FC2ブログ
 

カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

正月飾りは松竹梅で

撮影手記

◆盆栽でお正月◆
D71_9995_2016122913565893f.jpg
畑に行ったついでに雑木林に松の木がないか探していました。やっと松の木の生えている土手を見つけました。案の定、根元には小さな松が生えています。3本抜いて帰ろうとすると、小さな万両まで生えていました。赤い実のなっている南天の枝もすでに手にしていたのですが、万両は根付きで持って帰れます。ラッキー!
家に持ち帰り、鉢に植えてみるとまだなんとなく足元が寂しいので、ホームセンターに花の苗を買いに走りました。するとそこには、本来私が思い描いていた松竹梅の竹にあたるチゴ笹というかわいらしい竹を売っていました。
松竹梅の松と竹がそろいました。梅は
D71_9996.jpg
昨年から盆栽になっていました。来年は一鉢ずつに分けてもいいかな…
D71_9986.jpg
昨日、大掃除を済ませ、しめ縄を玄関に飾りました。
ちなみに、門松やしめ飾りなどの正月飾りは12月28日にするものらしいです。1日遅れになりましたが、盆栽と葉ボタンを飾り、我が家は「松の内」に入りました。

野鳥フォトギャラリーINDEX

フォトギャラリー


◆2017雌岡山の野鳥(秋)(2017/09/01〜11/30)
◆2017畑の野鳥と雌岡山(夏)(2017/06/01~08/31)
◆2017宇和島闘牛(2017/04/02)
◆2017雌岡山の野鳥(春)(2017/02/18〜06/02)
◆2017雌岡山の野鳥(冬)(2017/01/18~02/16)
◆2017白鳥(2016/10/25〜2017/01/07)

◆2016畑の野鳥(夏)と雌岡山(秋)(2016/06/14〜11/29)
◆2016丹頂鶴(2016/02/16〜17)
◆2016雌岡山の野鳥(冬~春)(2015/12/27〜2016/03/23)
◆2016白鳥(2015/12/14〜2016/02/05)

◆2015畑フォトグラフ(2015/03/30〜07/16)
◆2015雌岡山の野鳥(2014/12/02〜2015/06/21)
◆2015播磨の白鳥(2014/12/22〜2015/02/07)
◆2015山陰の白鳥(2014/11/24〜2015/02/21)

◆2014畑フォトグラフ(2014/04/23〜07/14)
◆2014雌岡山の野鳥(2014/02/28〜03/22)
◆2014白鳥(2013/12/22〜2014/03/02)

◆2013青い鳥(2013/02/13〜12/23)
◆2013白鳥(2012/11/19〜2013/02/28)
◆2013雌岡山の野鳥(2007/03/03〜2013/03/15)
◆2012米子水鳥公園の白鳥(2012/11/18〜11/23)

◆2012白鳥(2011/12/12〜2012/03/11)
◆2011白鳥(2010/12/14〜2011/02/26)
◆2010白鳥(2009/01/11〜2011/02/20)

2017白鳥日記20〜安来2-9

撮影手記

2016/12/18
◆キュビズム的な浪漫飛行を求めて◆
D81_6736_201612290550429a2.jpg
誰の目からも当然失敗写真にしか見えないこんな写真が撮りたくて、SS1/4秒でシャッターを切ります。
現実を写す写真としては失敗なのかもしれませんが、私の目から見ると、見れば見るほどにピカソ的キュビズムに見えてきます。

最初の白鳥が飛び立つ頃は、まだ夜も明けきらず薄暗く、周りにはたくさんの白鳥がいます。飛び立つ時は周囲の白鳥の写り込みも気になり、数羽の群れが一塊で飛んでいく姿を超スローで撮影するいい機会だと思っています。
これは、SS1/4秒の飛び立ちシーンですが、
D81_6684.jpg
普通に写ってしまったこんなスローSS写真より、
何が何だか?…みたいな、こっちの写真の方が何倍も面白いと感じるのです。
D81_8206_20161229055043662.jpg

D81_0340.jpg
現実からかけ離れていても白鳥が飛んでいるように見えさえすれば、とりあえず本質は捉えたみたいに、ピカソの世界に入っていった気分なのです。

これは現地で描いた普通の白鳥の絵ですが、
愛嬌がありすぎてほとんどマンガに見えなくもありません。現実に向き合い忠実に描けば描くほど、画力の向上にはつながりますが、正確さにおいて写真には絶対にかなわないのです。
D71_9969.jpg
下の絵は伊藤若冲の鶏ですが、写真では同色で見えないような羽毛の造りを象徴的に描いています。写真に出来ないものこそ絵としての価値ですそのものです。このように昔の画家は、写真のある現代において尚一層その偉大さが引き立って見えます。
0422810c.jpg
また鳳凰のような空想の鳥も然りです。
現実を写し取ることしかできない写真では絶対に出来ないこと、これこそ絵なのです。
今私がやりたいのは、
スローシャッターという非現実的な写真から得られる流麗な翼の動きをなんとか絵にできないものか…ということです。ピカソのようなキュビズム的な日本画を白鳥を題材にして描きたいと思っています。
D3C_5021_201612290900101c1.jpg

D3X_7375_2016122909001107f.jpg
キュビズムって面白い。

« »

12 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム