カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2017雌岡山45〜春(鵯)

撮影手記

2017/02/20
昨日までの晴天は何処へやら、今日はうって変わって、いつ降りだしてもおかしくない曇天。でもまだ雨は降っていません。

◆ひよりどりみどり◆
少し出遅れ気味の時間でしたが、天気も悪いので梅林も人出で荒れていることもあるまいと思い、いつも通り虎鶫を訪ねて坂道を上がりました。
いつも通りの小道沿いにいました。
D3X_2297_29232.jpg
拡大画像
なんだかこのブログはトラツグミ観察日記のようになってきました。

順路に沿って上がっていき駐車場の便所周辺でそっとアトリを探します。いましたがカメラを構えるまでに逃げられてしまいました。そのまま神社裏に行くと、いつもと変わり映えのしないアオジとクロジがチョンチョン地面をつついては木の実を拾っています。
「頼むから逃げてくれ~、本日1.5m。おもろないんじゃ」
D3X_2377_29312.jpg
拡大画像
参拝を終え(一応毎日手を合わせて帰ります)、再び便所前へ。またしてもアトリがやって来手チョンチョン地面をつついています。カメラを構えそっと近寄ったのですが、あっという間に逃げられてしまいました。便所裏に行って飛び去った方向を見れば、まだ近くの木に身を寄せています。
よっぽど臭いところがお好きな鳥ですナ。
D3X_2424_29359.jpg
拡大画像
アトリは漢字で一般的には「花鶏」と書きますが、格好良すぎます。雌岡山のアトリに限って「臭鶏」と書くといいと思います。

今にも降り出しそうな天気が気になって、さっとあがりさっと梅林まで帰ってきました。まだ12時には時間がありすぎます。今頃帰って、「腹減った、飯はまだか?」などとうっかり言おうものなら「ボケたか?爺さん」と思われそうなので、11時過ぎまで粘る事にして、ジョウビタキやヒヨドリを見て少し時間つぶしをしていました。
D3X_2482_29417.jpg
拡大画像
トラツグミが去ってからはヒヨドリの天下と化していた梅林でした。
このひよどりはカップルのように見えますが、たまたま隣同士だっただけかもしれません。何故かたくさん地面に降りてきました。
D3X_2513_29448.jpg
拡大画像

D3X_2517_29452.jpg
拡大画像

D3X_2522_29457.jpg
拡大画像

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山44〜春(虎鶫)

撮影手記

2017/02/19
おはようございます。
昨日は春のような麗らかないい天気でしたね。3度も雌岡山に行ってしまいました。
ここ数日トラツグミも見ていなかったので、早朝一番乗りを目指して行ってみると、シロハラやツグミと一緒に平然と餌あさりしていました。また夕方の誰もいない時間帯に行ってみても、同じような場所に出没していました。
それ以外の時間帯は、観梅客が梅林の中に入るので、きっと山の中に退避していたと思います。昨日は、想ちゃんが遊びに来ていたので、昼前に梅林に写生をしに行きましたが、ツグミもシロハラも見ませんでした。

では、夕方見たトラツグミより
◆頭隠して尻隠さず◆ 
日没まじかの夕方、誰もいなくなった雌岡山梅林は朝と反対向きの光が低く差し込んで、前(西向き)がその眩さに何も見えないくらいでした。
ゆっくり登っていきやや後ろ(東向き)を振り向けば
D3X_2286_29221_2017022003221708a.jpg
梅の木の隙間からトラツグミです。
私に気付いて、すぐに飛び立ち梅の木陰に隠れてしまいました。朝一番と違って、やはり夕方は少し過敏に反応します。
D3X_2291_29226.jpg
2000×1333画像
少し咲いている梅の中に身を寄せました。顔が写っていれば最高なのですが…、「頭隠して尻隠さず」の図は、ギャグならともかく、絵としては全然面白くありませんね。
「梅花虎鶫図」はこれが最後になるかもしれないので拡大画像も付けました。

◆トラツグミをまだ見ぬ人のために◆ 
観梅客が多いこの時期に普通に出かけても決して見ることはできないと思います。まず見たければ、一番乗りか日没前の誰もいない時間帯しかありません。
駐車場から急な坂道を登り切ったら右側の雑木林側にあばら小屋があります。
KIMG9764.jpg
その反対側が梅林です。左側の梅林をそーっと覗くようにして見るとトラツグミがAの位置(すぐそば)にいることがあります。
無題
誰かがスタスタ歩いて行けば、Aにいたトラツグミは矢印の方向に逃げていきます。
もし、Aの位置にいなければそのまま坂道を上がり、小道の入り口から周辺を観察してください。よくBの位置によくいます。
AにもBにもいなければ、小道の前方に注意しながら前に進むとCの位置で餌を探している姿をよく目撃しました。
これは、あくまで梅林にトラツグミを撮りたいという人以外いない場合です。

◆出会い頭の野鳥◆ 
シジュウカラ
D3X_2250_29185.jpg

ウグイス
D3X_2267_29202.jpg

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山43〜春(水仙)

撮影手記

2017/02/19
良く晴れて絶好の行楽日和、
IMG_0102.jpg
まだ全景が絵になるほど咲いてはいませんが、続々とハイカーが尋ねる雌岡山梅林です。

◆梅林で水仙◆
今日は想ちゃんたちと梅林の写生に行きました。さぞかしポカポカと長閑に過ごせると思っていましたが、
IMG_0085.jpg
いくらいい天気だからと言っても、まだ2月です。風が吹けば寒く、いつの間にか手もかじかんでくるようです。
梅林で水仙、ハァ~
IMG_0089.jpg

IMG_0101_2017021913002257a.jpg

◆それそれの作品◆
D71_0239.jpg

D71_0246.jpg

D71_0251.jpg

2017雌岡山42〜春(虎鶫)

撮影手記

2017/02/19
D3X_2075_29010.jpg
雌岡山一番乗りの目指して7時過ぎに到着すると、そこには朝食中のカラスが待っていました。

◆朝飯前の一仕事◆
やはりいました。牛舎横の坂を登り切った梅林の入り口近くにいました。一番人目に晒される場所で朝食中でした。
D3X_2092_29027.jpg
2000×1333画像
>焦点距離 :700.0 mm
>撮影日時:2017/02/19 07:22:05
>シャッタースピード :1/60秒
>絞り数値:F5.6
>ISO感度:500
朝の感じを出したくて、ちょっと明るめに撮ったこの写真
三脚を使わない私にとって、シャッタースピード1/60秒はサーキットでの流し撮りの定番ですが、野鳥撮影に関して言えば超スローシャッターになります。それでも最小限の手ブレで済みました。
D3X_2116_29051.jpg
2000×1333画像
>焦点距離 :700.0 mm
>撮影日時:2017/02/19 07:24:02
>シャッタースピード :1/320秒
>絞り数値 :F5.6
>ISO感度:500
露光量を落として1/320秒に上げれば何とか安心してシャッターが切れます。
私がカメラを構えた頃から気が付いていたようで、少しずつ離れていき、最後はあっちに行けとばかり威嚇して、森の中に隠れてしまいました。

その後、ポツリポツリと雌岡山詣での人がやってきて、もう出没の機会を失っているのかもしれません。
トラツグミが去った梅林の草叢にはいつも通り
シロハラとツグミが人を避けながら餌をあさっています。そのうち隅に隅に追いやられるでしょう。
D3X_2142_29077.jpg
2000×1333画像
野鳥のツーショットはかなり難しいですね、次からのいい目標になりそうです。
朝日が差し始めたばかりの梅林は眩いばかりの輝きです。
D3X_2154_29089.jpg
2000×1333画像

D3X_2215_29150.jpg
2000×1333画像

◆一期一会◆
今年雌岡山で初めて出会った野鳥は数種類あります。以前緋連雀に遭遇したことがありましたが、あれ以降1度も出会うことはありません。
トラツグミがいつまでいるか分かりませんが、徐々に人目をはばかているように感じます。昨日初めて見たウソ(鷽)に至ってはもう2度と目にすることはないかもしれません。彼らの好物が桜の花芽だったら、至る所にあるわけですからね。
名残惜しいので、ウソのあるだけの写真を貼っておきます。
D3X_1929_28864.jpg

D3X_1950_28885.jpg
と言ってもたった2つですが…。

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山41〜春(鷽)

撮影手記

2017/02/18
◆ウソの話◆
かんでかんでの梅園で黄色い頭をした野鳥を撮って、帰り道にもう一度雌岡山に上がりました。今度は車で神社前駐車場まで直に乗りつけました。イカルがいるかもしれないと、木の上や足元を見つめながら桜駐車場まで下ると、桜の木の天辺に
赤いホッペの変わった野鳥がいます。
D3X_1914_28849.jpg
2000×1333画像

D3X_2053_28988.jpg
2000×1333画像
イカルは人の気配を感じるとすぐに逃げますが、こいつは中々しぶとかったです。桜の花芽をバクバク喰らっていました。今年の花の咲きが悪かったらこいつのせいです(笑)。
名前が分からなかったので、「ピンクの首をした野鳥」で検索するとすぐに名前が分かりました。
鷽(うそ)といいます。ちなみに雌にはピンクの襟はありません。

ウソの♀
D3X_2037_28972.jpg

D3X_1971_28906.jpg
カップルでいましたが、派手な♂にばかり気を取られ、♀はほとんど撮っていませんでした。

◆出会い頭の野鳥◆
アトリ
完全保護色、花鶏(あとり)はどこだ? 花鶏という漢字に負けていませんかねぇ~
D3X_1842_28777.jpg

ホオジロ
ホオジロとカシラダカの区別はおなかの色です。白ければカシラダカです。
D3X_1728_28663.jpg

ミヤマホオジロ
綺麗な奴もいたのですが、見失ってしまいました。
D3X_1753_28688.jpg
綺麗な奴が梅の木から飛び降りてきました。えっ、今まで梅の木にいたんだ、地面ばかり探していたよ、残念。

ミヤマホオジロ
D3X_1785_28720.jpg
2000×1333画像

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。



2017雌岡山40〜春(目白)

撮影手記

2017/02/18
今日から春です。暦の上ではもうとっくに春、気象学的には3月からですが、雌岡山暦では今日から春です。
KIMG9763.jpg
緑が丘駅から梅林までのハイキングコースに「雌岡山 梅林」の幟が立ちました。

◆春の訪れ◆
「梅も昨日の雨で一気に開花したね~」と誰か言っていましたが、梅も人も一気に華やいだように感じました。
土曜日と言う事もあり観梅客もいつもより多くなっていて、今まであまり見たことがなかった花撮りカメラマンも梅林の中に見ることができました。
D3X_1700_28635_2017021902525024a.jpg
梅林の中を飛び交うのは、いつも通りのジョウビタキ、ツグミ、ヒヨドリ、メジロたちです。こうなるともう名物トラツグミを見ることはできなくなるでしょうね。
そのトラツグミですが、牛舎の方から出てきて森の中に隠れました。坂道で止まったのは、ほんの一瞬の事でした。証拠写真です。
D3X_1663_28598_201702190252480ef.jpg
春の訪れとともに梅林を去る鳥もいます。今日見たトラツグミもそろそろ梅林から去りそうです。
これからは、梅の花の周りを行きかうメジロしか見れないのかな。今日は。そんなメジロたちが梅林を抜け、森の入り口でコバエを追いかけていました。

来るたびに狙っていた
ホバリングメジロ
D3X_1579_28514.jpg
2000×1333画像

D3X_1584_28519.jpg

◆花鳥風月~和の心◆
D3X_1704_28639.jpg

D3X_1593_28528.jpg
2000×1333画像

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山39〜花鳥風月

まとめ記事

◆花鳥風月〜和の心(後編)◆
日本画を初めて、そのまま日本画になるような写真を撮ることが多くなりました。実際はほとんど出会い頭に撮っているわけですが、画像処理にかけて残す写真は日本画の視点が大いに影響しています。
日本画で今取り組んでいるのが、白鳥と金鶏。次の題材は烏の予定です。
「梅蕾頬白図」(2017/01/30)
D3X_7214_23765_20170218031433d36.jpg

『瑠璃鶲光浴図」(2017/01/31)
D81_9033_20170218031439431.jpg

「枯木柄長図」(2017/02/01)
D3X_8198_24749_201702180314343b9.jpg

「枯紫陽花目白図」(2017/02/01)
D81_0338_201702180314361f9.jpg

「啄木鳥桜図」(20117/02/12)
D81_4077_20170218031437c05.jpg



「野策腹白図」(2017/02/14)
D3X_0761_27696_20170218031406ea0.jpg

「烏夕景窓図」(2017/02/14)
D3X_0478_27413_20170218031405291.jpg

「目白椿図」2017/02/15)
D3X_0937_27872_2017021803140789a.jpg

「落実喰鵯図」(2017/02/15)
D3X_1044_27979_201702180314102b8.jpg

「瑠璃鶲光浴図」(2017/02/16)
D3X_1174_28109.jpg

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。


2017雌岡山38〜花鳥風月

まとめ記事

◆花鳥風月〜和の心(前編)◆
花鳥風月を愛でる日本画の世界とkmhppyフォト、詫び寂のある花鳥図を選んでみました。身近にいる鳥たちが風流を織りなしてくれます。
「雑木林鶯図」(2017/01/28)
D3X_6364_22915_201702170738368da.jpg
拡大画像を見る

「蒲公英鵯図」(2017/01/30)
D3X_7548_24099_201702170738379cb.jpg
拡大画像を見る

「梅林虎鶫図」(2017/01/30)
D3X_8013_24564_20170217073838c1d.jpg
拡大画像を見る

「梅林尉鶲図」(2017/02/07)
D81_1751_20170217073840b30.jpg
拡大画像を見る

「梅花白腹図」(2017/02/07)
D81_2134_20170217073841539.jpg
拡大画像を見る

「栗枝頬白図」(201/02/09)
D81_2701_27020_201702170739069e8.jpg
拡大画像を見る

「栗枝河原鶸図」(2017/02/11)
D81_2918.jpg
拡大画像を見る

「梅林瑠璃鶲図」(2017/02/11)
D81_3205_201702170739105e0.jpg
拡大画像を見る

「梅花白腹図」(2017/02/12)
D81_3505_201702170739117cc.jpg
拡大画像を見る

「梅枝深山頬白図」(2017/02/13)
D81_4246_20170217073912c9f.jpg
拡大画像を見る
ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

◆お茶の間政治学◆
真実は、「中国」「中華」「中共」が差別語であり、「支那」「シナ」が正しい。
「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名は、モンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮や満洲などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」だとする差別語だ!
一方、「支那」という国名は、オランダ語やポルトガル語の「シーナ」、スペイン語の「チナ」、英語の「チャイナ」と同様に世界の共通語であり、全く差別的な意味は含まれていない!
『「シナ」が中国を示す蔑称』というのは真実ではなく、「中国」という呼称こそが周辺の異民族を野蛮な民族の地として見下す蔑称(差別語)だ。
支那人の伝統的な文明観は「中華主義」というやつで、これを「華夷秩序」と言う。
これは差別そのものだ。
差別を強調した「中国」こそが差別的な表現であり、世界共通語の「支那」は全く差別的な表現ではない!
この「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名を認めて使用することは、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」と認めて呼ぶことを意味する。
img_1_2015100305031627a[1]

2017雌岡山37〜冬(鵙)

撮影手記

2017/02/16
◆枯木鳴鵙図(こぼくめいげきず)◆
sumie_001.jpg
細い枯れ枝の先端に一羽のモズが止まっています。小さいながらも鋭い嘴を持ち、獲物を狙う集中した視線が張り詰めた気魄を感じさせる絵ですネ。
権力を誇示するような大きな鷲や鷹などの猛禽ではなく、たかがモズです。そして枝振りも立派な日本画の象徴のような松ではなく枯れ木。この絵の作者は、二刀流の宮本武蔵です。さすが武蔵の絵という鋭さを感じます。
この絵を見てから、かんでかんでも嫌われ者モズがやたらとカッコよく見えてきました。
枯木鳴鵙の図を狙っ撮ったのがこちら…
D3X_1193_28128.jpg
天を突くような細い枝に止まったモズが、獲物を見つけまさに飛びかからんとしているようです。
モズの鋭さだけは真似できたかもしれませんネ(元々モズが鋭いのだ…笑)。
構図取りと背景の不味さは、さすがkmhppyの写真という鈍さを感じさせてくれますなぁ〜(爆)。

◆雌岡山梅林の様子◆
現在の梅の開花状況。これは標準木ではありません、そもそもこの梅林に標準木自体ないと思う(笑)。
IMG_0035.jpg
トラツグミも好んでやって来るという水仙の花
IMG_0054.jpg

D3X_0705_27640.jpg
トラツグミを撮りたいならば、うかつに梅林の中に踏み込んでは行けません。最近どこにいるか分からないのです。一旦、森に逃げ込んだトラツグミは、次にいつ出て来るか分かりません。くれぐれも用心深く、と言っても観梅の人は遠慮なく入ってくるので、トラツグミを撮りたければ一番乗り以外にはありません。

◆出会い頭の野鳥◆
梅林から駐車場までのきつい坂道をもう少しで登り切ろうとしたとき、駐車場をメジロ以上ヒヨドリ以下の野鳥が横切りました。急ごうにも足が思うように動きません。やっと駐車場にたどり着いて、件の野鳥が居そうな方向を眺めました。太陽を背に1羽の野鳥がいます。さっそくカメラを向けてみます。
D3X_1391_28326.jpg
もろに太陽を見ているようです。思い切ってプラス補正して撮りましたが、眩しさゆえよく見えずピントが合っているかどうかも分からずシャッターを切っていました。
D3X_1396_28331.jpg
モニター画像を拡大して、イカルであることが確認できました。
イカルに会えた事はラッキーでしたが、撮影条件はアンラッキーでした。
神社裏では、アオジやクロジに混じって、いつもとちょっと違う野鳥がいるようです。逆光で日陰、こっちは暗くて何も見えません。
D3X_1409_28344.jpg
モニターで確認するとウグイスでした。クロジポイントでウグイスとはラッキーでしたが、撮影条件は最悪至極の超アンラッキーでした。

さんざんな思いをして、梅林まで帰ってきたら
D3X_1427_28362.jpg
最後の最後、「アホー、アホー!」と人をあざけり笑うようにカラスが鳴いています。
お疲れさま、今日も良い運動になりました。

ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

2017雌岡山36〜冬(緑啄木鳥)

撮影手記

2017/02/16
◆かんでかんでのアオゲラ◆
緑啄木鳥とかいて「あおげら」と読みます。
D3X_1084_28019.jpg
かんでかんでの梅園でミヤマホオジロを待っていましたが、出てきません。神出学園の方からキツツキらしき鳥がやってきました。木の天辺で逆光だったのでよく見えませんでしたが、白黒のいつものコゲラではないようでした。家に帰ってPCで確認すると、
なんと緑啄木鳥(アオゲラ)でした。
所詮キツツキだと思って適当に撮っていたのがよくありませんでした。証拠写真にもならないようなのばっかりでした。わずかに頭の赤毛が写ったのはこれ1枚でした。
D3X_1087_28022.jpg
2000×1333画像
次から、啄木鳥もターゲットに入れたいと思います。

エナガは木の高いところでチョロチョロとよく動くので、ほぼ手持ち撮影になってしまうので煩わしくあまり撮らずに眺めていました。すると、たまたま梅の木まで降りてきてくれたので、カシャカシャカシャ…。
D3X_1311_28246.jpg
いつも通りの逃げ回るツグミが光のシャワーのなかでカメラ目線。
D3X_1263_28198.jpg
それにしても今日は小鳥の出が少ない。定休日かしらねェ~…。
いつ帰ろうか、帰る機会をうかがっているとき、また小鳥が1羽やってきました。
D3X_1255_28190.jpg
ミヤマホオジロです。梅園の手前の木、小枝のカーテンに隠れて一服中、その下でうろうろカシャカシャしているクソジジイに機嫌をそこね、梅園をパスして立ち去りました。
竹の上にいるのはカワラヒワかな、こいつには全然近づけません。
D3X_1107_28042.jpg

◆神出神社のルリビタキ◆
ルリビタキ♂の成鳥を見るならここしかありません、ちょっと臭うけど。今日も便所裏からお出ましです。
D3X_1175_28110.jpg
2000×1333画像

D3X_1177_28112_201702161809078f2.jpg


ブログランキングに参加しています。いつもご協力していただいき、感謝申し上げます。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

ついでに↓「👍 いいね!」を押して爺さんを励ましてやって下さい。

« »

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
ブロとも申請フォーム
検索フォーム