カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

F1グランプリの4

撮影手記

レッド・ファイブ
何時頃から始まったのか分かりませんが、前年のランキングに基づいてゼッケンが決まっています。
かつてF1もそうだったように、概ねモータースポーツにおけるゼッケンはチャンピオンが#1と決まっていても、その他は自由な番号を使っているようです。
かつてレッド・ファイブといえばナイジェル・マンセルノの代名詞のようになっていました。もし、スーパーバイクでMUSASHiハルクプロがチャンピオンになったら#634から#1になり、違和感もありますが、それがゼッケンについての決まりごとなのかもしれません。
D3X_9765.jpg
#12エスティバン・グレテイルデス
という名前は初めて目にしました。サーキットで貰った資料と照らし合わせて、やっと分かった次第です。そして、これがザウバーだと言う事も知りました。それもこれも#12から手繰って行って分かったのです。
まだこれはマシな方で、カーナンバーが分かりやすく付いていますが、ついに発見できなかったものもありました。
イッコ・ニコ・ヒュンケンベルグ
D3X_8277.jpg
タップリ・ボッタクリ
D3X_8122.jpg
バーガー・パストール・マクドナルド
D3X_7942.jpg
よく見えるところにゼッケンが付いていれば分かりやすいのですが、全部がそうではありません。一体どこにどれくらいの大きさで付いているのか分からないものもあります。
エーリアン・スーティル
D3X_8724.jpg
オール・ディ・レタス
D3X_9218.jpg
みんな変な名前(爆)
要するに、マシンとドライバーを覚えて観戦するのがイチバンということですネ。照らし合わせながら名前を振っていきましたが、どれもいい加減だネ。なお、この件に関してクレーム等は受け付けておりません。
来年はしっかり名前を覚えてから観戦したいものです。ファンなら22人くらいすぐに覚えてしまうでしょうネ。

F1グランプリの3

撮影手記

ノスタルジックNEW
D3X_9067.jpg
昨年もF1に行くつもりでしたが、何とも奇異な感じのする二段になったフロントノーズの写真を見て、あまりにもカッコ悪そうだったので見合わせたのでした。
今年もまだ半分くらいそんなマシンでしたが、ジョンプレーヤースペシャル(JPS)カラーのロータスを見ると、この奇異なスタイルが気にならず、なぜか懐かしい思いで魅入ってしまいました。
1986年だったか、JSPロータス98Tルノーでセナがデトロイトで勝ったのは…。そして今、目の前を走っているのが似たカラーリングのロータス・ルノーでした。
ロメイン・グロージャン
D3X_0750_201310161940194a1.jpg
キミ・ライコネン
D3X_9621.jpg

ケータハムF1チームなんて初めて聞きます
ギド・バン・デル・ガルデ 
資料があるから書ける名前です。口に出して言う度に舌を噛みそうで、一生覚えられそうにない(笑)。
D3X_8925.jpg
シャルル・ピック
D3X_9777.jpg
そう言えばレッドブルもこんな感じだった。あのエイドリアン・ニューウェイがこのコンセプトを変えないのだから、二段ノーズはかなり秀逸なデザインなんだろうね。
でもカッコ悪い…レギュレーションで禁止すべきだ(爆)。

余録・ぶらり宇都宮
MotoGP開催中、塒にしていた宇都宮のホテルからコンビニ以外に行くことは無かったのですが、最終日はレンタカーを還したついでに駅前を少し歩いてきました。
IMG_2798.jpg
先週行った浜松も餃子日本一でこの宇都宮も日本一だそうです。どっちが一位やネン…。
浜松の餃子は普段食べているものとあまり変わらなかったのに対し、宇都宮のは形やタレに工夫があって、kmhppy的には宇都宮の勝でした。
ところで、
MotoGPの記事や写真が本項に載るのはしばらく先になります。「◆GANREFアルバム」には観賞用写真をすでにアップしていますから、そちらをご覧ください。GANREFのIDをお持ちの方はコメントもよろしくお願いします。

F1グランプリの2

撮影手記

準備万端整えて
10月11日の夜明けとともに鈴鹿サーキットに乗り込もうと、前日はしっかり準備を終えたつもりで、夜中に出発しました。心ウキウキのはずが
じぇじぇじぇじぇ~(あまちゃんは終わったが、まだやってます)
家を出て30分位経った時でしょうか、カメラのバッテリー充電器を忘れたことに気が付きました。1時間のタイムロスをして鈴鹿市内に入ったのはもうすっかり夜も明けていました。ガァ~ン、もう各所で大渋滞となっていて中々サーキットに近づけません(涙)。

やっとの思いで駐車場までたどり着き、サーキットに入場したのは、メインゲートの行列もなくなっていた8時半過ぎでした。
IMG_2386_087280.jpg
一番安いカメラマン席券では、ヘアピンコーナーに行けるのは金曜日だけなのです。
やっとたどり着いたヘアピンコーナーはもうギッシリ観客で埋まっています。最前列のカメラマン席など隙間もありません。やはり超人気スポットなんですネ、いままでこんな沢山の人を見たことがありません。
もうこの時点で1回戦で敗退し、退場宣言を食らった気分でしたが、もうどこにも動く気力もなく、仕方なく脇の芝生に座ってカメラを構えることにしました。
20131011E291AA[1]
(photo by クワレガさん)
この時は、何も知らずに一番高価なビブスを着けていました。係員がうっかり間違えたんだラッキー…、翌日1コーナースタンドに紛れようと行ってみたら、「ビブスの渡し間違えで、チケット拝見云々…」と説明を垂れられ追い返されてしまいました。しっかりせーよ、余計なエネルギーを使ってしまったじゃないか、プンプン。
話を元に戻して、私の坐った右側や
IMG_2387_087281.jpg
前方は
IMG_2388_087282.jpg
私同様、遅刻して席からあぶれたビプス組でたちまち埋まっていきました。

最初のフリー走行が始まりました。まずはマクラーレンとフェラーリから
ジェンソン・バトン
D3X_8214.jpg
セルジオ・ペレス
D3X_9161.jpg
フェルナンド・アロンソ
D3X_8922.jpg
フェリッペ・マッサ
D3X_0240.jpg
尚、F1写真は右カラムの「◆GANREFアルバム」でも公開しています。

余録・宇都宮からの帰還
F1に続きMotoGPと今年のモータースポーツのメインイベントが終わりました。雨のせいで実質半分しか見れませんでしたが、グランプリの余韻にタップリ浸りながら、宇都宮からは各駅停の鈍行列車でのんびり帰還しました。
さすがに東京行きの東北新幹線「なすの号」はやっと座れる状態でしたが、
IMG_2811_088504.jpg
東京からの「こだま号」は貸切状態でした。居眠りしながらですが、写真のチェックも出来、時間の経つのも忘れてしまうほど心地良い時間でした。
気が付けば京都、
IMG_2812_088505.jpg
京都からは本当に貸切になってました。
これでエエのか?JR…、私は大歓迎です。ちなみに新大阪から新神戸までは「ひかり号」指定席でした、切符は買ってないけど座れました(爆)。

2013MFJ岡山の19

撮影手記

余禄・雲の国
2日間雨のためフリー走行はすべてキャンセルされ、土曜の午後の予選が初走行となったMotoGP日本グランプリでした。日曜日のフリー走行枠が延長され、ゲートオープンの時刻も早まり、今日は早出だと外を見れば
IMG_2770.jpg
あたり一面霧…絶句。
やっとの思いでサーキットに来てみれば、突如出現した
IMG_2777.jpg
天空の城。
栃木県は「雨のち雲」の国でした。

さてMFJ岡山ラウンドも最終回となりました。長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。明日からはF1です、たぶん。
ファイナルJSB1000
0113.jpg
ポールから中須賀が飛び出しレースが始まり、中盤に柳川がトップを奪い面白い展開になってきました。
中須賀の前にもう一人Tokkan boy Ikumiと思ったが、これはサイティングラップでした。
0110.jpg
#22清水郁己選手とはたまたま同宿で、知っている人から順に撮るkmhppyとしては、少し話もした関係で何とか1枚ぐらい撮っておかなくてはと思っていた矢先の事でした。マシンを交換したらこうなることもありうることかもしれませんが、レース中にはまず見られないシーンなので、これはこれで貴重なカットなのです。

D3X_7703_082965.jpg

D3X_7721_082983.jpg

最後、勝ったのは中須賀でした。
D3X_7739_083001.jpg
岡山では特に強い中須賀です。もしかして一昨年から3連勝では?
2位柳川、3位津田…以下あまり覚えていない(笑)。

清水選手は11位だったかナ、一足先に宿を出るときに「ヘアピンコーナーで待ってるからネ」と声をかけてきたので
D3X_7762_083024.jpg
それを覚えてくれたのか、それとも彼のスタンダードなのか、ためらいがちに手を振ってくれました。アリガトー!
鈴鹿のMFJ-GPではもっとオーバーアクションでお願いします。その時はバイザーも上げてネ…

2013MFJ岡山の18

撮影手記


余禄・MotoGP
台風に祟られディレイとキャンセルを繰り返す今年のMotoGP、2日目の午後になってやっと走ってくれました。いきなり予選です。
D3X_3872.jpg
これがスーパールーキー マルク・マルケス
D3X_4580_20131027005522d75.jpg

セミファイナル
0102.jpg
1日中、同じ場所で同じような写真を撮り続けている訳ですから、いい加減飽きてきました。朝から一緒だったクワレガさんはどうなんだろう…
午後から順光でさぞかし写しやすくなるだろうと思えば、決してそんな事はありません。今度は金網の反射光で、AFは相変わらず不安定なのです。コーナー出口でAFで捉えガードレール前まで引っ張ってみました。
0103.jpg

0104.jpg

#19 相馬 利胤
0109.jpg

2013MotoGP

撮影手記

メインイベントはレインイベント
F1日本グランプリから2週間、待ちに待ったMotoGP日本グランプリがもてぎで始まります。栃木県が関東だといっても隣は福島県、ほぼ東北地方ですから、自走などという無謀なことはせず4泊5日、列車とレンタカーの旅です。
MFJ開幕戦は当日出発だったので、始発から乗り継ぎも無駄なくやる強行軍で10時に宇都宮に着き午後のセッションからになりました。今回は前日出発で時間的に余裕があり、浜松を過ぎたあたりでまったり昼食タイムとなりました。
IMG_2703.jpg
宇都宮での食生活はきっとせこいコンビニ食中心の味気のないものになるに決まってますから、豪華駅弁を味わっていただきました。
IMG_2715_20131025172641eaa.jpg
東京駅で新幹線を乗り継いで宇都宮に向かいます。東北新幹線やまびこ号は緑色なんですね、いままで白いのしか見ていなかったので新鮮です。それにしても東京駅のホームは長いね。
宇都宮駅から歩いて10分
IMG_2716.jpg
4泊お世話になるウィークリー翔に着きました。1泊1900円と格安です。バスルーム、テレビ、冷蔵庫なし…、唯一の娯楽が持ち込みPCによるインターネットだけというものです。いくら節約しても経費的にはF1以上、これが私にとって、今シーズンのメインイベントなのです。
それなのに、気になる天気予報は何度見ても一向に良くなりません。金曜日は雨の一日のようです。

翌25日(金)
駅前でレンタカーを借り、1時間遅れでサーキットに到着しましたが、午前のセッションは中止になったようです。
その決定を聞いたのが10時過ぎでしたから、午後のセッションまで3時間近く待たなくてはなりませんでした。いくら雨対策に抜かりはないといっても、3時間何もしないで濡れっぱなしというのも堪えます。
IMG_2735.jpg
雨宿りはなんとトイレの軒下。ここで食べるカロリーメイトも乙なもんです。否、丙なもんでした。

昼が過ぎ、午後のセッション開始までもう少しというときに、レンズはビニールでカバーしているのにカメラがはみ出して濡れている人が通り過ぎていきます。
「カメラ濡れてますよ」と声をかけたら
「NIKON OK」と言って笑って行ってしまいました。
IMG_2737.jpg
後を追いかけヘアピンコーナーで話をしたら
はじめ言葉が通じなかったので「フォエア アー ユー フロム」と聞いてみたら
彼の名前はTom Madilaoでシンガポールから来たと言ってました。「NIKON OK」と言うけれど、それでも雨に濡れっぱなしのカメラを見て
「マイニコン クラッシュド イン レイン …」としどろもどろ言ったら、カメラの方までビニールをかぶせていました。ニコンって海外でも定評あるんですね。
ちなみに彼はD4と600F4EDでした。
IMG_2738.jpg
午前に比べ雨脚は強くなっていて、どうせ中止だろうと思いながらも辛抱強く待っているトムです。
彼は場内アナウンスが分からないみたいだったので、分かるところだけ「スタート ディレイ、ジャスト ウェイト」…こんなので通じてるのかどうか知らんけど?(笑)
フォーミュラワン、スズカ、オートポリス…などいろんなところに行ったと言っていました(たぶん)。ちょっと退屈しのぎになったかな。されども雨は一向にやむ気配がありません…
IMG_2745.jpg
唯一撮った走行シーンはサーキットビジョンでした。
結局、3時過ぎに撤収、ワンショットも撮っておりません。
IMG_2747.jpg
宇都宮で借りたレンタカーは那須ナンバーでした。そう言えば、「今年の秋ナスは失敗だったなぁ~…」と、レンタカーまで嫌なことを思い出させてくれます。
そしてその日の夜見たツインリンクもてぎホームページによれば、すべての走行がキャンセルされたので金曜日券は払い戻しになるようです。

2013MFJ岡山の17

撮影手記

貧しき窓際のフォトグラファーたち
IMG_2557_083108.jpg
ST600の決勝レースが終わると、先ほどまで金網にへばりついていた観衆がサッと引きました。ピットウォークのある昼休みのささやかな昼食はカロリーメイト(メイプル味)とアップルティー、ホントにささやかだ。富める人たちはピットウォークに行ってしまいました。
ガラ~ンとしたフェンス際にいるのは、ミッチーか?
IMG_2558_083109.jpg
ミッチーとしばらく雑談していると、キッズパレードの一団が目の前を通り過ぎて行きました。先導はTsukka☆くん、あれだけ大勢の人がいても知っている人に次々に出会うものです。
長かった昼休みも終わりに近づくにつれ、一人二人と戻ってきます。

キング・オブ・ユーロファイターが始まりました。「これは、岡山モトレボでやっているレースのアトラクションみたいなもので、外車のレース…」などと、知らない人に知ったかぶりしてしまいました(笑)。バイクも外車となるとかなり高価なモノらしいです。
0098.jpg

0099.jpg

0100.jpg
ユーロファイターも無事終わり
残すところあと2つ、クライマックスが近づくにつれ次々と壁際に押し寄せてきます。
IMG_2564_083115.jpg
クワレガさん(黄)とシマネさん(青)が隣同士になっていました。アップルティー、バッグ、脚立のセットが私、みんな壁際フォトグラファーです。
更に私には貧乏と言う形容詞が付くので、「貧しき窓際のフォトグラファー」という事になりそうです。

余録・浜名湖遊覧
D30_9823_083419.jpg
浜松旅行記は右カラムのリンク「◆kmhppy氏のおバカな撮影記」に掲載しました。

2013MFJ岡山の16

撮影手記

余録・雨にも負けず、風にも負けず
今日からMotoGP観戦のため宇都宮に向かいます。安価なホステルに4泊して月曜日に帰宅する予定ですが、ツインズ・タイフーンの来日予定日と重なり、事態は最悪な状況に向かいつつあります。ヘビーウェットなバイクレースではあんな写真やこんな写真が撮れそう…などと妄想に支えられてはいますが、中止になる心配さえあります。
先週の浜松旅行は、前2日間雨だったものの、最終日は最高の秋晴れに恵まれいい締めくくりができました。
D30_9716_083312x.jpg
今週もそうなるといいのですが…

余録が前に来ると言う事は、MFJ岡山もそろそろ色あせてきたかナ、ならばドバっと派手に行こうじゃありませんか全日本的ローカルレポだ!
ST600決勝
0093x.jpg
#88宮脇健二 Trip Trap 亀甲堂、派手な色ですなぁ~(笑)。

レースが始まってすぐの出来事でした。スンタロー君がバンカーを派手なスライディングで行ってしまいました。否、逝ってもうた…。
D3X_4779_080041.jpg
レースは、予選決勝を通して
D3X_5076_080338.jpg
カズマが絶好調のようでした。コーナリングフォームは低く切れ味が鋭く、とても素晴らしい。一流ライダーの証だ。

気になる岡国のメンツは、フクさんが序盤に吹っ飛んでボロカウルに逆戻りした以外は、みんな順調に最後まで走りきったようです。
瀬崎16位、松本21位、ケント28位、川端29位、宮脇30位でした。他にも出身地から岡国の面々だと思う人はいますが、私が知らないので省略しました。悪しからず…
D3X_5440_080702.jpg

0095.jpg

0096.jpg

0097.jpg

おまけの余禄
IMG_2715.jpg
新幹線を乗り継いで宇都宮なう。↑これ東北新幹線のやまびこ号、あすからMotoGPです。しっかり遊んできます。

2013MFJ岡山の15

撮影手記

随分お待たせいたしました。いよいよMFJ岡山ラウンドの全日本的ローカルレポも決勝レース編へと突入してきました。まずは、

おっと、その前に今や恒例となりつつある
余録・孫の日
某百貨店協会の戦略的記念日として誕生した孫の日とは、敬老の日のお返しに爺ちゃん婆ちゃんが高価な玩具を孫に贈る日だそうな…。
10月第3日曜日の20日、エアフェスタ浜松(航空祭)が早々と雨に見舞われ、シャトルバスで退避した先のデパートには「今日は孫の日…」というポスターがデカデカと貼ってありました。
D30_9598_083964.jpg
将ちゃんには、スペシャル特大ボックス入りのレゴだよぉ~と、稚児の手を捻るより易くその戦略にハマるの爺婆でした。

J-GP3決勝
0075.jpg
#5 山本剛大 Team NOBBY

まだ路面がギラギラしている頃、最初の決勝レースが始まりました。
IMG_2546_083097.jpg
脚立の皆さんもスタンバイ完了、私は10個の小石を拾い集めて足元に置き準備完了です。
IMG_2552_083103.jpg
19ラップで争われるレースですから、当然ラップ遅れのマシンも出るし、そうなる頃からコース全体にマシンが散らばります。アナウンスも爆音で貸されることもあり、訳が分からなくなることも多いので、狙いをつけているライダーの周回数をこの石で数えるます。
0077.jpg

0080.jpg

0081.jpg

0082_20131009055057ecb.jpg

レースが終盤に入った頃に
IMG_2545_083096.jpg
一旦撮影の手を止めて、レンズのフィルター交換をしてシャッター速度をノーマルに直す設定変更をします。最後のウィニングランはワンチャンスですから逃すわけにはいきません。
ところが、意外と手を振ってくれるライダーは少ないものでした。
1か月前にアジアン2&4を見に行ったとき、日本人ライダー以外ほとんど手も振りませんでした。ここは全日本だからと期待していたのですが、少し残念でした。
溜息をついて俯いて通り過ぎていくライダーも多い中、翔太もキッシーもみんなにしっかり手を振ってくれました。
0086.jpg
私も含め岡山のファンはさぞかし嬉しかったと思います。
D3X_4575_079837.jpg
あれっ、キッシーそれって勝者のVサインでは(笑)。

2013MFJ岡山の13

撮影手記

本題に入る前に
余録・ショッキング将太朗
SuperExpressひかりで新神戸から僅か1時間半で将ちゃんの住む浜松まで行けます。初めは車で行く予定でしたが、やはり4~5時間のドライブは堪え過ぎます。
10月19日から2泊3日、楽ちんコースで浜松に行って参りました。
浜松と言えば浜名湖、浜名湖と言えばうなぎ
D30_9856_083452.jpg
最終日は浜名湖観光の後、老舗のうなぎ専門店に連れて行ってもらいました。
D30_9882_083478.jpg
顔中飯粒だらけになって、まだ半分も口の中に入らないのですが、一心不乱に鰻重を召し上がる食kingな将ちゃんでした。惚れ惚れするようないい喰いっぷりじゃのぉ~(笑…爺バカ)。
なお、浜松旅行記はサブブログ「◆kmhppy氏のおバカな撮影記」の方でレポの予定です。でも今週も木曜日からMotoGP観戦のため宇都宮に行く予定なので、帰ってきて早速次の準備で忙しいkmhppyですから何時になるやら…。

カメラ設定はギラギラ・キラ~ンの諦めモード
0060.jpg
強逆光による不安定なAFに苦戦しながらも、ギラギラ眩しいコーナリングを何度となくトライしてみました。
マシンとの距離が詰まると
0063.jpg
望遠レンズ特有のボケが出来ますが、その円形ボケには金網模様が入るというオマケ付きでした(諦)。あれっ、この人逆走してません、何があったのかしらネェ~…。
この状況はJ-GP2になっても変わりません。
0065.jpg
このギラギラコーナーを抜けると、キラ~ンと光る一瞬があります。
0064.jpg
このキラ~ンこそ、秋のヘアピンコーナーの目玉ショットだと思います。
J-GP2のフリー走行が終わったときは、私の回りは観衆でいっぱいになっていました。
IMG_2540_083091.jpg
私とクワレガさんの隙間には大きな脚立まで割り込んできました。

« »

10 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム