カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

kmhppyのサヨク考

撮影手記

2015/08/06


◆サヨクって何ですか◆
集団的自衛権反対、戦争法案反対、憲法9条を守れ、戦争反対、徴兵制反対…。国会議事堂や首相官邸前などだけでなく、何時どこでデモをしようが、必ずマスコミが同伴してくれるサヨクってなんでしょう。
2012-03-11_143341.jpg
デモや集会で、赤い幟をみると、条件反射的に赤旗⇒共産党⇒暴力革命まで一機に辿り着いてしまいます。昔、何でも反対の社会党の幼稚なロジックに閉口していましたが、それに唱和している教職員組合や労働組合って何だったのでしょう(今でも同じか)。
20150514190637sdfsd.jpg
つい最近は、学生団体のシールズやさらに若い高校生のデモまであったそうですネ、
下の写真で、赤い矢印で示してあるのがマスゴミの皆さんのようです。デモの度にこれだけの人数が付合っているようですが、ヒマなんですかねェ〜。まるでネガキャンを張っているとしか思えないような取り組み方です。
54e7408b.jpg
こっち側でやっている反対集会はマスゴミだらけですが、賛成集会は清潔そのものです。なにしろマスゴミがくっついていませんもんネ。したがって、賛成集会の露出もほとんどなしです。
582fbbc2.jpg
この女子高校生らしき制服姿は、プロの反日アイドルグループ「制服向上委員会」のメンバーたちだった。というオチまでついて、まるで学芸会です。
そうまでしてマスコミは何を伝えたいのでしょうネ。

日本の集団的自衛権に反対している国家は中共と南北朝鮮の3カ国だけということです。日本で反対しているのが民主党と共産党とほかちょろちょろいることを考えると、
中韓に利する政治活動をしているのが日本のサヨクと言う事になります。
AS20150803004175_comm_2015080613332188d.jpg
パク・クネは安倍総理とは会いませんが、民主党の岡田代表とは会います。利害が一致しているというか、在日政党ですから当然の事とは思います。2人で何の相談したんでしょうか、気になりますネ。そう言えば、東京オリンピックをキムチ色にしようとしている都知事の舛添も媚韓サヨクですネ。
民主党政権でもいろいろありました。外国関係の献金問題が世間を騒がせましたが、きっと総連関係でしょう。また、夫婦別姓などという中韓の風習を日本に取り入れようとしましたが、アレどうなったんでしょうか。

共産党は中共から支援を受けている公安監視下のカルト団体なので当然極左革命勢力だと思います。中共からの潤沢な資金を使って沖縄にプロ市民を送り込んでいることからも、中共との関係がよく分かると思います。また、沖縄の2大新聞社も社屋を新築したそうですね、発行部数18万部足らずの新聞社によくそんなお金があったものです。どこからの支援だろうと勘ぐってしまいます。
CKbIfvHUcAAmJRU.jpg
英語くらい読めますが、見慣れない漢字とハングルが読めません。
日本の国政に対して外国人がデモをするなんて内政干渉もいいところです。中韓の方のデモはやめてもらいたいものですネ。

民主党の支持母体に日教組や労働組合がありますが、この人達も良識ある日本人だと思うのですが、考えなしにカルトに従っているだけなのでしょうか、それとも憲法9条が平和を守って来たと信じているお花畑の住民なのでしょうか。
今の野党を見ているとまじめに日本国民の事を考えているように思いません。重箱の隅をつついて揚げ足取りばかりしているように見えます。

なんだかんだ言いながら
結局、中韓にとって最も目障りな安倍総理を退陣に追い込みたいだけなのかもしれません。うまく政権交代したら、「在日の為の日本を作りたい」が究極の目標でしょう。マスコミもこぞって民主党を応援しているところを見ると、マスコミは既に在日の手に落ちているのでしょう。
在日は朝鮮では差別され、中国人は朝鮮人をさらに見下している事を考えると、中韓を政権転覆に利用しているくらいなものでしょう。中国に飲み込まれたとしても、「在日の日本」として独立していなくても、日本人を支配できればそれでいいくらいにしか思ってないのだろうと思います。

それを裏付けるように、民主党の安保反対のこんなポスターがありました。
母親らしき人が持っている垂れ幕には、ハングルで9条君と書かれているそうです。韓国籍の人が徴兵されるとは思わないが、
plt1507060026-p1.jpg
これで民主党の正体もバレバレですネ。

最後に朝日新聞の編集委員が英語とフランス語でこんなツィートしています。
0c70f881.jpg
(欧州で最も嫌われるこの画像を引用し、嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が多いと言う意味のツィートをいたらしい。)
このツィートは抗議が殺到して、すぐに削除されたそうですが、世の中から完全に無くなった訳ではありません。現にここにもありますもんね、削除して謝罪したらその罪が消えるものでもありません。メディアはその後もきっちり責任を取る必要があります。これで終わりという事は、垂れ流して終わったという事です。
サヨクのフリーペーパー朝日新聞は目的の為には手段を選びませんネ。

それと、これはサヨクとは関係ない事かもしれませんが、
国際連合というのがありますが、これは集団的自衛権を前提につながっている国際組織だと考えられます。第2次世界大戦以後の国際秩序という事で、戦勝国の理論によって、アメリカ、ロシア、中共と英・仏が常任理事国で拒否権を有します。で、事務総長がアレですから、国際紛争が起こるたびにもめて、全く役に立つシロモノじゃありません。それならば、理解し合える国同士で繋がる安保(集団的自衛権)の方が安心に決まっています。なぜ、こういう自明の理に反対しているのか、中韓のために存在する民主党と理解するしかありません。

今日の野鳥は中々だと思ったらクリック!
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

イエロー甲子園・ウル虎の夏

撮影手記

2015/0/02(08/03記)


◆ハイオク注入、ターボ全開◆
昨日は、kmhppy家の年に一度のお約束甲子園でした。ヨメさんの誕生日前後の阪神戦に毎年行くことにしています。応援グッズも持っちょるヨ(笑)。
KIMG3920.jpg
3時に家を出て、急行&特急の乗り継ぎでロスタイムがなければ1時間半で到着します。予定通り、4時半に到着しました。…ちょっと早い気もするが、お祭りです。
駅で、「イエローで一緒に盛り上がろう!」というキャッチを見ました。そういえば最近のタイガースは黄色いユニフォームだなと思いながら、入り口で黄色い応援ユニフォームを受け取りました。高価な席を買ったのでプレゼントかと思って、ちょっぴり優越感に浸りましたが、
聞くところによると、
「昨日まではレンタルで試合後回収したけど、今日は最終日だからプレゼントです。お持ち帰りください。」と言っていたよと誰か教えてくれました。ラッキー!また応援グッズが増えたよ。
でも本当は、前戦の対DeNAと本戦の対ヤクルトの計6試合に配られていたようです。
KIMG3923.jpg
まだ試合まで1時間もあるのに、ハイオクを2杯も補給してしまいました。
D71_7096.jpg

D71_7118.jpg
拡大画像

D71_7287.jpg
拡大画像
あんな娘やこんな娘に元気をもらって、ターボパワー全開。しかし、いい年のジジイがこのようなハイテンション状態が長く続くはずがありません。
試合が始まる頃には、プシュ~…(空気が抜ける音)
200㎜望遠でスーパーショットを狙うつもりでしたが、汗で目が曇り、脳天まで酔いが回り、さっぱりピントが合いません。ボ~とした状態で1球を追いかけました。
46500人が見つめた一球は…この方向、唖然!
D71_7451.jpg
拡大画像
果敢にダイビングキャッチを試みた福留だったが、しかし…。
D71_7526.jpg
やはり今日はお祭り、ヨメの誕生日祝いだから、一緒に大騒ぎして観戦だーッ!
という事にして、たかがセンターフライでも一喜一憂して試合を楽しみました。
7回の表が始まると風船を膨らませませて、ラッキーセブンのセレモニーに備えるわけですが、膨らまし終って戦況を見れば2点も取られていますヤン。待たされている間に待望の写真を撮ってもらいました。
KIMG3932_201508030736334e4.jpg
自分が風船を持っている写真も飛ばす写真も初めてです。ヤクルトがチンタラ長い攻撃をしてくれたおかげだと思うことにしました。
KIMG3935_20150803133529487.jpg
はじめて甲子園で風船を飛ばしたゼ!(いつも撮る人でしたから)。
ヤクルトのビジター席以外は全てイエローだった。土産もいただいて、とても楽しかった。
IMG_1862.jpg
今週末は神戸の花火大会だけど、どこで見るかな?


ここまできたら、ついでにこれも↙️
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ



ひまわり

撮影手記

2015/07/31


◆ひまわり公園◆
花撮りと言う柄でもないのに、夏だからひまわりというロジックから抜け出せず、ついに猛暑にもかかわらず、ひまわり園に行ってきました。
D3X_5067.jpg
ひまわり公園だからひまわりが咲いていると当然思うわけですが、もう旬をとっくに過ぎていて、クターッとなっています。
D3X_5145.jpg
それでも元気の良さげなところに行って写真を撮ろうと畑に入りましたが…暑すぎる。
自分自身の気力終了まで10分とかかりませんでした。
D3X_5164_20150731154055c9d.jpg
私なんぞには、花撮りは向いていないと思いながら出かけたのですが、
このまま帰っては情けない。敗北感しか残らないではないか。そこで、私の近くで自撮り棒を持って写真を撮っていたお二人にモデルを頼みました。
自撮りで写真を撮っているポーズをしてもらいました…パチリ!
D3X_5219.jpg
拡大全体画像
花と女子、どっちが主役か分からない写真ですが、いい写真が撮れました。快くジイちゃんのお願いを聞いてくれたお嬢ちゃんたち、有り難うネ。また何処かで会えたらいいね。




ここまできたら、ついでにこれも↙️
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

kmhppy氏の撮影講座

撮影手記

2015/07/23(07/30記、08/27再掲)


◆鈴鹿2コーナー激感エリア◆
激感エリアに到着して、入り口に近いところにまず荷物を置きますが、大体そこが最初の撮影ポイントとなります。
KIMG3881.jpg
コーナーの中央あたりにマーカーが立っていますが、その手前のポイントAでオートフォーカスをかけながらマーカーはあまり気にせずポイントCまで流していきます。その間、自分が一番好きなアングルになった時にシャッターを切ったらいいのです。
KIMG3882.jpg
ところがここには、心無い特権階級であらせられるマスゴミ様が嫌がらせに現れますので、その折は鈴鹿サーキットメディア事務局の立場を楯に大きな声で抗議願います。
B~C間に立たれるとロケーションすべてが台無しになってしまいます。いくら抗議しても聞き入れてくれないこともあります。

追記>
前回のエントリー「鈴鹿8耐の6」の項で、激感エリアでのメディアカメラマンの問題もサーキットのお墨付きを貰って一応片付きました。私は、今後あそこに滅多に行く事はないと思いますが、それでもこういう常識知らずは後を絶たないと思います。そのときは、観客全員でたしなめるか、警備の兄ちゃんにサーキット側の見解を伝え排除してもらう事です。

抗議しても動いてくれなかったので仕方なく、さらに左側に移動してバック気味に狙うことにしました。金曜日以降観客でパンパンになっていたら、動くこともできません。
D81_7351a.jpg
拡大画像
>焦点距離:500.0 mm
>撮影日時:2015/07/23 17:51:32
>撮影モード:Shutter speed priority AE
>シャッタースピード:1/125秒
>絞り数値:F7.1
>露光補正量:-1EV
>ISO感度:31
>ホワイトバランス:Auto1
>イメージサイズ:2000×1333
これはSS1/125秒で撮っていますが、SS1/160秒でも流し撮りの雰囲気はあまり変わらないようです。シャッタースピードが遅くなるほど写真の歩留まりが落ちるので、SS1/160秒がお勧めです。まだSS1/200秒以上の高速シャッターを使ったことがないので、そな先は分かりませんが、SS1/160秒で十分だと思います。
どの程度精細なのか、ピント付近の等倍切り出しで確認してください。
D81_7351.jpg
等倍切り出し
これくらいの精細さであればほとんど十分でしょう。
あれっ、この青いヘルメットは今年の8耐のために新調したものだったと思っていましたが、すでにキズだらけ。

ほぼ同じ条件でシャッタースピードを1/160秒に上げて撮ったのがこちらです。
D81_4147a.jpg
拡大画像
足下の草の流れを見れば、流し撮りと言って十分差し支えない出来だと思います。
D81_4147.jpg
等倍切り出し
鈴鹿2コーナー激感エリアの流し撮りは、まずSS1/160秒でしっかり撮ってから、自由なバリエーションへと移行する方がいいでしょう。

みんなそうしているよ、今更ナニ?。と思ったでしょうが、クリックお願いします。


ここまできたら、ついでじゃこれも↙
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ


鈴鹿8耐の最終章

撮影手記

2015/07/24(07/29記)


◆ブレまくった8耐◆
今年の8耐は、迷走台風のおかげで木・金の変則観戦になってしまいました。気に留めているチームはあるものの、特にノルマを感じるチームもなかったのでお気楽観戦と言ったところです。
雨だった木曜日と違って、
kuwarega00687.jpg
(撮った人:クワレガさん)
朝から青空が広がり、ゲート前に行列もでき、クワレガさんの姿も見えました。
クワレガさんは、今日から新兵器投入という事で、何かなぁ~と覗き込んでみると、
D810でした。と言う事は、やる気満々のクワレガさんが私同様のシステムになったという事なので、私以上の写真がバンバン上がってくるという事です。
つまりこれはどういう意味になるかというと、岡山でご一緒することになったら、ジジイは遠慮なくサボれるってことですよ、ラッキー!
D81_0871.jpg
拡大画像
ゲートが開くと皆思い思いの方向に歩き出します。クワレガさんはヘアピンみたいです。私はブリッジを渡り、観覧車前の道を下り逆バンクに向かいました。逆バンクスタンドを通り過ぎてS字手前が最初のお仕事場です。

木曜日は激感エリアからSS1/125~SS1/160秒の高速シャッターを切っていましたが、うまく止まりませんでした。と言うよりピントが合いません。手持ちで撮っているプロをよく見かけますが一体どれくらい撮れているんでしょうネ。
700mm俯瞰でSS1/100秒を切りましたが、どうもうまくいきません。

高速シャッターを切ってもあまりうまく撮れないのであれば、いつも通りの流し撮りですが、そんな時に限ってクラッシュシーンが飛び込んでくるのです。
D81_0553_20150729123102f53.jpg

D81_0558.jpg
逆バンクスタートに決めた理由は、屋台のお店をあてにしての事でした。マズイ焼そばも冷たいビールと一緒ならチョウ御馳走。食べたり飲んだりしながら悠々と観戦できるはずでしたが、屋台は置いてあるだけで金曜日は営業しないらしい。
あーあ、ただ写真を撮るだけなんて疲れる。
熱中症対策に水分補給を頻繁にするものですから、汗も吹き出てきます。何度も繰り返し目の周りを拭いていると、疲労からでしょうか何となく視界が曇っている感じになり、ファインダー像にも霞がかかったように見えてきます。
そんなときによくもこのような抜けのいい写真が撮れたものです。背景の芝とヘルメットが同系色でありながらクッキリと見えます。ナイスショット!
D81_9746.jpg
拡大画像
午後はヘアピンと決めていましたが、ビールが飲みたい一心が私を突き動かし、観覧車まで一気に戻りました。
「ビールください!」
KIMG3898.jpg
ブンブンうるさいのは4耐の予選のようですが、牛串で一杯やって最高でした。
ヘアピンに向かって歩いているとクワレガさんも昼食中でした。ヘアピンも営業してなかったんだねきっと。ヘアピンにはzuikoさんがいらっしゃいます。
セッションが始まるまで閑散としていましたが
kuwarega673.jpg
予選が始まる頃にはもうこんなにカメラマンが並んでしました。金曜日といえども8耐だね。
kuwarega00691.jpg
ちょっと荷物が増えますが踏み台を持って行って正解でしたね。
第1ライダーA・B、第2ライダーA・B、第3ライダーA・B、4耐第1ライダーと合計7本の予選があり…もうヘトヘトです。
KIMG3902_20150729124620661.jpg
ナイトランまでの一時、観覧席に横たわると背筋が伸びてチョー気持ちエエ~。
ラストセッションを撮り終えて、ゲートにたどり着いたときはもうとっくに8時を回っていました。
KIMG3907.jpg
2日間ブレブレだった今年の8耐でした。とにかく明日の朝帰ります。
グッバイ鈴鹿!

これが8耐ラストエントリーとなるので、フォトアルバムを紹介して終わりにします。
2015鈴鹿8耐フォトアルバム@永久保存版

1日1回クリックで応援してね。


ここまできたら、ついでじゃこれも↙
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ


鈴鹿8耐のフォトアルバム

撮影手記

2015/07/23~24(07/28記、08/25追記・再掲)


◆ST600葵を探せ!◆
鈴鹿4時間耐久ロードレース(ST600)も同時開催されていました。エントリーリストが公開されたのが、レース直前。しかもゼッケン番号の抜け落ちた杜撰なものでした。2、3知っている名前があるものの探しようがありませんヤン。
唯一見ただけで分かるのが#64小山葵です。
D81_4220.jpg
拡大画像
ラスタカさんにも激感エリアで出会いちょこっと話ましたが、いつも通りのカラーとゼッケンなら見たらすぐに分かると思って、いい加減に聞いていたのが悪かった。チームとゼッケンが違っているだけで全然探せませんでした。
D81_9258.jpg
通りすがりのワンチャンスをものにできるほどの腕前ではありませんので、今回はアリバイ写真です。

さて本題です。この2日間で撮ったプライベートチームの走行写真を公開する運びとなりました。並み居るスーパーバイクに囲まれて、1枚だけST600の画像が混じっています。「葵を探せ!」と題したアルバムをご覧ください。
もし自分写真や自分たちのマシンを見つけたら遠慮なくDLしてください。
鈴鹿8耐フォトアルバム「葵を探せ!」@オリジナルフォト
有名人や有名チーム(あくまでkmhppy基準)はゴッソリ抜けていますので悪しからず。
ただし、再公開の時期にはリンクは切れています。

<追記>
よって、本日新たに一般公開用のフォトアルバムのリンクを貼っておきます。きっと葵君も混じっている事でしょう。
2015鈴鹿8耐フォトアルバム@一般公開フォト

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ここまできたら、ついでにこれも↙️



鈴鹿8耐の6

撮影手記

2015/07/23(07/28記、08/24追記、再掲)



◆報告、メディアは追い払え!◆
8耐から帰ってきて、激感エリアでのメディアカメラマンの態度にあまりに腹が立ったので、モビリティランドに抗議のメールを送っていました。それに対する返事が8月4日付けで返って来ていたので報告します。

講義内容(原文)>
これは意見です。激感エリアで8耐を観戦しました。
ライダーと同じアイポイントで風を感じながらクリアビューの臨場感あふれる2コーナー激感エリア。あそこでレースを見る為に買うパドックパスは決して高くはないと思います。
しかし視界を塞ぐようにプレスカメラマンが写真を撮りに来ました。観戦している人、写真を撮っている人も仕方ないと言った気持ちで諦めてみていますが、あそこにプレスが入るのは絶対におかしいと思います。プロカメラマンの撮影エリアは観客のそれと比べれば無限大です。
もし、あそこに20人のカメラマンが来て写真を撮り出したととして下さい。大金を払って観戦しているお客さんはどうなりますか。人垣の隙間から臨場感を味わえという事になりませんか?
1、2人のカメラマンだから我慢して誰も何も言いませんが、一人たりとも入れるべきではありません。
以上、観戦者からの意見です。
-----------------
これに対する返答(原文)>
kmhppy(本名宛で)様
ご意見を賜りありがとうございます。
鈴鹿サーキットメディア事務局のM(実名で)と申します。
この度はご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
カメラマンに対しては、どのエリアの取材においても「お客様を最優先に行動する」ことを
メディア事務局から案内しておりますが、徹底できておりませんでした。
今後、同様のことが起きぬようメディアへのアナウンスを強化するとともに、
お客様エリアにおけるメディアの取材活動について、事務局にて協議・検討いたします。
今後とも、鈴鹿サーキットへのご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

だから、激感エリアにカメラマンが入って来たら遠慮なく罵声を浴びせてやりましょう。


◆サーキットに物申す~一筆啓上◆
もう何度も取り上げている問題なので、まとめます。
KIMG3884.jpg
激感エリアのサービスロードにプレスカメラマンが入ってきました。エリアの観客は、仕方がないと諦めて容認しているように見えました。

皆おとなし過ぎます

プロカメラマンなら人の前には立つはずがない思っていたのですが客の前に居座る気配でした。どんどん怒りが込み上げてきましたが、
私も初めは、みんなに合わせるように彼らを避ける位置に移動しました。ところが、そのうちの一人がセッション開始と同時に私の目の前に来たのです。

ブチッ!(理性がブチ切れた音)

「おいっ、お前! 人の前に立つなヨ! それでもプロのカメラマンか…」と、よどみなく吹き出る思いつく限りの罵詈雑言。写真を撮ることだけを生涯の楽しみと位置付けているクソジジイですから(笑)、ブレ写真は撮ってもここはブレません。
すると何やら言い返してきました。爆音と難聴のせいでよく聞こえませんでしたが、彼らに何か言い分でもあるのでしょうかねェ~、「ごめんなさい」と言っているようでもなかったし…
D81_7433.jpg

D81_5818.jpg
正面にるカメラマンと左手のカメラマンに視界をふさがれています。写真はこの隙間で撮らなくてはならないことになります。
観戦席としての激感エリアは、レーサーと同じアイポイント、クリアービューで臨場感溢れるレース観戦が売りのはずです。そこに入るための料金も馬鹿にできません。

そんなところにゴミが割って入ったんだから、黙ってちゃいけませんゼ!

もし仮に、そこに20人ほどのカメラマンが入ってきたらどうなるか考えてみてください。
一人二人でこのストレスですから、20人で人垣を作られたら、視界はすっかり塞がれ隙間からちらちら見える程度で何も見えなくなりますよネ、どうします。
たとえ一人のカメラマンであってもここへ入場を黙認するという事は、20人来ても黙ってみていることなのです。だから、ここにカメラマンの入場は絶対許してはなりません。
サーキット側の許可云々ではありません。観客がその行為を許さない姿勢が大切です。

そもそも、一般客に比べれば無限大な撮影ポイントを持っているプロカメラマンが、何でアマチュアと同じ写真を撮りに来るかね、プロとしての自覚も問いたい。

無茶苦茶な論理だが賛同、と思ったらクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ここまできたら、ついでにこれも↙️



鈴鹿8耐の5

撮影手記

2015/07/23(07/27記、08/23再掲)



◆激感エリア撮影心得◆
何年ぶりにこの鈴鹿激感エリアに入ったんだろう。最後に入ったのも8耐だったように思いますが、定かな記憶がありません。雨上がりの午後、カッパをリュックにぶら下げ、傘を持って、激感入場!
いつも私の目を惹きつけるのは、鮮やかなカラーと深いハングオフです。世界選手権の8耐はハングオフの宝庫です。
D81_4938.jpg
ややっ、何ですかこれっ!随分大きなダストが写り込んでしまいましたネ、どうも失礼いたしました。マスゴミという特大のゴミです。
2コーナーインサイド側にある激感エリアは、ローアングルでインサイド側からコーナリングシーンが撮れる唯一の撮影ポイントです。ガードレールが気になるものの金網などの障害物もなく、ここで写真を撮りたくて高価なパドックパスを購入したこともありました。

<激感エリアでの写真撮影心得>
 この場所は、身分の高いマスゴミ・カメラマン様が前に立たれますので、
 庶民カメラマンは身分のほどを良くわきまえ後方からその隙間を狙って撮ること。
                         〜鈴鹿サーキット広報担当〜

何時の間にこんなお触書が回っていたんだ、全然知らんかった。
お客様の唯一の楽しみを踏み躙るマスゴミ様って一体何なんでしょうネ。
新聞やテレビしか情報源の無い人も少しは分かると思いますが、朝日の数々の恣意的な偏向・捏造報道はよく知っていると思います。テレビドラマなどで垣間見る攻撃的なマスコミの在り様もほぼ事実と言ってもよいと思います。いい加減な取材をして結論ありきな報道も多いのです。有名大学の教授やコメンテーターが口裏合わせをしているのは周知のとおりです。
D81_4948.jpg

D81_4965.jpg
わざわざ私の前に立ったマスゴミ様はアマチュアの私と同じ写真を撮ってどうするつもりなんですかねぇ~。多分、ネットでアマチュアの撮ったものばかりを見ていて、プロの写真は見たことのないのだと思います。見てもどこから撮ったものなのか知らないでしょうし…。

やんごとなきマスゴミ様を避けながら精一杯撮らせていただきました。
D81_3010.jpg
拡大画像

D81_3525_20150727185238b53.jpg
拡大画像

D81_4413.jpg
拡大画像

D81_5042.jpg
拡大画像

D81_6093.jpg
拡大画像
ところでこんな写真、誰かのブログ以外で見た事ありますか?一体どこに使われているのでしょうね。

◆8耐が終わって、700アクセス記念日◆
土曜日のお昼には鈴鹿から帰っていました。そして夜は、想ちゃんたちと花火見物に行ったのでした。
D71_6371.jpg
拡大画像
その翌日は炎天下の畑でした。お隣さんの畑の猛暑好きのヘチマが元気のいい花を咲かせていました。この日が8耐の決勝の日だという事をすっかり忘れて、畑から帰ったら、涼しい部屋で金曜日に撮った写真の処理に励んでいました。
KIMG3915.jpg
昨日は、当ブログ開設以来の700アクセス。何これーッ!ビックリしたなァ~もう…、そうかレースの翌日だ。みんな家に帰ってきたんだね。
そこで、kmhppyが何を撮ったか、書いているか、ちょっと気になって覗きに来たというところでしょうか。
アクセスカウンターを見てその数の大きさにビックリですが、コメント数ゼロと全く炎上の恐れがありません。そこが嬉しくもあり寂しいところかな。

いつもより愚痴が多いと思ったらクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ここまできたら、ついでにこれも↙️


鈴鹿8耐の4

撮影手記

2015/07/24(07/27記、08/22再掲)


◆牛串、ビフォー&アフター◆
KIMG3899.jpg
金曜日ですが、逆バンクとヘアピンの中間点というか大観覧車下、このあたりのお店しか営業していませんでした。
ここに座って、牛串と生ビールです。ライトマン流に言えば、ハイオク補給で馬力全開と言うところですが、kmhppyにとっては毒薬同様に「すでにお前は死んでいる」状態でありました。この死人の足でヘアピンまで行ったのですから大したものです。テンションはさらにネガティブです。
牛串ビフォーは逆バンクでした。逆順に振り返ってみると
KIMG3900.jpg
ピットウォークの行列は、この牛串屋から坂を下り
KIMG3896.jpg
逆バンクトンネルを通って、出口にあるピットウォーク入り口まで長蛇の列となっています。
KIMG3895.jpg
そうまでしていきたいピットウォークって何なんでしょう。重い撮影機材を背負い、汗をたらたら流しながらよたよた歩きのジジイには理解できないことの一つです。
午前中はS字~逆バンクで撮影していましたが、少し遠いのであまりクリアーな画像はありませんでした。公開はしません。悪しからず…
D81_0553_2015072706194944e.jpg
昨日、備前精機のマシンに貼ってあるスポンサー名をPCモニター見ていました。さらに、ホームページで確認すると、大口から個人まで実にたくさんの名前が連なっていました。
そんな中に、まさかkmhppyのロゴがあろうはずもないと思って見ていますと
D81_1378.jpg
あああ…、ありませんでした。
もはや私をこの鈴鹿に引き留める何物もないことに気が付き、台風にかこつけてこのとき(車中泊の車の中で)早々に帰宅を決心したのでしたのでした。
どんなチームにとっても、8耐の走行写真などというものはプロの手によるものもゴロゴロしていて、アマチュアな私何ど出る幕がない事など百も承知しています。当然のことなのです。

貰い手の無い写真をせっせと撮るなどと言う愚は早々に打止めじゃ~、
「己の欲する写真」を撮るのみだ!
D81_8095.jpg
拡大画像

牛串アフターのヘアピンではクラッシュラッシュでした。さらにネガティブになってしまいます。
D81_2274.jpg
拡大画像
今年は台風との鬼ごっこだった訳ですが、わざわざ木曜日に来たのは、ナイトランこそ「己の欲する写真」だったからです。
台風が迷走し、目標が最後まで定まらずホテルの予約もいれず、車中泊をするつもりでいました。しかし、車で一泊するととことん疲れてしまうのです。こんな事をしてまで、写真を撮る楽しみがあるやらないやら、…この鈴鹿の地でふと思うのですが、今の私にとって
「鈴鹿は遠くなったなぁ〜」と
少し前まで、日帰りで何度も来ましたが、今はその道中が何よりしんどいのです。SAで休み休み3時間超のドライブの高速料金が片道4000円。チケット代、駐車料、ガソリン代、食事代など諸々…、すべてお小遣いからの出費です。お小遣いに余裕があればホテル泊も早々に決めて余裕なのですが、年金生活者ですからできるだけ節約です。
特に、高速道路での睡魔とバトルは悲惨、命に関わります。悪魔払いに車中で大声を出し気合いを入れ直す事もしばしばです。
「ああ、鈴鹿が遠くなった!」
kuwarega674.jpg
(岡国敬老会員が鈴鹿でくつろぐ図)
やはり畑やその近所で野鳥相手にまったりとしている方が気楽でいいっすネェ~。
今後の鈴鹿参戦は、チケット購入済みのF1だけになりそうです。F1は「己が欲する写真」というより「祭り」というノリで買ったチケットです。何が見どころなのかもよく分かりません。

熱中症じゃないけど、体力に全く自信なし!(さらに財布は飢餓状態…爆)

鈴鹿終結宣言とも思える内容だねと思ったらクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ここまできたら、ついでにこれも↙️





鈴鹿8耐の3

撮影手記

2015/07/23(07/26記)


話が前後してしまっていますが、木曜日に鈴鹿に到着したときはまだ雨が降っていました。午後の走行は始まっていましたが、雨の中ではさすがに躊躇しながら、合羽を用意し傘を持ってパドックエリアに下りていきました。
雨が止みそうになった頃、バックからカメラとレンズを取りだしているときでした。レンズフードのkmhppyをご覧になったのでしょう、チームHookの福田さんと言う方から声をかけていただきました。
マシンのゼッケン番号に色、福田さんのヘルメットのデザイン等をしっかり聞いて、新たなお題を頂戴して撮影に臨むことになったのでした。
備前精機とHookの2人は何とか撮らんとね…、長い時間走るので何とかなるワ、と軽い気持でした。
Aグループの緑の#81番…なかなか私の目に留まりません。
#21番は入れ代わり立ち代わり次々に出てくるのでよく見るのですが、#81はどこいるのですかねー(棒読)。
D81_5915.jpg
拡大画像

D81_2574.jpg
拡大画像

D81_5796.jpg
拡大画像
やっと見つけました#81番、と言ってもたまに目に留まる程度です。その都度慌てて撮っています。
D81_5050.jpg

D81_5475_2015072622594510b.jpg
でも、第2ライダーでヘルメットはグレーと言う話だったのでこれではないようです。セッションも残り時間も少なくなったとき、たまたま目に飛び込んできたグレーの#81はアウトラップ中でした。私にはそのように見えたが、アタック中?…そんなはずない。
D81_5568_20150726224638a09.jpg
拡大画像
これ以降、全然見なかったのですが、どこが#21と違うんやろうね。突っ込み不要。
もしかして、これが2015鈴鹿8耐のふくりんベストショットになったら申し訳ないナ、と言う思いで明日に賭けることにしました。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ここまできたら、ついでにこれも↙️



« »

08 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム