カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

夕景 鈴鹿サーキット

撮影手記

Top10トライアルが終わって、一旦車に荷物を運び再入場しました。
D30_6909.jpg
前夜祭というものを見るのは初めてです。車で外に出るのも渋滞で大層だったので、ビールでも飲んで何か食べるためにサーキットに舞い戻ったみたいなところもあります。
D30_6942.jpg
バイクパレードですネ、すごい数のバイクが集まっています。8耐ってバイカーの祭典なんだと改めて思いました。原付にも乗ったことのないkmhppyはほとんど部外者ですワ。じんわり疎外感も味わえました…
D30_6949.jpg
夜景撮影のための準備をしていたので、いつもは撮れないライトアップされた観覧車もこの通り
D30_6976.jpg
まだまだ走行写真の整理に追われています。岡山ロードレースの締めもまだ先になりそうだし、モトレボまでには終わらせたいですネ。

暑中お見舞い申し上げます

撮影手記

D30_6997.jpg
まだまだ暑い日が続きますが、ご自愛くださいませ
眠い…以上。

岡山ロードレースRd.4の5

撮影手記

北神戸なメンツ
以前、北神戸サーキットに練習を見に行くと、西端のピットには常連のチームSAWAやバイク屋PADDOCKの面々が集まっていました。何度か行くうちに親しくなり、岡山のミニ耐にも何度か応援に行ったものでした。
あの北神戸サーキットも今は閉鎖され皆とは疎遠になってきましたが、見慣れたマシンカラーとヘルメットで彼らが出ていることを確認すると、嬉しくてついカメラを向けてしまいました。
D3X_6340_068618.jpg
チームSAWAの澤田監督は片腕のライダーです。「みんなが作ってくれた貯金を私が食いつぶすんです」とすまなそうに言っていましたが、和気あいあいとしたアットホームなチームです。
D3X_5222_067505.jpg
切り込み隊長のSHINちゃんは予選とスタートライダー担当のようです。「若さでガンガン突っ走れ!」と重要な役割を任されているようですが、よくコケています(笑)。ホールショットを奪っても、2週目のポジションは後方というレースもあったっけ。
D3X_5772_068055.jpg
自称北神戸のエンターティナー「モ。」さん。もう北神戸は無くなったので、新しいニックネームでも考えているかもね。
以上、チームSAWA「財田 晋、森崎時丸、澤田圭一」の3選手でした。
250とミニ耐のダブルエントリーの
D3X_6279_068557.jpg
バイクバカ少年RIN君も北神戸で腕を磨いていた一人でした。

岡山ロードレースRd.4の4

撮影手記

Kusuroku#2のレース
D3X_3449_065732.jpg
川端清次こと楠六さんとは、私が岡国のロードレースに通うようになってからの知り合いで、今走っているライダーの中では最も古いお付き合いになります。出会った当時は、確かモトレボのオープン1000だったと思いますが、数年前からST600にスウィッチし、すぐにインターに昇格してしまいました。昨年は8耐にも出場した熟年ライダーです。
今でも私のヘボイ写真を貰ってくれる数少ないお得意さんです。最近の予選はいつもトップでコースインしてくれるので、撮影機会がうんと増え、今回もたくさん撮りました。
D3X_3377_065660.jpg
何時もあまり変わり映えしない写真ばかりですが、画像のクウォリティーは確実に進歩しています。たぶん…ネ。
D3X_3323_065606.jpg
今年は、今回のレースも含めて今までの3戦で2度表彰台に上がるも、予選順位を上回れない結果になっています。
D3X_1033_063311.jpg
残り2戦、ポール・トゥ・ウィンを目指して頑張って欲しいですね。

重要なお知らせ
僅かですが元画像をアップしました。画像のダウンロードは、本人および関係者のみ許可します。その際にはコメント欄に一言お願いします。以後自由にお使いください。写真は流し撮りのため、業者の写真ほど隅々まで解像していませんが、一味違います。
自分なりに完璧なショットは50カットほどでした。それでは少ないので、ダメ写真も50ほど混ぜています。
岡山ロードレースRd.4フォトアルバム

岡山ロードレースRd.4の3

撮影手記

ヤンキーShidaのレース
981779_313267912142752_1407317266_o[1]
一体何があったんだい、車椅子での表彰台だなんて?
Facebookに書いていた彼の日記で知りましたが、前日のハイサイドで足指を骨折していたらしいのです。たぶん医者にも行かず痛みを堪えながらのレースだったんだネ、それで表彰台ゲットとはスゴイ。オメデトウ、kissy。
(画像はFacebookから拝借いたしました)
ところで、Yan Kishidaとは彼がFacebookで使っている名前です。そこで見た彼の自伝(実は酔っぱらって書いた日記)によると、15歳で「峠の走り屋」として50㏄のスクターでデビューしたそうですが、15歳って無免許運転?だよネ…。だから、Yan Kishidaを私が読むとヤンキーshidaとなってしまいます。

Kissyの予選は2位
D3X_0942_063220.jpg
レースでは、トップにかなり離されてしまいましたが、後続を抑え切り2位表彰台をゲットしました。
D3X_2871_065154.jpg
そのレースで撮った↓これが本日のベストショットです。
D3X_2874_065157.jpg
高精細画像
チェッカー後は、ゆっくりと周回し手を振ってくれました。
D3X_2940_065223.jpg
スモークシールドなので、痛さでゆがんだ顔をしているかはたまた笑っているのが分かりませんが良いシーンが撮れました。

余録・今日から鈴鹿8耐
今日、明日と鈴鹿8耐観戦に行ってきます。でも本項は、しばらくダラダラと岡山ロードレースが続きます。今日は車中泊の予定なので、前夜祭で打ち上げられるであろう花火撮影を楽しみたいと思っています。駄目なら明日でも…。

岡山ロードレースRd.4の2

撮影手記

予選が終わるとヘアピンで撮っていたクワレガさんに挨拶して、リボルバーから車を飛ばしてホッブスに行きました。場所取りの心算で急いだのですが、誰もいません、閑散としています。
コース上では…
D3X_2149_064427.jpg
何だかサーキットクルーズのようにゆるゆる走っていましたが、これも何かの予選みたいでした。渡りに舟、距離感やAFのくせなど少し学習しるにはちょうどいい、…ここはギリギリOKです。MFJでは、ここ1日借り切ります。悪しからず…ということで今日は、

ホッブスコーナー再開放記念日なのだぁ~
NEC_0027_20130724055934.jpg
今回初めてご一緒したspfdxさんと常連のベルモールさん
 >↑↓どちらも携帯撮影、800万画素らしいがひどい画質です。
NEC_0031.jpg
ベルモールさんを撮影中のspfdxさん、きっとオレも撮られているナ…。
最初の決勝レースが始まる前は、以前のホッブスコーナーの賑わいがありました。岡国の撮影ポイントの目玉はこのコーナーですよね、早く以前のように全開にしてほしいものです。もう少しネットまでの距離が近ければもっと嬉しいけど…。

話は前後しますが
リボルバーでゼブラぎりぎりのコーナリングを撮るのは、近づいてくる音を頼りに目視し直後にファインダーで捉え、同時にピントを合わせとレリースでやっと実現するハードな一瞬間の撮影です。それに加えて、ぎりぎりを攻めるライダーの数にも限りがありまして、早々と店じまいして、後追いながらコーナー脱出を狙ってみました。
アウト側のゼブラが鈴鹿130R風に見えます。
D3X_1963_064241.jpg

D3X_1836_064114.jpg
岡国到着直後、グラスタでカメラの準備をしていたら、偶然岸兄さんに会いました。レースに出ると言っていましたが
D3X_1979_064257.jpg
ミニ耐久だったんですネ、どのレースかゼッケンは何番か知らなくてもすぐに分かる人でした。
D3X_1196_063474.jpg
Kusuroku#2さん再掲。調和の取れたいいカラーだね。
尚走行画像は、GANREF(2000×1333)やFacebook(1024×673)で先行アップしています。こちらものぞいて見て下さい。

岡山ロードレースRd.4

撮影手記

暑中お見舞い申し上げます
梅雨もすっかり明け、真夏の炎天下の佳き日に岡山ロードレース第4戦が行われました。
早朝から岡国の手前の山道では、スピード違反の検問をやっていました。ブレーキを踏みつつそこを通過した時はヒヤっとしましたが(汗)、涼しかったのはその一瞬だけだったという朝から暑い日でした。
それにしてもこんな暑い日にわざわざ写真を撮りに来ているなんて、よっぽどアホです。撮った写真も時が来ればいつも大量廃棄ですもんネ、まあ正統な写真を撮るという根源的な事を考えていないのがイチバンの問題なんですが…(笑)。
例によって撮った写真は、皆様にオリジナルで差し上げますが、このシリーズのどこかで案内します。以後、お見逃しなきようお願いします。

それでは、只今より岡山国際劇場ロードレースシリーズ第4戦を開演致します。
予選はリボルバーで
NEC_0029.jpg
8時から10分間の予選が矢継ぎ早に行われるので、予選はリボルバーコーナー見下しと決めていました。が、「あれレレレ・・・???」ホッブスコーナーのネットが半分外れています。でも、いい場所にはネットがそのままかけてありました。私たちがいい場所だと思っているところはプロにとってもいい場所なのです。開放されているところはカメラホールまで距離があり過ぎだし、アングル的にもAFの追従性が悪くなるところなので、あまり期待もせず決勝レースの最初だけここて試してみるか程度に考えて、予定通り予選はリボルバーに腰を沈めました。
D3X_2068_064346.jpg

D3X_0889_063167.jpg

D3X_1268_063546_20130724025049.jpg

D3X_1791_064069.jpg
このコーナーの狙い目は、何と言っても鈴鹿S字ターン3のようにゼブラをかすめて鋭く切り込むアグレッシブなコーナリングですが、思った以上に少ないですネ。あくまで撮る側からの希望です。

8耐合同テストS5の2

撮影手記

D3X_0366_059801.jpg
セッション5のAグループの走行終了間際に、ポツリポツリと雨が降りだしてきました。あっという間に本降りとなり、急ぎカッパを着こんで、屋根があるところまで緊急避難です。
ザーザーと音を立てて降る強い雨で、赤旗中断中にコース上に土砂が流れ込んだみたいなことを言っていましたし、時間もどんどん過ぎていきます。すぐには再開されそうにないと思ったので、帰ることにしました。
逆バンクトンネルをくぐり、観覧車のところまで来たときに、"ドドドーッ"と…どうやら走行再開となったようです。
アカン、ここで走られたら帰るに帰れん…
D3X_0416_059851.jpg
雨が止んだとはいえ、コース上は水浸しで、そこを走る姿はジェットスキーのようです。
最終コーナーからホームストレートにかけてまたしてもバックで狙ってみました。
D3X_9921_059357.jpg

D3X_9899_059335.jpg

D3X_9994_059430.jpg
ではプライベーターな皆さん、本番で再会いたしましょう。

8耐合同テストS5

撮影手記

D3X_9628_059064.jpg
セッション4が終わり、逆バンクスタンドを東向きに歩きS字方面まで行けば、いつも見下ろしのこの位置からワンパターンの流し撮りをしている。飽き飽きするほど同じような写真ばかり溜まっていきます。
下から撮れない私たちは何か変わったことでもしなければ面白くないのです。S字ターン2を抜けて、次のターンでゼブラに掛かる瞬間がクリッピングポイントです。
D3X_9678_059114.jpg

D3X_9672_059108.jpg

D3X_9496_058932.jpg

D3X_9663_059099.jpg
上から見ていても上体が起きているライダーと伏せているライダーの違いが分かって、面白いポイントなのです。
#01出口 修や#83藤田拓哉(2枚目)のように低い姿勢で鋭く切り込むライダーはそう多くありません。この2人だけ、ヘルメットも位置がガソリンタンクの中央にあるのが分かると思います。即ち低い姿勢でハングオンしてりると言う事です。
Missionは「シマウマを捕獲せよ!」
D3X_9393_058829.jpg
シマウマは何処に行ったんだ?せめてゼブラにタッチだぜ。

8耐合同テストS4の4

撮影手記

トップライダー群像
D3X_9090_058526_20130709144019.jpg
何とまあ斬新な構図だこと、これはこれで面白いのかもしれない。これを見てしまうと、次からの写真が平凡、月並み、陳腐すぎてしまう。きっと撮った奴もボンクラなのでしょうナァ~(どっちもオレだった)。
以下お目汚しですが…
D3X_8717_058153.jpg

D3X_6739_056175.jpg

D3X_7327_056763.jpg

D3X_8516_057952.jpg

D3X_9161_058597.jpg

余録・ピックアップ岡山RR4
岡山ロードレースRd.4は炎天下の猛暑日での開催となりました。日陰は風が無く蒸れるし、風のある日なたはジリジリするしで、居るところが無いくらいでした。今までエアコンの効いた部屋で快適に暮らしていたので、とにかく堪えました。こんなんで8耐に2日間も行けるんか?…少し暑さに怖気づいてしるkmhppyです。
ベルモールさん、spfdxさん、クワレガさんお疲れ様でした。
D3X_1196_063474.jpg

« »

07 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム