カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

韓国歴史教科書のぞき見

撮影手記

◆4000年の歴史◆
古朝鮮は檀君王倹によって建国されたという(B.C.2333)。というところから始まる韓国国定歴史教科書なるものを拾い読みしてみました。
42_1.jpg
この方が檀君王倹とやらで、その国の版図が
43_1.jpg
ということらしいです。メルヘンですねェ~。
朝鮮半島には歴史資料がほとんど残ってなくて、ほとんど日本の資料のミラー版だとも言われています。

そして、資料もある程度現存している
◆日韓併合1910(過酷な植民地政策)◆
325_1.jpg
1 国権の被奪と民族の受難
国権の被奪
清日戦争以後、日本は満州と韓半島を独占的に支配しようとし、ロシアと鋭い対立を見せたが、ついに露日戦争を起こした(1904年)。

露日戦争が起こると、大韓帝国は両国の戦争に巻き込まれないように局外中立を宣言した。しかし、日帝は戦争挑発と同時に韓国侵略の足場を固めるために大規模の兵力を韓国に投入し、ソウルをはじめとして全国の軍事的要地を占領した。また、韓国政府を威嚇して日本軍の戦略上必要な地域を勝手に使用し、日本の同意なしに第三国と条約を締結できないという内容の韓日議定書を強要した。

その後、戦勢が日本に有利に展開すると、日帝は韓国植民地化方案を確定し、引き続き第一次韓日協約の締結を強要し、外交と財政分野に日本が推薦する外国人顧問を置くようにした。しかし、実際には協約にもない軍部、内部、学部、宮内府など各部にも日本人顧問を置いて、韓国の内政に思うままに干渉した。

日帝は露日戦争に勝利した後、より露骨に植民地化政策を強行した。すなわち、日帝は露日戦争を前後してアメリカ、イギリス、ロシアなど列強から韓国の独占的支配権を認定された後、韓国を保護国にしようとする、いわゆる乙巳条約の締結を強要してきた(1905年)。

高宗皇帝と政府の大臣の強力な反対にもかかわらず、日帝は軍事的威嚇を加えて一方的に条約成立を公布し、大韓帝国の外交権を剥奪し、統監府を設置し内政にまで干渉した。これに対して高宗皇帝は、自分自身が条約締結を拒否し署名捺印しなかったことをあげて国内外に条約の無効を宣言し、ハーグに特使を派遣し条約の無効を再び明らかにした(1907年)。

統監府を設置して大韓帝国の内政権を掌握した日帝は、大規模な日本軍を韓半島に派兵してわが民族の抵抗を無慈悲に弾圧し、ハーグ特使派遣を口実に高宗皇帝を強制的に退位させた。それだけでなく、皇帝の同意もなく韓日新協約(丁未7条約)を強制的に締結し、わが政府各部に日本人次官を置いた。さらに軍隊解散に反対して蜂起した大韓帝国軍の抵抗を武力で鎮圧し、大韓帝国を防衛力のない国にしてしまった。

その後、日帝は燎原の火のように燃え盛るわが民族の主権守護運動を武力で弾圧し、司法権、警察権を奪った後、ついに国権までも強奪した(1910年)。


朝鮮総督府
国権強奪以後、日帝は植民統治の中枢機関として朝鮮総督府を設置し、韓民族に対する政治的弾圧と経済的搾取をほしいままに行なった。そうして日本軍現役大将が朝鮮総督に任命され、植民統治の全権を掌握した。朝鮮総督は日本の内閣の統制を受けずに日本国王に直属し、立法、行政、司法および軍隊統帥権まで掌握した絶対権力を行使した。このように強大な権限が総督に付与されたのは、わが民族の独立運動を朝鮮総督が意の如く徹底的に弾圧することにその目的があった。

総督府の組織は総督の下に行政を担当する政務総監と治安を担当する警務総長がおり、総督府の官吏はほとんど日本人によって占められた。そして諮問機関として中枢院を設け、韓国人を政治に参加させる形式をとったが、これは韓国人を懐柔するための術策にすぎなかった。中枢院は3・1運動のときまでおよそ10年間、1回の正式会議も招集されなかったことだけを見ても、これは名ばかりの機関であったことがわかる。


憲兵警察統治
国権が強奪され、韓半島には日本軍2個師団と2万余人の憲兵警察および憲兵補助員が配置され、強力な憲兵警察統治が実施された。

日帝の憲兵警察による武断植民統治は世界にその類例のないものであった。日本の憲兵司令官が中央の警務総長となり、各道の憲兵隊長がその道の警務部長となった。そして全国各地に憲兵警察が配置され、わが民族は武力によって生存までも脅威にさらされた。

憲兵警察の主要任務は警察の業務を代行すること以外に、独立運動家を捜索し処断することにあった。彼らには即決処分権がありわが民族に対し思いのままに笞刑を行なった。韓国人のあらゆる行為は憲兵警察の判断によって裁判もなく拘留されたり重い罰金が賦課された。また、一般官吏はもちろん、学校教員にまでも制服を着せ、刀を下げさせたことは威嚇的な憲兵警察統治の一手段であった。

わが民族はこのような日帝の憲兵警察統治によって言論、集会、出版、結社の自由を剥奪され、民族指導者は逮捕、投獄、虐殺された。ために、救国運動を行なって投獄された人士が数万人に達したときもあった。日帝はいわゆる105人事件(1)や様々な独立運動結社に関連した独立志士を逮捕、拷問し独立運動の抹殺をはかった。
引用終わり

◆感想◆
支配者身分を奪われた両班にとっては冷酷な身分制の廃止だったことでしょうが、大多数の国民は解放されました。この感情的な表現は、元支配者階級だった自称独立運動家のモノでしょう。
やたらと「わが民族」という言葉が出てきますが、この論調は将軍様の女子アナ(チョゴリおばさん)のあの口調によく似てます。
この調子で歴史を勉強しているので全国民が、反日であることは容易に理解できます。

園芸入門

撮影手記

◆楽しいお庭生活元年◆
少し前の我が家の庭といったら、手入れの行き届かず蔦に絡まれ雑草まみれの荒れ地のようでした。おまけに日当たりも悪くじめじめして暗く、毛虫やミミズの住処と言った庭でした。それでもイッパチの庭持ちのような気分で、ロクに世話もできないくせにあれやこれや買ってくるのです。
引退後、それを目の当たりにする機会が増え、「え~い面倒だ、全処分、リセット!」とばかりに、昨年から
徹底除草、樹木伐採にかかりました。

目障りな樹木は、切り倒し引っこ抜き、面白い株は
D71_8879.jpg

D71_8876.jpg

D71_8865.jpg
鉢植えにして自家製盆栽にしました。
残念ながら、この作業時期が花芽のつく時期だったことと重なり、今年は花が咲きませんでしたが、来年は山茶花にも躑躅にもたっぷり花が咲くことでしょう。
百日紅は日当たりが悪く、あまり咲きませんでしたが、日当たりを選べる可動式盆栽でまた花を咲かせてみたいものです。
紫陽花は去年から鉢に移しましたが
D71_8893.jpg
すっきりと剪定して鉢に移したのが秋だったので、これまた前述の躑躅同様にほとんど咲きませんでした。来年は満開のはずです。
何度も除草剤を撒きながら、蔦や雑草を退治し、うっとうしい樹木は切り倒し、すっきりした庭になりました。ホームセンターに行く度に、こまごま安物を買っては鉢植えにして並べています。それにしてもまだ随分と植木鉢が残っています。
今まで、何を考えてこんなにたくさん植木鉢があるんだろうと思います。
大体こういうのはヨメの仕業です。
鉢植えを買ってきて、花が咲いているうちはせっせと水やりをして、花が枯れるとほぼ放置…。この繰り返しで鉢だけが増えていったのでしょう(笑)。
D81_8261.jpg
もう狭い庭は鉢植えでいっぱいです。
植木鉢を無駄にしたくないので、私が買ってくるのは宿年草、多年草と注意書きのあるビニールポットに入った安物だけにしています。菊が終われば少しスペースも出来るので、植木鉢の数だけ増やそうと思います。
そして、我が家のもう1カ所の花見所
D71_8882.jpg

D71_8884.jpg
お庭で咲いた花たちは、
我が家で唯一表通りに面した勝手口からの一角で、ぼろ隠しを兼ねて一般公開しておりヤス。
D81_8257.jpg
今年の「楽しいお庭の」のメインは懸崖菊でした。インターネットで苗10本を購入して育てた懸崖菊でした。
毎日の水やりはもとより、懸崖台を作り、茎を這わせ、毎日の芽摘みや病気対策etc.。
D71_8860.jpg
ずいぶんと葉が茂ってきました。月が変わると、本摘芯と言って最終剪定をして形を整え、花芽が付くのを待ちます。
10月には表通りデビューとなります。


ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

これって終活?

撮影手記

◆ピカサからグーグルへ◆
いよいよPicasaウェブアルバムのサービスが終了してしまいました。今までのアルバムがアーカイブとして表示され、グーグルで閲覧する方式になって使い勝手が悪くなりました。
無題
モータースポーツフォトアルバム(全日本&世界選手権)
すると私のモータースポーツデビュー戦の2005年F1日本グランプリのアルバムが抜けていました。たった12枚だけのフォトアルバムですが、大切な大切なフォトアルバムです。
DSCF0008_20160826085040c39.jpg
2005年F1日本グランプリフォトアルバム
この写真が私にとって忘れられない写真のはずでしたが、アルバムとして残していなかったんです。

MotorSports Photogalleryというページから地方選手権(岡山、鈴鹿)へのページにリンクしています。
無題2
地方選手権フォトギャラリー
岡山ICについてはずいぶん撮りためたものです。Googleにうまく移行していないアルバムがあれば、作り直すことになります。
毎日いい仕事ができたものです。外に出るのもクソ暑いだけですから、しばらく終活に励もうと思います。

なぜ終活かと申しますと、
今はまだ、niftyホームページサービスにインデックスを作っていますが、、無料Googleフォトでアルバムをつくり、それらをFC2無料ブログサービスで管理しているのです。そのうちにホームページをどこかの無料サービスに移行してリンク網を張れば、kmhppyネット遺跡の完成です。特に何かに影響を与える代物ではありませんが、生きた証に手垢の一つでも残しておこうと思って…

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

畑でフォトグラフ3

撮影手記

◆蝶のように舞えず、蜂にも刺されて(…涙)◆
昨日の燕の舞いにちょっぴり気をよくして、カメラだけ持って朝から畑に直行しました。やる気のみなぎったこんな日に限って、燕はおりません。
我が家のハイビスカスも毎朝満開ですが、O氏の畑に咲くヘチマも毎朝満開のようです。
D3X_7562_11801.jpg
ヘチマは午後、ハイビスカスは夕方しぼみます。最近の朝顔は1日中咲いているものもあるようですが、どちらも朝顔みたいな花です。
S氏の畑にあるゴーヤの棚の日陰で田圃を眺めてお出ましを待ちますが、散発。全然面白くありません。今年は全くタイミングが合わなかった燕撮影、きっとそろそろ最終回なのだろうと思います。
D3X_7621_11860.jpg
拡大画像
退屈してると、私の背後を蝶が飛んでいきます。H氏の畑にメキシコひまわりの塊がありその周辺を舞っているようでした。私も重い腰を上げ、もっと重いカメラを蝶の前まで運びました。
D3X_7703_11942_20160824141535824.jpg
拡大画像

D3X_7722_11961_2016082414153670e.jpg
拡大画像

D3X_7933_12172.jpg
拡大画像

D3X_8070_12309.jpg
拡大画像
燕が消え、草叢にはアキアカネ、
ふと横眼で田圃の水路を見るとシオカラトンボ、もう秋ですね。
D3X_8164_12403.jpg


ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

畑でフォトグラフ2

撮影手記

以前、誰も描かない花鳥図として紹介したこの絵ですが、
D71_7352_20160823132519ec9.jpg
初夏の田圃をイメージして、その時期の花として紫陽花を選んで、とりあえず描いてみましたが、余白がありすぎてどうも面白くありません。そこで余白に蝶を配置してみたのですが、まさにそれこそが蛇足。イラストならまだしも漫画になってしまいました。
田園風景を背景に入れようとも思いましたが、余白に後付けの風景を入れるのは思ったような構図にならず手間ばかりかかりそうでした。
そこで思い切って、装飾画風に金色にしてみました。
D71_8837.jpg
さらに蝶を2匹追加して遊び心満載の大和絵の完成、となるはずでした。しかし、もうヤケクソの域に突入したなと実感してしまったのでした。
まだ随所に金銀を埋め込んで光り輝く絵にするつもりです。どうせ習作ですから、絵の善し悪しよりも、金色(雲母)の塗り方が理解できたのが何よりの収穫でした。

◆稲海原のハンター・燕◆
燕が背後に迫る。逃げろと言っても、高速変幻自在飛行をする燕からは逃げきれません。
D81_8133_11678.jpg
しかし、素通り…命拾いしたトンボ(笑)。
D81_8134_11679.jpg
拡大画像
何を狙っているんだ?
稲をかすめるように飛んでいる燕には、燕を直接狙ってもピントが合いません。オートフォーカスが作動しない、壊れたかと思うくらい効きが悪いのです。そんなときは、同じくらいの距離にある稲に向かってフォーカスします。そうするとたまにジャストミートしてくれます。
D81_7970_11515.jpg
拡大画像

D81_8086_11631.jpg
拡大画像
ピントは燕の下の稲穂で合わせました。

田圃が黄金色になる頃にはもういないでしょうね。

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

畑でフォトグラフ

撮影手記

◆燕・旅立ち前◆
今日は珍しく大砲持参で畑に来ました。
巣立ったばかりの幼鳥たちが、大人たちに混じって夏の終わりの稲田の上空を舞っています。
D3X_7301_10639.jpg
胸にはまだ産毛が残り、翼は何だかボロボロになっているように見えます。案外このような幼鳥が、何羽も混じっています。無事に渡りができるか心配になってきます。しかし、一般的に渡りまで生き残れる雛は25%ほどだそうです。自然って厳しいですね。
晴天続きなのでエサの昆虫類が上空にいるのでしょう、今日の燕はやけに高い。
D3X_7364_10702.jpg

D3X_7518_10856.jpg

D3X_7544_10882.jpg

D3X_7547_10885.jpg

D3X_7267_10605.jpg


ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

2番じゃダメなんです(民進党)

撮影手記

◆「2番じゃダメなんですか?」◆
高校野球も昨日終わり、オリンピックも今日で閉会します。高校野球はほとんど視聴しなかったのですが、深夜から午前にかけ変則生活の中でオリンピックは毎日視聴しました。メダルの数も過去最多だったそうです。金、銀、銅…みんな素晴らしいです。
「2番じゃダメなんですか」、
この言葉は事業仕分けで、蓮舫議員からの言葉でした。莫大な開発費を必要とするスーパーコンピューターの予算削減で口にしたのですが
img_0_201608220523041d8.jpg
理研の理事長は「科学や技術は、実現できるかどうか分からないが、トップを目指さざるを得ない。科学技術こそが日本の生きる力だと考えないといけない」と強調した。
ということで結局私はその先どうなったかその先は知らないのですが、無駄遣いは悪いことなのですが、あの事業仕分けという悪政で以後いろいろな問題が噴出していきました。

そして、この度オリンピックが終わろうというこのタイミングで民進党の議員から名言が噴出しました
4df524f3.jpg
「2番じゃダメだ」って言っています。
2番がどうのこうのではなく、「民進党がダメなんだ」と念を押しているようにしか思えません。

蓮舫は結婚していて本名は村田蓮舫、国籍は日本となっていますが、ツイッターでは謝蓮舫と中国名をそのまま使っています。
不祥事(Wikより抜粋)
>「政党交付金使途報告書」記載の「事務所経費」(賃借料)支払先の記載がない、と報じられた。
>過去に脱税で有罪判決を受けた企業の関連会社から、献金を受け取っていた。
>公設秘書の強制わいせつ問題。
>国会内のファッション雑誌撮影、私的な宣伝や営利目的に当たる行為は許可されていない。
>暴力団員との密会写真(某週刊誌スクープ)。
これだけの問題を抱えていたので東京都知事に立候補できなかったのです。

2016岡山MR3の4

撮影手記

◆逆光で決めたかったモトレボ撮影◆
D81_6853.jpg
拡大画像
MR耐久のレース終盤の17時頃、逆光とはいえまだ日は高い。この日撮れる最強の逆光であった。いい光が当たっていい写真になりました。オイオイ、ここで目を瞑るなよ!、コーナーの先を見つめているとは思いますが、目がきらりと光ったら最高の1枚となったことでしょう。
2000×1333サイズの写真を50枚ほど集めてフォトアルバムにアップした関係で、ここでの写真紹介は略式です。
フォトアルバムは、
すでに拡大画像でアップロードしたものと、私が名前を知っている方々(画像を見て名前が言える程度です)の写真を寄せ集めて、一般公開永久保存用のアルバムとしており、
当ブログの右カラムにあるリンク「◆地方選手権フォトギャラリー」からいつでも閲覧可能です。このページには、今まで行った岡山ICで撮影した全てがあります。
昨年の8月30日にあった3時間耐久の画像を見ながら、昨年の撮影を反省し勉強を重ね、今年新たな気分でさらにいい写真を目指し…、などと言えばかっこいいですが、撮影はいつも行き当たりばったりです。本当の目当ては、前夜祭の只酒だったりします(爆)。


ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

2016岡山MR3の3

撮影手記

◆便所裏から便所前へ(グシテっちゃんからモリチンリョウちゃんまで)◆
予選が終わって、ピット裏の便所裏からダブルヘアピンという便所前に急ぎました。しかし、そこには誰もいません。私が行くところはいつも無人です。よほど撮ってはいけない時間帯にその場にいるようです。写真もそれなりみたいなので納得…
とりあえず、ダブルヘアピンに場所だけ確保して、もう一つの便所前のヘアピンに行ってみました。岡国撮影隊が勢ぞろいでした。zuikoさん、クワレガさん、割烹坪井さんと最近は珍しいシマネさんもいらっしゃいました。皆さんおはようございます。
歓談もそこそこで、決勝レース開始となりました。
AM11:55 グシテっちゃん
D81_4684.jpg
決勝レースは11時から始まっていましたが、初めてヒットしたのが11:55のグシテっちゃんでありました。グシテツ、本名:大串哲也、職業:散髪屋(今風に言えば理容師)、モトレボでは2種目エントリーが多いが今日はオープンだけだったようです。私がサーキットに通いだしたころからの知り合いになります。

13:47
D81_4933.jpg
拡大画像
ぽつぽつとヒットはするものの、全体的に雑魚ばかりしか釣れない情けない釣りをしているようなものでした。PM3時を過ぎたころからやや光線の状態も良くなり上向きになってきましたが、逆光と呼ぶにはまだほど遠い時間帯でした。
15:13
D81_5233_2016082103435566a.jpg

15:18
D81_5347.jpg
拡大画像

15:24 モリチンリョウちゃん
D81_5418.jpg
森岡夫妻とは、グシテっちゃん同様サーキット通いを始めたころからの知り合いです。レース終了後、奥様から冷たい缶コーヒーを頂きました。
ごちそうさまでしたー、またね。

◆重要なお知らせ◆
モトレボ3のオリジナル画像のダウンロードは、当ブログ右カラムにあるリンク「◆Facebook」より「2016岡山MR3」と言う記事を探してアルバムに到達してください。予選、決勝1、決勝2の3つのアルバムがアップロードしてあります。
facebookの詳しい仕様は分かりませんが、ご自身のページから「kmhppy」で検索すれば私のページに行けるはずです。

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

2016岡山MR3の2

撮影手記

静岡からの客人が帰り、盆休みが終わったkmhppy家は久しぶりに静寂な朝を迎えました。
忘れかけていたモトレボ3の画像を引っ張り出してきました。

◆kmhppy氏 いい光を撮る◆
朝の予選で逆光で撮れるところはヘアピンとこの便所裏。たぶん誰もいないだろうと思って行ってみると、やはり誰もいませんでした。きっと順光で撮れるダブルヘアピンにカメラマンは集結している事だと思います。こういうところが天邪鬼な私です。
AM8:14
D81_2743.jpg
拡大画像
真逆光より半逆光が良い写真になるなどと言う話はどんな写真雑誌にも載っていることですが、条件を選ぶ余地などありません。もうこの時間帯は太陽も上り気味で真逆光という訳ではありません。半逆光に当たるナイスな時間帯だったかもしれません。
露出補正を+2/3段に設定して、ヒストグラムで見ると縁石の白飛びがあるくらいの明るさに設定しました。
言い尽くされた写真理論だが、ベストショットはやはり半逆光だったのか。

AM8:28
D81_2838.jpg
コース上は太陽が上から照らしているようで、かなり明るく感じたので露出補正0で撮ると、ヒストグラム上では白飛びがなくなって
適正露出のはずなのですが、コントラストがきつくなり過ぎて、とても「良い」という状態ではありません。ヘルメットの上辺にいい光が集まっているので、これは修正してみます。
D81_2838_20160820074556d1e.jpg
拡大画像
太陽と雲の位置関係で撮影条件が瞬時に代わることも多いので、修正に頼ることも多々あります。フォトアルバムでは元画像で修正はありませんが、このように思い描いた絵に近づけることは可能です。…もう少し明るくしてコントラストを強くしてもいいかな

AM10:17
D81_3915.jpg
拡大画像
もう太陽はほとんど真上で逆光ではありませんでした。しかし、この時点で露出補正0にすることで最初の画像とほぼ同様のヒストグラムになりました。部分的に白飛びしていますが、あくまでここではこう撮りたいと拘った結果です。kmhppyフォトの目指すものは芸術なのです。
うまく光が回って、クリアーシールドのライダーの表情までしっかり撮れました。

予選も終った頃にはすっかり逆光でなくなりました。用が終わったら、便所裏からの退散です。

◆重要なお知らせ◆
モトレボ3のオリジナル画像のダウンロードは、当ブログ右カラムにあるリンク「◆Facebook」より「2016岡山MR3」と言うリンクを探してアルバムに到達してください。予選、決勝1、決勝2の3つのアルバムがアップロードしてあります。
facebookの詳しい仕様は分かりませんが、自身のページから「kmhppy」を検索すると私のページに行けると思います。

« »

08 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 風景・野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム