カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

kmhppyフォトワールド~8耐のフォルダー2

撮影手記

◆白昼夢にうなされながら◆
撮影中にフォルダーが切り替わったことは知る由もないが、フォルダー:342ND810に収まった新たな1000ショットは9:13~9:50の37分間でした。
D81_3399.jpg
拡大画像
SS1/15秒にしてはうまく写ったように見えます。
岡山ICでの経験から、快晴順光の愚行を繰り返していると感じながらもモニターを見ていると「もしかしてうまく撮れているかもしれない」と都合よく考えてしまいます。それが、ビール飲みたさからきている熱病の表れとも知らず、哀れな撮影者は何の対策も取らず撮り続けていました。
D81_3399X.jpg
うまく撮れたと思っていたのですが、やはりブレともピン甘ともとれる輪郭線の滲みがことごとく発生していたのでした。これを没画像とすれば、このフォルダーにOKショットは存在しませんでした。

強烈な順光によるこの熱気漂う陽炎に歪んだ空気感を何とかしなくてはなりませんが…

若干SSを上げた1/25秒、1/30秒の中にクリアーショットが1枚ずつありました。たった1枚です(トホホホ…)
SS1/25秒
D81_2734.jpg
拡大画像

SS1/30秒
D81_3006.jpg
拡大画像
既に述べた通り冒頭の写真は、SS1/15秒で撮ったこの日の最スローSS画像です。超スローにするとピントのシンが残りブレが明部に吸収され分かりにくくなっている場合があります。超スローSSが良い方に転んだだけかもしれません。
私にはピント部分の滲みとシャッター速度との相関関係はないと思っています。いくら高速シャッターを切っても同じ結果になると…、でも何か対策はあるはず。経験上そう考えるだけで根拠は特にありません。

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ


kmhppyフォトワールド~8耐のフォルダー1

撮影手記

◆真夏の白昼夢◆
真夏の炎天下で撮影する気力・体力も衰えを感じ、間際まで行く気にはなれなかったのですが、金曜日からお出かけの方々に勇気をもらって今年初めての鈴鹿サーキットに行ってまいりました。
D81_2388.jpg
拡大画像(イメージサイズ:A3ノビ)
オリジナル画像(表示された画像をクリックすると元画像が表示されます)
 >焦点距離:500.0 mm
 >撮影日時:2016/07/29 09:05:24
 >撮影モード:Shutter speed priority AE
 >シャッタースピード:1/20秒
 >絞り数値:F11.0
 >露光補正量:-0.7EV
 >ISO感度:31
 >イメージサイズ:7,360×4,912

ゲートから、皆さんが集結するだろうヘアピンコーナーまで行くだけで、途中クワレガさんやzuikoさんに先を譲ってゆっくり歩いただけなのに汗だくでした。
やっと辿り着いてみると、楽しみにしていたファーストフード店は休業しているじゃありませんか…
ガ~ン
KIMG9125[1]
ここの缶ビールと焼そばを何より楽しみにして歩いてきたのです。このショックで、汗も涙も鼻水も一緒に噴出し、いきなり地獄行きです。
ああ…、もう朝一からヤケクソだ。誰か特に撮らなくてはならないライダーがいるわけでもないので、久しぶりにアマチュアカメラマンの特権とも言うべき全滅前提のスローシャッターという暴挙に打って出ることにしました。ざまぁ~見やがれ!ワッハッハッハ(誰に対して?)。
SS1/30秒から初めてSS1/15秒あたりまで落としていきました。正面からヘッドライトを受ける関係でマニュアル露出から始めましたが、場所によって明暗差が生じベストの選択ができなかったので、シャッター優先オートにしました。多少の明暗はできましたがソフトで修正可能なレベルです。

1日の撮影総数は約1万ショット
最初のフォルダー:341ND810(999ショット)の内には6ショットが公開可能レベルなものがありました。まさに宝探し状態です。この不出来ぶりには笑ってしまいます。まさに真夏の白昼夢でした。残り9000ショットを見るのが面倒になってきます(涙)。
その他の白昼夢(SS1/20秒)残り5枚
D81_2118_2016073014415250c.jpg
拡大画像

D81_2377.jpg
拡大画像

D81_2323.jpg
拡大画像

D81_1719.jpg
拡大画像

D81_1714.jpg
拡大画像

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ


ナイター観戦

撮影手記

◆ほっともっとフィールド神戸◆
かつてイチローがプレーしていたこの球場の名前はいくつか変わりましたが、
1469621150935.jpg
私にとって、この球場はいつまでもグリーンスタジアム神戸なのです。
昨日はヨメの誕生日でした。毎年その日は、ナイター観戦が我が家の恒例行事となっていました。
今までは甲子園で阪神の応援に行くのが常だったのですが、さすがに甲子園は遠いのです。
そこで、今年は巡り合わせもよくグリーンスタジアムでバッファローズ戦がありました。近いし混まないので、そちらに行くのが、老人的思考回路が導き出した答えでした。
D71_7195.jpg
内野自由席は、甲子園でいうところのアルプススタンドのようなものですが、2階席も自由席なので、どこでもゆったりと観戦できます。

目の前にライブカメラ…、
D71_7223.jpg
もしかしてバックスクリーンに映るかもと期待しましたが、小学生に美味しいところは全部持っていかれてしまいました。
5回には花火が上がり
1469621146841.jpg
何処も同じ7回裏のこの光景を見
1469621141778.jpg
甲子園のような帰りの大混雑など全く予想できないのどかさがあり、まったりと過ごせたナイター観戦でした。
ゲップ…
おにぎり2個、唐揚げ、フライドポテト、たこ焼き、ドーナッツ、生ビール2杯、お茶1杯。食って飲んで、腹がパンパンになってしまいました。
今までの涙ぐましい真夏の散歩ダイエットは、これで全てリセットされた気分でした(涙)。
そして、
1日あけて明日は鈴鹿8耐、ビールのおいしい夏は始まったばかりです。

蛇足それともメルヘン

撮影手記

◆私の花鳥図~紫陽花と燕◆
最近注目されている江戸時代の京都の画家:伊藤若冲の絵を見に京都まで行きました。今まで日本画と言えば東山魁夷や横山大観などの超有名どころしか知りませんでした。
それが最近になって、超緻密にして繊細な動植綵絵と言われる若冲の絵が注目を集め本もたくさん出ています。私もその本を買って帰りました。
その動物と植物を描いた動植綵絵の繊細さとメルヘンっぽさが私の志向にぴったりでした。

一応、水干絵の具での予定していた着色が終わりました。
D81_1684.jpg
紫陽花の周りで獲物を探して飛び回る燕を描いてみました。燕のほかにアリとミツバチをそれぞれ2匹ずつ入れましたが、まだ燕の周りに若干余白があります。
逃げるトンボと蝶を入れてみようと思います。紫陽花の葉の上にアマガエルも…、メルヘンじゃ~(否、落書きかも…笑)
D81_1684_2016072704230237a.jpg
単なる蛇足となるか龍になるか楽しみです。

◆追伸/本年初鈴鹿◆
最近病院通いが忙しく、家の中でごそごそ絵御描いていることが多く、今年はまだ鈴鹿サーキットに行っていませんし、今後そう言う予定もありませんでした。
昨日、zuiko1953さんと久しぶりに出会って話をしていたら、急に8耐に行ってみたくなりました。
リハビリの予約をキャンセルして、金曜日だけになりますが、今年初鈴鹿(予定)になりました。みなさんよろしくお願いします。

岡山RR4フォトアルバムの一般公開

撮影手記

◆次はモトレボRd.3で◆
今まで当ブログに挿入してきた拡大画像(2000×1333)を一つのアルバムにまとめたものを一般公開しました。毎回、この公開を機に、オリジナル画像のアルバムは削除させていただいています。
D81_7547_20160726075617d83.jpg
2016岡山RR4フォトアルバム
この一般公開アルバムはGoogleが滅びるまで永遠不滅、未来永劫存在し続けるアルバムです。私がサーキットに行った証として思い出をつづる意味合いで残しているものですから、中身の写真は自己中心的な偏向アルバムとなっています。それでもよろしければご覧ください。ちらほらですが、よく写っていたその他のモノも混ざっています。
D81_0798.jpg

D81_1297.jpg
次は、8月14日モトレボRd.3でお会いいたしましょう。

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

逆光のすゝめ

撮影手記

◆サヨナラする前に◆
便所裏で強烈な順光に散々苦労してミニ耐前半を終わり、逆光で撮るならあそこしかないと思い、再びCパドックに向かいました。車を運転しながら、Wヘアピンの込み具合を気にしていましたが、ガラァ~ンとして人っ子一人おりません。みんな逆光を我慢して見るのは嫌なんだ。

写真を撮るにあたり、私がこだわる最重要チェックポイントは以下の3つです。
1)暗部に
  黒潰れが生じたり、ノイズが出ないか
2)明部に
  白飛びが生じないか、光被りで文字痩せが起こらないか
3)ピント位置が
  クリアーで解像感が高いか

それでは、Wヘアピン誰も寄り付かない強逆光時に撮影したオリジナル画像を3つのこだわりポイントを確認しながらご覧ください。
表示されたGANREF画像をクリックするとオリジナルサイズの画像になります。
共通設定事項
 >焦点距離:500.0 mm
 >撮影モード:Shutter speed priority AE
 >シャッタースピード:1/80秒
 >ホワイトバランス:Sunn

1)暗部の確認
ヘルメットの影の部分は傷だらけです。注意してご覧下さい。
D81_1319.jpg
オリジナルサイズの画像
 >撮影日時:2016/07/10 17:31:51
 >絞り数値:F4.0
 >露光補正量:+0.7EV
 >ISO感度:31
ISO31だったためアンダー露出になってしまい、コントラストのきつい写真になりました。が、逆光を生かしたともいえるかもしれません(笑)。
アンダー露出特有の黒潰れやノイズによる解像感の低下も見られません。アンダー気味にとってもOK!

2)明部の確認
このヘルメットはピエロがデザインされているようです。光で霞んでいるピエロの右目に注目して見て下さい。
D81_1448_20160725052838861.jpg
オリジナルサイズの画像
 >撮影日時:2016/07/10 17:35:47
 >絞り数値:F10.0
 >露光補正量:―
 >ISO感度:100
露出補正無しのF10ですから、カメラ任せの露出です。暗部が、特に見苦しいほど黒ツブレは起きていないようです。また上辺に光が当たっていますが、背後からの光線では白トビや光被りによる滲みもないようです。もう少し暗部を明るくしていれば良かったかなと思います。

3)ピント位置の解像感の確認
HJCのロゴマークの下の文字まで滅多に確認する事はないと思いますが、これこそ解像感の証明にほかなりません。HELMETSのEとSに滲みが見られはっきり読めませんが、他の文字は読めます。
D81_1404.jpg
オリジナルサイズの画像
 >撮影日時:2016/07/10 17:34:45
 >絞り数値:F10.0
 >露光補正量:―
 >ISO感度:100

ここまで読んで、逆光だと最高に良く写るなどと勘違いしてはいけません。順光の反射光ギラギラに比べれば、比較的いい出来だった程度に考えて下さい。
なにしろkmhppyの写真市は掘り出し物を見つけるところに意義があり、確率的には宝探しサイトとなっております。
掘り出し物の数は少ないのですが、
ここまで自分に都合良く考えてくると、本当は地獄で綱渡りのような条件にもかかわらず、もっと欲張りたくなります。

4)明暗両立のため(影に光を)に
露光補正をしてみました。ここは思い切って+1.0まで上げて撮ったものを見ていただきたいと思います。
D81_1549.jpg
拡大画像2000
 >撮影日時:2016/07/10 17:39:31
 >シャッタースピード:1/320秒
 >絞り数値:F5.0
 >露光補正量:+1EV
 >ISO感度:200
逆光なら、白トビを恐れず思いきってプラス補正をするのが私の流儀です。日陰の部分が目立たなくなりました。ノイズもありません。白トビしたっていいじゃありませんか、だってそう見えていますから。否、実際の肉眼ではほとんど見えないくらい酷いときもあります。
それが、こんなにクッキリ鮮やかに写るんですから、逆光サイコー!

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

便所裏からさようなら

撮影手記

◆長居してしまった…◆
カメラのモニターを見ていると、ある程度できているつもりでいたので、ついつい長居をしてしまいました。
クリッピングポイントから連写で撮っていきます。たぶん順光のため
D81_0539.jpg
黒文字は痩せ、白文字が太る滲み現象多発で、ほとんどクリアーに写っているものはありませんでした。
連写の最終地点に差し掛かるウォールが背景にかかるところで、ピントが安定します。
D81_0607.jpg
拡大画像
きっとカメラに対して、急接近から平行走行に動きに変化が出たからではないでしょうか…(憶測)
いくら綺麗に写ったといっても、ウォールは避けたい気がします。
また、ちょっと早めにシャッターを切ったアスファルトバック(背景が路面だけ)もピントがよく合うところですが、あまりにも味気ない。
D81_0807.jpg
こういう写真こそ文字を入れて、アルバムのカバー・フォトに使うといいかもしれません。

そんな実入りの少ない所でも長時間やっていると、たまに神様の気まぐれで稀にパーフェクトショットが生まれることもあります。
が、本当にたまたま偶然万が一的に稀なんです。
D81_0587.jpg
拡大画像
結論、
この場所で商売はできません。定員1名のポイントなのに、いつでも使い放題という事でも撮影に向いていないことは十分理解できるというものです。商売にならないなら、当然商品もありません。だからここでパーフェクトショットが出たということは、もうそれ自体が宝物ちゅー事なんですが、何か?

◆もう一つの便所もの◆はこちらのニュースです。
「なでしこりんブログ」から前文引用
http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12183266419.html

「テレビ朝日による反日デマ字幕」放送
7月8日時点ですでに一部では問題視されていましたが、日本の左翼テレビのデタラメさに警鐘を鳴らすため、改めてご紹介いたしますね。こういう反日病って、担当のプロデューサーなりデレクターが死なない限り治らないのかな? あなたはこの悪質な字幕を許せますか? 私はこれって完全に「日本国民をだます詐欺放送」だと思うんだけど違いますか?
o0639035713704199655.jpg
テレビ朝日 の放送を見た、アラビア語の読み書きができるネットユーザーさんが犯行声明文を翻訳してネット上にあげてくださっています。ぜひ、テレビ朝日の翻訳文と見比べてください。「頭にきたよ~!」という方はぜひ拡散にご協力を! こんな悪質な偏向放送を止めさせたいですね!
By なでしこりん

イスラム国 バングラデシュ、
速報 「バングラデシュのダッカでの攻撃により、十字軍 22人と警察将校 2人を殺害」
字幕翻訳>
ヒジュラ暦 1437年 ラマダン月 27日
アラーの恩寵と祝福のお陰で、綿密な観察と調査により、5人の殉教の騎士たち(アラーよ、彼らを受入れたまえ)が、バングラデシュのダッカで十字軍諸国の市民どもの集いに向かって出撃し、十字軍たち 22人を殺害し、その中には 7人のイタリア人が含まれていた。 また、ベンガル警察の将校2人を殺害し、50人超を負傷させた。 イスラム教徒を空爆で殺害する限り、ジハード戦士たちの攻撃から安全な場所はないということを、十字軍諸国の市民どもに教えた。 この次の攻撃は更に激しく、酷いものになるだろう。 アラーはその命令を必ず施行されるが、ほとんどの人々は そのことを知らない。 http://aqap.blog.jp/archives/62739530.html

「日本人の殺害に成功した」という文脈はどこにも存在しないやん!
引用終わり。

朝日や毎日の報ずるニュースなんてほとんど便所裏ものですネ。
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ


便所裏ですが何か?

撮影手記

◆kmhppyのタクロー的「夏休み」◆
KIMG9111[1]
    麦わら帽子は 持ってない
    たんぼの燕は もう消えた
    想太が待ってた 夏休み
IMG_8938.jpg
    日本画描いている 夏休み
    キュウリをかじってる 夏休み
    畑の水やり 夏休み
IMG_8939.jpg
    すいかが食べたい 夏休み
    大福も食べたい 夏休み
    食って寝て せみの声

便所裏にやってきて最初の決勝レースはST600でしたが、前記事で申上げたとおり走行写真は全滅でした。
D81_9999.jpg

D81_0039.jpg

D81_0028.jpg

D81_0013.jpg



ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ




便所裏からこんにちは

撮影手記

昨日、ヨメが出かけるとき
「お父さん、これ今日のおやつね」と置いて行ったのがこれでした
IMG_8935.jpg
我が家の畑で撮れたキュウリとトマトです。先日、「小腹がすいたとき冷蔵庫からキュウリを取り出し、塩をまぶして食べたら、ちょっと癖になった」とうっかり喋ってしまった。そしたら…
「そりゃいいじゃない、これからおやつはキュウリということでネッ、ネッ」となってしまったのでした。たまには大福が食べたいぞ!

◆こりゃ、俺のんじゃねェ~◆
ランチはバナナ3本、満腹でした。ピット裏に降りていきましたが、割烹坪井を急襲する気にもなれず、のんびりデイ・オブ・ナンバーズを眺めていました。
眺めているだけで、強烈な夏の光を浴びてギラギラした反射光で強コントラストを演出しそうなこの場所から写真は撮れんな、そう思いつつ試したいことがあったので居続けたのでした。
D810のクロップ1.2倍モードは、約2400万画素で6コマ/秒連写になります。連写速度が上がった分、AFにいい影響が出ればと思ったものですが、目に見える効果はありませんでした。
さて、午後の決勝レースの最初はST600でしたが、順光に悩まされ続けたJSB1000&オープンマイスターの写真から見ていただきます。
最終ラップあたりから、シャッター速度を上げて、ウィニング・ランに備えます。そうすると、普段は滅多にしない切り取りになります。
D81_0315_20160723051700faa.jpg
拡大画像
このような写真は、くっきりはっきりしていいものですが、「こんなの俺の写真じゃない」のです。私が岡山国際サーキットで一貫して撮り続けている写真は流し撮り、流し撮りじゃなければkmhppyフォトではありません。そして便所裏から狙う絵は
ただ一つ、このシーンだけなのです。
D81_0282.jpg
拡大画像

D81_0172.jpg
拡大画像
何故かここでシャッターを切ると呪いがかかったようにピントが外れたりブレた写真になってしまいます。だから
これ以外の絵はすべておまけです。

では
本日のおまけ>
D81_0047_20160723052903841.jpg
拡大画像
リボルバーからの直線を含む背景でピントが合わず、目の前を通過しようとするときにやっとピントが合いましたが(前後の写真から解析)、強い光でヘルメットのSHOEIの黒文字に光が被り輪郭が滲んで見えます。ジャスピンでブレ無しと思ってもピンボケ・ブレ写真のように見えてしまいます。こうなると流し撮りは全滅です。
光の反射の隙をついてたまたまうまく写ることがありますが、隙を突くとはどういうことなのか具体的に理解できていないので、ほとんどまぐれ当たりということになってしまいます。
D81_0127_20160723052905df6.jpg
拡大画像
D81_0217_20160723052908fe2.jpg
拡大画像
うまく撮れない理由は、未熟な腕前とあと一つ何か…。まずは晴天順光は避けたいと思います。

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ





パドックスタンドからこんにちは2

撮影手記

◆若者は素直でエエのぉ~◆
午前中の予定は、予選がWヘアピン、決勝が始まったらパドックスタンドと決めていました。3本目の決勝レースがJP250、参加台数が多くラップ数が少なく、出合い頭撮影の最難関ポイントとなってしまいました。そんな条件でもこの黄色だけはよく分かりました。
D81_9013.jpg
拡大画像
D81_8942_201607220556333ce.jpg
拡大画像
大体の位置関係を把握したこの2人についても、わずかなチャンスで辛うじてシャッターが切れただけでした。大部分は、飛び出ししを確認するも、ファインダーで追いかけることなく終わっていました。出会い頭に片っ端から撮っていった方がよかったkもしれませんね。
D81_9078.jpg
拡大画像

D81_9310.jpg
拡大画像
このパドックスタンド前ストレートは、レボルバーを抜けてパイパーに切り込むちょっと気が抜けないセクションで、スタンドなんか全然目に入っちゃいけないところだと思うのです。

レースが終わると、ライダーにとって死角だったはずのパドックスタンドに向け手を振ってくれました。
光くん(17)
D81_9363_20160722061006735.jpg

目線があっち…、○○△△(47)
D81_9352_201607220610045c0.jpg

目線だけ…◇◇▽▽(51)
D81_9341.jpg
高齢者に比べ、若者はなかなかエエじゃないかぁ~
通り過ぎていく何人かのライダーにカメラ向けてながら心の中で思わず叫んでました
「○○○、お手!」ってね(爆)

尚このエントリー、ブログ主の予断と偏見に基づき我がまま勝手放題かつ無責任に綴られた備忘録です。

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ




« »

07 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム