カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017雌岡山54〜春(頭高)

撮影手記

2017/02/28
明日から3月、気象学上の春になります。雌岡山は少し前から梅が咲きだし、春の気配でした。冬鳥であるミヤマホオジロ、ルリビタキ、シメといった綺麗どころに最近会うことができません。やはり春になったんですね…

◆白から青へ◆
ミヤマホオジロが出てくればラッキーだと思い今朝もかんでかんでの梅園へと行きました。
D3X_5952_32923.jpg
拡大画像
いつもなら、ジョウビタキがちょろちょろ進路妨害するように出てきて、そのうちホオジロ軍団の来襲となるはずでしたが、ジョウビタキも出てきません。
遠くの木の枝の中に小鳥が止まりました。形状的にミヤマホオジロを期待したのですが、カシラダカだったようです。
次にやって来たのがホオジロでした。
D3X_5914_32885.jpg
拡大画像
ミヤマはやってきません。
頭高とホオジロはよく似ていますが、区別のポイントはお腹の色と眉毛の長さです。
ホオジロのお腹は茶色で、白い眉毛は嘴に届きます。一方、カシラダカはお腹が白で、眉毛はホオジロより短く嘴に届きません。

雌岡山梅林もメジロがいなければ何もいない春の情景です。梅林で何もなく、そのまま山頂まで上がりました。
いつも通り、アオジがいます。
D3X_6029_33000.jpg
そして、珍しく駐車場の山茶花に目白
D3X_6038_33009.jpg
拡大画像
鳥類の色を言うとき、緑色を青と言い、青いものは瑠璃色といったりします。また、オオタカは「大きな鷹」を意味するのではなく、青鷹(あおたか)がなまったものです(この青は緑ではなく青色を示します)。

◆出会い頭の野鳥◆
ジョウビタキ
D3X_5890_32861.jpg

シロハラ
D3X_5861_32832.jpg


◆山茶花と椿◆
D3X_5998_32969.jpg
絵の題材としての椿の写真です。昨日スケッチしていましたが、寒さに負けていい加減になってしまったので、写真を撮って帰りました。
山茶花と椿は似たもの同士です。普通一目で区別がつきますが、簡単に違いを述べてみます。
山茶花
D3X_6048_33019.jpg

椿
D3X_6052_33023.jpg
花の色は、山茶花がピンクで椿は赤。葉は、椿が山茶花より大きい。ということですが、別々に見ると
山茶花も赤に見え、椿もピンクに見えたりするものです。葉の大小も比べようがありません。並べれば十分区別がつきますが…
じゃあ、単体で見るとき何処を見ればよいのでしょうか、それは花の造りの違いを見分けるしかありません。椿は躑躅のような合弁花で、花びらが1枚ずつに分かれず散る時は花ごと落ちます。対して、山茶花は八重咲きの離弁花で、花びら1枚が簡単に抜けます。
両者を見比べれば、いくらでも違いが言えますが、単体で見たら色や大きさはよく分からないものです。

最後までご覧頂きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。「野鳥写真」のバナーをポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山53〜春(鷽)

撮影手記

2017/02/27
◆海柘榴目白図◆
今年になってまだ一度しかお目にかかっていない椿にメジロ、今日は幻の「椿(海石榴)目白図」を求めて、スケッチブック持参で神出神社境内に行きました。
すると
KIMG9770[1]
行列のできる桜の木があり、ご覧の通りのカメラの放列ができておりました。これはきっとウソがいるんだなと直感し、探しましたが
D3X_5547_32522.jpg
あらっ…!
真っ先に目についたのがカラスでした。
カメラマン諸氏のレンズの方向を嘗める様に探すと、ウソ発見!
胸まで鮮やかなピンク色をした♂です。
D3X_5602_32577.jpg
綺麗なピンクをしたウソが、人の目などを恐れる様子もなく好物の桜の蕾を貪っていました。順光のいい位置になったときに撮ろうとしましたが、彼らにカメラマンに対する配慮などあろうはずがなく、中々枝被り無しの前向き写真が撮れません。
D3X_5679_32654.jpg
同じ♂ですが、胸が白いのもおりました。
D3X_5701_32676.jpg
女王様はというと、一番高いところで高みの食事中と言ったところです。本当に3羽のウソたちは、食うことにまったく邪念も余念もないようです。
D3X_5734_32709.jpg
おっと、こんなことをしていてないけない。
今日の私は、椿のスケッチに来たのでした。
D71_0292_201702280448294db.jpg
晴れ渡った空、何だかポカポカと春の陽気、日差しに誘われるようにスケッチブックを持ち出し長閑な時間を夢見て出かけたのですが、さすがに日蔭は寒い。
我慢できず、チヤチャッと描いてお仕舞いにしました。花(まだ蕾ですが)の周りの枝ぶりや葉の付き方が理解できたらいいと思っていたので、当初の目的は達成です。
10号のパネルいっぱいに椿を描き、その中にメジロを置くという構想ですが、実現するかどうかは分かりません。何しろ、
今手掛けている「笹原金鶏図」が完成して、「桜花烏図」→「葛葉翡翠図」の次ですから。

◆その他のウソ◆
D3X_5635_32610.jpg

D3X_5746_32721.jpg

最後までご覧頂きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。「野鳥写真」のバナーをポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。


菜の花畑に

撮影手記

2017/02/27
◆♫ 菜の花畑に~◆
 ♫ 菜の花畑に 牛が屁こく
 ♫ 見わたす山の端 霞臭し
菜の花畑に行くと、子供のころ歌っていたアホな替え歌をつい口遊んでしまいます。
今日は、柄にもなく菜の花鑑賞に、ユニバまで行ってきました。
D3X_5479_32454.jpg
柄にもなく花の写真を撮っています。前ボケ、後ろボケと青空を入れ、高いのと低いのを混ぜ、これまた絶妙の構図。誰かに見せたくてしょうがなくなって嫁に見せると、鼻であしらわれてしまいましたが、そんなにダメかえ?
花だけと言うのは諦めて、花を撮っている人を後ろボケに使ってみましたが
D3X_5458_32433.jpg
これもダメかねぇ~

花なんか自分が思ったのを一発撮ってしまうとすぐに終わってしまいます。本来の被写体に移ります。
IMG_0150.jpg

◆菜の花とヒヨドリ◆
ユニバー記念競技場に隣接するコスモスの丘は、菜の花が満開です。そしてその菜の花畑が、無料レストランとなっているのです。
周辺にいるヒヨドリが一斉に菜の花に集まり花を啄んでいます。近くに人がくれば、一斉に飛び立ちます。
D3X_5202_32177.jpg
これを何度となく繰り返しています。自然と人があまり来ないところの菜の花畑は黄色と言うより緑色をしています。
D3X_5215_32190.jpg

D3X_5307_32282.jpg

D3X_5326_32301.jpg

D3X_5328_32303.jpg

D3X_5346_32321.jpg
菜の花畑にはヒヨドリしかいませんでした。
IMG_0152_20170227221428783.jpg

◆ユニバーで出会ったその他の野鳥◆
D3X_5495_32470.jpg

D3X_5511_32486.jpg


最後までご覧頂きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。「野鳥写真」のバナーをポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。


2017雌岡山52〜春(深山頬白)

撮影手記

2017/02/26
◆和鳥四品◆
D3X_4676_31651.jpg
>ミヤマホオジロ(深山頬白、Emberiza elegans):スズメ目ホオジロ科ホオジロ属
平地から丘陵にかけての開けた森林や林に生息し、冬季には同属のカシラダカやホオジロなどと混群することもあります。食性は植物食傾向の強い雑食で主に地表で採食します。
「かんでかんで(梅園)」のミヤマはホオジロ+カシラダカの群れに紛れている事が多いです。人の出入りがなければ、梅の木の下で地面をつついているミヤマが見れます。
またミヤマホオジロ(深山頬白)は、昔から「和鳥四品」として、オオルリ、キビタキ、コマドリと共に愛玩された小鳥です。
他の3種が夏鳥として繁殖するのに対して、ミヤマホオジロは日本では殆ど繁殖しない冬鳥なので、もうすぐ見られなくなります。
名前のミヤマ(深山)は奥深い山を意味するのではなく、日本から離れた地域(シベリア、朝鮮半島)からやってくるホオジロという意味だそうです。

梅の花が終わる頃には、冬鳥たちもいつの間にか雌岡山からいなくなっています。

◆「深山頬白と梅」のカウントダウン◆
D3X_4566_31541.jpg
拡大画像
梅の花に華々しく囲まれて、学名にふさわしくエレガンス(Emberiza elegans)なミヤマホオジロを撮りたいのですが、
ミヤマホオジロが梅の木に止まるのは、地表で採食中に危険を感じたときです。当然、枝被りや花被りの中に身を寄せ、逃げの態勢で待機しています。そううまいこと狙い通りには撮れません。
D3X_4577_31552.jpg
拡大画像
ミヤマホオジロ♂を見ていると、「綺麗なのがあっちに…」と言う言葉をよく耳にします。同じ雄なのに鮮やかな色に見えるものと茶色っぽく見えるものがいます。Wikによれば茶色っぽいのは冬羽の個体だと書いてありましたが、いかがでしょう。
例えば、これなんかが冬羽なんですかねぇ〜?
D3X_4447_31422.jpg
拡大画像
次、これっ!
これには頭や喉に黄色が見えませんが、カシラダカでもホオジロでもなさそうなのでミヤマホオジロ♀だと思うのですが、自信がありません。
D3X_4655_31630.jpg
拡大画像
一旦梅園を退場したミヤマ達は、枝被りのある裸木に止まりました。用心して大接近、枝被りを避ける位置の至近距離にて撮影成功(つまらん写真ですが…笑)。
D3X_4541_31516.jpg
拡大画像

◆見頃です雌岡山梅林◆
梅林や梅園で野鳥写真を撮ろうと思えば、早朝しかありません。
かんでかんでから雌岡山梅林に移って、ぼんやり日向ぼっこをしているとき、トラツグミが撮りたいという方に出会いました。
その方に思わず、「無理です」と強い口調で言ってしまいました。
KIMG9767[1]
花を撮る人、鳥を撮る人、花の前で記念写真を撮ったり香りをかいだり、ヒヨドリも梅林の片隅に追いやられています。こんな状況でトラツグミが留まっているはずはありません。
山頂の大駐車場では
KIMG9766[1]
桜の木の天辺を3名のバードウォッチャーが指さしながら眺めています。これはきっとウソでしょう。
D3X_4884_31859.jpg
拡大画像
3羽のウソが確認できました。相変わらずどん欲に蕾をむさぼっていて、真下に行っても逃げようとしません。通りすがりに雄だけアップしておきます。
通りすがり、といえば、白鳥以来久しぶりのの流し撮りです。
D3X_4175_31150.jpg
ニャンと1/500秒とハイシャッターでした。

最後までご覧頂きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。「野鳥写真」のバナーをポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山51〜春(深山頬白)

撮影手記

2017/02/25
すっかり春の姿になってきた雌岡山です。梅林の梅が見事になるにつけ、おなじみの野鳥の姿が見つけにくくなってきました。
午後から、ミヤマホオジロを拝みにかんでかんでまで行ってきました。本日2度目の出撃です。

◆立ち入り禁止の札に思う事◆
農園のあちらこちらの立て看板には、「関係者以外立ち入り禁止」の旨が書いてあるのですが、観梅客はそれとは関係なく梅園に入っていきます。その関係者が入場を促しているとか…。立ち入り禁止なのは、野鳥撮影のために自重している野鳥カメラマンだけのようです。折角梅に来た鳥を自分のせいで逃がしたくないので、自重しているだけなんですが、なんか納得いきません。梅園に入ってもいいのだったらもっと違う書き方があると思います。

観梅客の隙間をつくようにミヤマホオジロが現れました
D3X_4034_31009.jpg
拡大画像
外から、梅園の中の様子をうかがっていたミヤマホオジロが梅園に入りました。しかし、花が咲くほどに枝被り花被りが激しく、ピントが合わせられません。マニュアルフォーカスしかありません。
D3X_4040_31015.jpg
拡大画像
こんな写真を撮りたかったのですが、コントラスト調整やシャープネス処理などのレタッチで何とか見れるレベルにはなりましたが、出来は最悪でした。
D3X_3763_30738_201702251659397ae.jpg

◆出会い頭の野鳥◆
かんでかんで梅園のホオジロ
D3X_4067_31042.jpg

鵯の園、雌岡山梅林のヒヨドリ
D3X_4118_31093.jpg
拡大画像

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山50〜春(猫鶫)

撮影手記

2017/02/25
◆ウソがホント?◆
梅林に足を踏み入れた最初の一歩
D3X_3547_30522.jpg
拡大画像
いつも通りの見慣れた風景がありました。
虎鶫はいつの間にか姿を消しました。要するに、私が深追いして追っ払ってしまったということです。他にいつも通りのメンバー(猫鶇)が行ったり来たりを繰り返しています。
ヒヨドリ/猫鶇
D3X_3935_30910.jpg
拡大画像

シロハラ/猫鶇
D3X_3751_30726.jpg
拡大画像

ツグミ/猫鶇
D3X_3745_30720.jpg
拡大画像
ネコツグミ達はいつも通りいい顔していました。

神社まで上がると、これまたいつも通り
人間に対する警戒を失ったロジとアオジ(こいつはこれからアホジと呼ぶことにしよう)。ちょっと前までこのクロジを撮る人達がカメラを並べていたことを思い出します。ブームはとっくに去っています。
D3X_3639_30614.jpg

D3X_3690_30665.jpg
最近、神社の大駐車場にホオジロが出ます。こちらは先のアホジ」といがい警戒感マックスで、全然近づけませんす。
D3X_3720_30695.jpg
今日は神社下の小駐車場の桜の大木の天辺にウソがでました。
「桜の花芽を食べているようだが、あれはウソかね?」
「ウソ…ホントだよ」
って、ジジイ同士の会話がありまして、ファインダーで覗いても色がよくわかりません。これって、ウソですか?
D3X_3906_30881.jpg
拡大画像
y423693/D3X_3905_30880.jpg" alt="D3X_3905_30880.jpg" border="0" width="600" height="400" />
2羽いるようなのですが、なかなかツーショットにはなりませんね
D3X_3874_30849.jpg

◆出会い頭の野鳥◆
カワラヒワ
D3X_3767_30742.jpg

モズ
D3X_3774_30749.jpg

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017日本画6~白鳥群翔図

撮影手記

2014/02/24
日本画をテーマにしたエントリーを青砥会と題していましたが、今日から「花鳥風月・和の心」から「2017和の心」と題を変更することにしました。昨年も、15回にわたりエントリーしていましたが、徐々に改題していこうと思っています。
今後このブログは、私自身の日記でありデータベースとして活用すべく検索を掛けやすくするため、自分に分かりやすい題に変えていこうと思っています。

◆飛翔から群翔へ◆
D71_0283_20170224220356180.jpg
拡大画像
単調な背景に2羽だけの飛翔ではどうも頼りなく、見ていてもさほど面白くなくて、2羽追加発注し、群翔図に変更しました。
1羽の白鳥に注目してみるとそれなりに細かく描かれていて見所があるのですが(自分で言うか?)、全体的なバランスがどうにも納得いきません。どうやったってよくならないものはストップをかけるしかありません。
以前の飛翔図
D71_0262_20170224221713422.jpg
変更点がお判りでしょうか、2羽が4羽になったこと以外にもたくさん修正しました。

◆今日の青砥会は陶器デッサン◆
青砥会の課題は2つ、陶器とカレイの干物。まずは陶器
我が家の陶器は大量生産された代物ばかりで、には小じゃれた陶器がない。
D71_0278_20170224220354ca1.jpg
唯一、人の手で作ったようなカップがひとつありこれを描いたのですが、わざと雑に描いた絵柄が曲者で、スケッチできません。
D71_0288.jpg
折角書いたけどちょっとバラスうすがよくないようです。
これの清書はもう一度やり直すことにして、作品のアイディアスケッチに変更です。
D71_0286_201702242203578ca.jpg
猫の人形は我が家の飾り棚から拝借したものをスケッチして書き足しましたが、ネズミはスマホでの画像検索(カンニング)です。

2017雌岡山49〜春(河原鶸)

撮影手記

2017/02/23
朝食後、
「雨は嫌だねぇ~、どこにも行けやしない」、どうせ雌岡山くらいにしか行かないのですが、こんなことを考えながら、サンルームのルーフ越しにぼんやり外を眺めていました。あれっ、ルーフに雨垂れが付いていない。もしかして…止んでいる。
仕方ないなぁ~、雨上がりのワンチャンスにかけて出かけるとするか。
雨上がりの早朝だというのに駐車場には数台の車があります。一番乗りじゃないのでだめかもしれない、そう思いながらも、梅林の入り口から草叢をなめるように丁寧に探すと
D3X_3162_30137.jpg
遠くの方に動かぬ鳥の影、カメラを向けピントを合わせてみると、愛しのトラちゃんでした。人の気配を感じかなり奥の方に行っていたみたいで、私が近づいてくるのに気が付くと、さっさと退場していきました。
まだトラツグミは雌岡山梅林にいました。
虎鶫がいれば少々鈍感な、シロハラやツグミもいます。
D3X_3173_30148.jpg

D3X_3191_30166.jpg
そしてヒヨちゃんも大ハッスルで梅林中を忍者のように飛び交っています。
D3X_3211_30186.jpg

◆おかしなツーショット◆
D3X_3362_30337.jpg
2000×1333画像
今までカワラヒワは離れて見れいることの方が多く、雌雄の別を考えたことがありませんでした。全体的に緑が深い個体とグレーがかったものと2種類います。色が濃くて派手な方がオスだと思って画像検索をかけるとやはりそのようです。
D3X_3259_30234.jpg
2000×1333画像
カワラヒワ♀
D3X_3234_30209.jpg
畑に行けば、スズメやカワラヒワはわさわさいるので珍しくもなんともありませんが、雌岡山梅林では珍しい野鳥です。そう言えばスズメも見たことないですね。
中々近づけない鳥なので、近づけば決まって逃げのポーズです。
D3X_3428_30403.jpg
2000×1333画像
D3X_3461_30436.jpg
2000×1333画像

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山48〜春(尉鶲)

撮影手記

2017/02/22
真冬のような一昨日から、ちょっぴり春に戻ったような昨日
D3X_3158_30133.jpg
当然のことですが、観梅客でにぎわっておりました。
今日は雨。雨上がりの週末は、さらに梅の開花に弾みがかかり、梅花最盛となることでしょう。

◆ジョウビタキ三昧◆
こうなると、梅林、登山道、神社周辺にといった私のフィールドに出没する野鳥は、メジロにジョウビタキくらいになってしまいます。
D3X_3124_30099.jpg
拡大画像
今日は、他の野鳥に気を取られることもなく、じっくりジョウビタキを見ることができました。
やっと、翼を広げたジョウビタキの撮影に成功しました。
このジョウビタキというやつは、「飛び立てっ!」と思って待っているときは、なかなか飛び立ってくれません。飛び立ったとしても、待ちくたびれて集中力が途切れた時です。
地面に降りたらすぐに飛び立つのは分かるのですが、ピントを合わせる暇もなく、折角のシャッターチャンスを生かすことができません。照準器を装備していますが、ファインダーに頼りすぎるアクティブ一脚方式の欠点でしょうか…
だからジョウビタキの写真は止まっている写真ばかりになってしまいます。
D3X_3071_30046.jpg
拡大画像

D3X_3137_30112.jpg

D3X_3143_30118.jpg

◆出会い頭の野鳥◆
D3X_3076_30051.jpg

D3X_3081_30056.jpg

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017日本画5~白鳥飛翔図

撮影手記

2017/02/22
◆零四白鳥飛翔図◆
D71_0269_20170222184334e9a.jpg
なんじゃ、こりゃ~みたいな絵ですネ。SS1/4秒と言う超スローシャッター写真をモチーフにして、キュビズム(ピカソの絵)感覚で描きました。
描き終わって気が付いた…翼が表裏逆になっている。表側にある羽の重なりを、翼の裏側に描いていました。さっそく直さねばなりません。
黒字に白、あまりにも殺風景すぎて、金銀を散らしても装飾画にもなりません。背景に森を描くか、はたまた頭数を増やすか、思案中。

◆モチーフになったSS1/4秒作品◆
D81_2523 - コピー

D81_3079_20170222155527de5.jpg

D81_3501_201702221555292da.jpg

D81_8206_2017022215553093b.jpg
これかて、立派な野鳥写真だと思っていますが、
ご賛同いただければクリックお願いします。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

« »

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム