡が伝えられていました。
今井伸也さんと内田正人さんのご冥福を祈ります。

合掌

最初に知り合った頃のS'KIDの皆さんは、よく「玉砕」というステッカーを貼っておられたように記憶しています。今井さんの転倒シーンは一度も見た事がありませんが、何故か玉砕というイメージが強かったですね(思い出話)。
2010/11/28モトレボRd.4
D3C_9997.jpg
拡大画像

2011/11/13モトレボRd.4
D3C_9240.jpg
拡大画像

2012/06/24モトレボRd.2
D3X_0801_20170425105208ff5.jpg
拡大画像

2016/08/14モトレボRd.3
D81_3403.jpg
拡大画像

内田さんについてはほとんどしりませんがFacebookで拝見するとたぶんこの方か…、間違っていたら連絡(コメント)を下さい。
2016/09/04ロードレースRd.5
D81_2246_20170425105209124.jpg
拡大画像

D81_3579_201704251052123ac.jpg
拡大画像

2017畑フォト10~春(鳬)

撮影手記

2017/04/23
◆威嚇するケリ◆
少し前までのケリは、「人を見たら逃げる」でしたが、今日のケリは威嚇のためでしょうか、何度も同じところで飛び立っているようでした。
2羽のケリがかわるがわる飛び立っては近くに来る人間を威嚇しているようでした。きっとこの場所に営巣するんですね。
D3X_9292_43787.jpg

D3X_9372_43867.jpg

D3X_9307_43802.jpg

D3X_9224_43719.jpg

◆その他の出会い頭ショット◆
D3X_9069_43564.jpg

D3X_9115_43610.jpg

D3X_9400_43895.jpg

ブログランキングに参加しています。
あまり期待していないので、気が向いたら適当にお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押してくれてもいいよ。コメントを残したければ勝手にどうぞ。

2017畑フォト9~春(雲雀)

撮影手記

2017/04/22
◆素っ頓狂な奴◆
畑仕事を終え、ふと空を見上げると
複数のツバメがじゃれ合うように舞うのが見たので、カメラを持ち出しました。
ところが、カメラをセットするとそのような光景が見えなくなっています。どうせどこかで纏わり合うように飛んでいるのでしょうが、また戻ってくるまで待つことにしました。
そんな時、雲雀が土手を上がってきて、私を見るなり固まってしまいました。
D3X_8844_43339.jpg
拡大画像
普段、歩いているといきなり飛び立ち、カメラを構える暇もありませんが、今日は動くに動けずというか、素直に撮影に応じてくれました(笑)。
遠くの方で、さっき見た3羽の燕が舞っています。
D3X_8847_43342.jpg
近くになれば複数羽を捕らえるのは不可能ですネ、やっと1羽の燕に照準とピントが合いました。
捕食中だったのですね、空中移動が極めて少ないこんな時ぐらいしかピントも照準も合いません。
D3X_8871_43366.jpg

ブログランキングに参加しています。
あまり期待していないので、気が向いたら適当にお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押してくれてもいいよ。コメントを残したければ勝手にどうぞ。

お茶の間政治学

撮影手記

◆ガソリーヌの器◆
総理に「器小さい」と暴言を発せられたそうですネ、
7a3bc7e23b384634b232c063e3783f16.jpg
自分の事は全く顧みない、もと落ちこぼれ検事の山尾女史の器はデカイ。

◆ブーメラン党◆
国会などで、自分お琴を棚に上げて他人の批判をしていると、そっくり自分に跳ね返ってくることをブーメランと言います。
Cl1e4B3UgAArZ5k-1.jpg

2013/04/21

撮影手記

4年前にfacebookに投降した写真です。
919107_444339588994307_699021674_o.jpg
我ながらすごい写真を撮っていたものです。
スーパーフォーミュラーのマシンを鈴鹿のヘアピンコーナーで撮りました。地球儀をデザインしたヘルメットでした。
地球が回っていることは常識かもしれませんが、地球を止めれば宇宙が回る。それが相対性理論の原点です。どうせ撮影は遊び、いっそのこと地球を止めてやれ、そうするとやはり宇宙が回りました。
アインシュタイン万歳!

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム