FC2ブログ
 

カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2018日本画31~歌乃

撮影手記

◆歌乃1才◆
IMG_0190_20180808154426453.jpg
よちよち歩きを始めた歌乃を描いてみました。
D81_9344b.jpg
暇つぶしを兼ねて色紙に描いてみようと思います。

◆初夏と初冬◆
昨年から手掛けていた「裏参道冬景」と今手掛けている「美山夏景」が同時完成しました。
D81_9342b.jpg

D81_9341b.jpg

2018日本画30~美山茅葺の郷2

撮影手記

◆基礎的着彩終了◆
ほぼ完成状態です。
D81_9293600.jpg
拡大画像(ほぼ実物大)
これから手を加えなくてはならないのは
1)紫陽花の葉の精描
2)百日紅の葉のリアリティー
ここまでは絶対です。これなくしてこの絵の完成はありません。
そして、おまけの
3)庭の雑草
最後に、
4)背景の山のハイライトとシャドー
この絵は、「紫陽花が似合う風景」が描きたくて、「茅葺屋根に紫陽花が似合うはず」という勝手な思い込みで美山まで行ってきました。ところがそこには、紫陽花を取り込んで茅葺屋を描く場所があまりありませんでした。
絶対に外せない3つのモチーフ
モチーフ1>
IMG_4537.jpg
いい紫陽花だが背景の茅葺屋がイマイチ絵にならない。
モチーフ2>
D81_8881_2018080215122971e.jpg
母屋と納屋がワンセットで存在していたのは民俗資料館でした。
モチーフ3>
その背景は山深さイメージできる森林のバックスクリーンでした。
D81_8789_201808021512275b4.jpg
イメージスケッチ
D71_4291.jpg

2018日本画29〜神戸動物王国

撮影手記

◆外用~5時間の進捗◆
D71_4300.jpg
壁面と土産物屋の色調を確かめながら仮仕上げをしました。最後に路面の地塗りをしました。
D81_9283.jpg
今日から家用の政策にかかります。まず屋根の狩り仕上げから…

2018日本画28〜外用と家用

撮影手記

◆家用の「美山の郷」◆
D81_9281_2018072705392095e.jpg
全体に水干絵の具をかけて色バランスを決め紫陽花の葉と畑(茄子、インゲン、予定になかった里芋)を細かく描いていきました。
この絵はF20号と大振りなので、家で作業するための絵として、下書きを先生に見てもらったので、家でしっかり仕上げてから青砥会に持って行こうと思っています。この大きさの作品を抱えてバスに乗るのがちょっと難儀なので…ハハハ。

一つの作品を青砥会と家で連続的に制作すると、2週間に1度の青砥会でやることが中途半端になりやすいので、家用と外用に作品を分けることにしたのです。

今、青砥会で制作しているのが
◆外用の「神戸動物王国」◆
D71_4300.jpg
今日の青砥会での約4時間の作業でどこまで進むのでしょうか、基本的なことは全て終わってしまいそうな気がします。
たとえほぼ完成したとしても、最後の仕上げは妥協したところで終わるので、何時間あっても終わりがありません。だから心置きなくこの作品に没頭できます。
今までには、一つの作品を家でも連続的に制作していたので突然終わりがきて、次の青砥会でやることが無くなっていたということもありました。
終わりがきそうになったら
青砥会用の次回作の準備に入らないといけません。

テーマは「夏」、大きさはF8号
D81_9267.jpg
去年から描いてみたかった蝉の絵です。
我が家の早朝の木蓮の枝で、木漏れ日の逆光の中でジージーと鳴いている蝉がいました。真夏の風景です。
D81_9278.jpg
枯れたアオキに巻き付いている朝顔の先端部分、朝顔と蝉って絵になりますかね
D81_9282.jpg
金木犀の葉裏には蟬の脱け殻も沢山あります。

昨年の「胡瓜畑」に続いて、蝉、朝顔、空蝉、木漏れ日をワンセットで「夏の朝」の草稿にかかりたいと思います。

七夕

撮影手記

◆七夕豪雨◆
今日でも3日目となる豪雨です。しかも今日は七夕、この雨の中カッパを着て竹を取りに行ってきました。そういえば昔サーキットで、大雨の中丸一日カメラを構えて突っ立っていたこともありましたネ。それを思えばチョロイものです。
D71_4303.jpg
爺さん一人が思いついてこんなことをするわけではありません。
想ちゃんが久しぶりにやってくるので、ささやかな七夕祭りでもやろうかと…
D81_9188_20180707175340fc2.jpg
さて願い事は?

2018日本画27~神戸動物王国

撮影手記

◆ちょっとした勘違い◆
青砥会(日本画教室)の日が迫ってきて、今手掛けている「神戸動物王国」の絵を少し進めました。この絵は教室だけで描き進めるつもりで取り組んでいます。
D71_3817a.jpg

D71_4080.jpg
このスケッチを日本画風にアレンジしてF12号に下書きをし、色を塗り始めたのですが、
意外と自由の効かない教室だけでの制作だけでは思ったような出来になりません。そこでイメージづくりは家でやり、できるだけ単純作業だけ教室でやることにしました。
D71_4300.jpg
今ここまで仕上がりました。
実際にスケッチしたポスターと私が日本画の方にアレンジして描いたポスターは全く違っています。
D71_4300a.jpg
掲示板の線もあやふやでグニャグニャしています。イメージとしてこんな色合いかなと思って描いています。これをきっちりした直線にして、木目彫やポスターの紙質を出すのが、教室での作業のはずでした。
雨が降りしきる中、これを持って青砥会に行ったわけです。が、区民センターのロビーに「気象警報発令中のため午前中の講座は中止!」と掲示してあるではありませんか、こりゃ困った…。講座教室割当表にも青砥会が載っていません。
とりあえず、午前の講座は無くても午後の講座のために時間つぶしに部屋を借りられないかと聞いてみました。ところがどうも話がかみ合いません、なんでだろうと思い手帳で確かめてみれば、私が1週間間違えていました。
ハハハハハ…チョー恥ずかし。

歌乃誕生会

撮影手記

◆1歳になりました◆
D81_9064.jpg
久しぶりのカメラです。
 >カメラ:D810
 >レンズ:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 >フラッシュ:スピードライトSB600
スナップ写真を撮るにはかなりヘビーなシステムですが、パフォーマンスは最高です。
右のプロフィール画像は、昨年の8月に想ちゃんが描いてくれた絵です。あれから1年、歩けるようになりました。子供の成長は早いですネ。
選挙権年齢の引き下げに伴い、成人に関する法律も変わり、この子の成人式は17年後になると思います。その時の私はオーバー80、生存可能性が一段と低くなっていますが、振袖ぐらいプレゼントしてやりたいものです。
D81_9087_20180704035245808.jpg

D81_9106.jpg

2018日本画26~美山茅葺の郷2

撮影手記

◆構図の変更◆
美山に行く前から描きたい絵の構想は決まっていました。
1)茅葺屋根
2)紫陽花
3)杉のバックスクリーン
この3つの要素がそろったところでスケッチしたのが、前回紹介したスケッチです。里を巡っていろいな茅葺の古民家を見て写真におさめてきました。
その中で特に目を引いたのが、これでした
D81_8881.jpg
母屋と納屋が茅葺で並んでいるのがここにしかなかったのです。
このアングルだと、紫陽花も杉のバックスクリーンもありませんが、アイデアスケッチに紫陽花と杉を入れてみると
D71_4291.jpg
当地で描いたスケッチよりこっちの方がよさそうに見えました。
テータを整理して、早速F20号のパネルに模造紙を張り付け下書きを始めました。
D71_4281.jpg
パソコンのモニターに写真を写しだしたりインターネットで資料を集めたりしながらやっと下書きが出来ました。
D71_4284a.jpg
実物大の全体画像(ただし解像度100DPI程度のモニターの場合)
茅葺の古民家に紫陽花はいうまでもなく、畑には茄子と胡瓜にインゲン豆をリアルに配置してみました。背景には杉だけでなく斜面の雑木林もそれらしく描いてみました。

2018日本画25~美山茅葺の郷

撮影手記

◆スケッチ旅行~テーマは紫陽花◆
IMG_4517.jpg
あいにくの天気とにもかかわらず、害国語を大声でしゃべる変な観光客やたくさんのカメラマンで賑わっていた美山茅葺の郷でした。随分前から紫陽花を描きに行くために宿まで予約していたので、一昨日美山茅葺の郷まで行ってきました。あいにくの天気もたまに雨がぱらつく程度で、ほとんど野外でスケッチが出来ました。
IMG_4519.jpg
ポツリポツリと雨が落ちたときだけ、野菜販売小屋に退避して細部の仕上げをしていました。いつ雨が降りだすか分からないので、さすがにこの場所以外でのスケッチはできませんでした。

作品1
D71_4185.jpg
美山定番のこの風景はやはり陳腐と言わざるを得ません。

2日目は、紫陽花と茅葺屋根のコラボでレトロな雰囲気があるようなモチーフを求めてヨメ推奨の紫陽花があるところに行きました。
山里の古民家と紫陽花の絵が描けそうです。
IMG_4500.jpg
いろいろとアングルを変えてみて、茅葺屋根が一番カッコよく見えるところは紫陽花が外れましたが、そこでスケッチをして、
D81_8865.jpg
その古民家を杉の屏風と紫陽花で囲んでみました。

作品2
D71_4183.jpg
次回作F20号はこの絵に決まりそうです。

2018日本画24~裏参道の秋

撮影手記

◆今度こそ完成◆
D71_4181x.jpg
拡大画像(ほぼ実物大)
1)本殿の右側の杉の木の葉を描き直しました。日本画らしく象徴的に描くことで、背景の杉林との距離感を出すことができました。
2)署名落款を描き直しました。私は落款を持っていないので、印影も手書きです(笑)

以前の杉の木
D71_4166_2018062005220061b.jpg

以前の署名
D3X_6515_20180620052159255.jpg

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム