FC2ブログ
 

カメハッピー氏のフォトログ

Copyright © since 2007 kmhppy All rights reserved 当サイトおよび関連サイト内の画像の無断使用は固くお断りします。

2019鉛筆画28~デッサン教室

撮影手記

◆石膏像を描く◆
2時間という時間は本当にきついです。今日も途中で終わってしまいました。
D71_6539.jpg
家に帰って2時間、ゆっくりゆっくり鉛筆を重ねていきました。まだ色は薄いけど、これで終わりにします。

2019鉛筆画27~神戸まつり

撮影手記

◆踊るボンレスハム◆
昨日神戸まつりに行ってきました。見たのはサンバ
D81_1789.jpg
拡大画像
三ノ宮駅前を出るとほぼ一方通行で、神戸まつりの会場へと誘導されました。サンバが見たかったので、京町筋へと向かいました。
会場に着くと、始まったばかりだったと思うのですが、そこはもう三重の人垣で、写真などのんびり撮れる状態ではありません。会場の一番端っこ、パレードのゴール付近にやっと写真が撮れそうなところが見つかりました。でも、10分もするともう身動きもとれないくらいでした。
とりあえず、目の前にやってきたダンサーをとりました。このチームは
D81_1541_20190520225835cdc.jpg
何とボンレス軍団、全員超肥満!俺より太ってる。
D81_1590.jpg
この写真を使って神戸まつりの思い出を描こうとしたのですが、写真を見て気づきました。観衆はカメラを持ったスケベおやじばっかです、私もその中の一人です(笑)。
ブラジル国旗を纏うなんざ、リオのカーニバルを意識しているのでしょうが、ボンレスハムでは絵にならないので、
「サンバはこうでなくっちゃ」
という私的願望を込めてスケッチブック(F6)に描いた絵が冒頭のこの画像です。
D81_1789.jpg
結局このチームだけ見てこの場を離れ、買い物をして帰りました。買ったのはワトソン・ホワイト全紙。このギャグ絵が明日のデッサン教室で好評なら、ダンサーをもう一工夫してF10号で描いてみたいと思います。
D81_1771.jpg

2019鉛筆画26~卒園式2

撮影手記

◆♪十五 十六 十七と私の人生…♪◆
D81_1391.jpg
拡大画像
15日から連日鉛筆画を描いてしまいました。15、16日はスケッチブック(F6号)に、17、18日は画用紙(F12、F10号)に
想太と歌乃を描けば、当然将太朗も描かねばなりません。最初はヒマつぶしだと思い、スケッチブックに描いていましたが、本格的なデッサンをモノにするには、画用紙選びからしっかりやらなくてはならないことを知りました。
繊細で緻密な絵に仕上げたかったら、色は薄くなるが細目地の細かいケント紙。大胆に力強く濃淡を生かして描くならば、太目地の画用紙。描きたい絵と画用紙の組み合わせは実に多様です。
デッサンに関する某サイトお勧め画用紙は、サンフラワー純白中目、しかし私の行きつけの文具店にはありませんでした。とりあえず買ってきた画用紙をパネルに張り付け、裏表を別々にして描いたのがこの2つです。
D81_1392_201905190449461bb.jpg
どの面が表かは知りませんが、鉛筆のタッチの感覚が違います。すこしザラっとしている方が乗りがよくて私好みでした(左)。
ちなみに同じ写真を見て描いた絵ですが、表情が少し違うんですよ。大きいほど目元や口元の微妙な加減が表現できます。
D81_1388.jpg

2019鉛筆画25~想太と歌乃

撮影手記

◆F12号 水彩画用紙◆
D71_6503.jpg
拡大画像
今まで使っていたスケッチブックがF6号細目地、今回はサイズアップした絵を描きたくなって、画用紙を買いに行きました。
デッサン用にふさわしいとされる純白中目画用紙などなく、置いてある画用紙はF6以上、F8以下の4切り画用紙。仕方なく水彩用の画用紙を全紙で買ってきました。
早速F12号サイズに切り取って、想太と歌乃を描いてみました。
これちょっと描きやすいかも・

2019鉛筆画24~卒園式

撮影手記

◆写真模写◆
D71_6497.jpg
拡大画像
F6号、将太朗の卒園式の写真の模写です。デッサンとは言えないかもしれませんが、かなりそれらしく描けました。現物は白黒写真のように見えましたが…
1552774801333.jpg
この絵の写真を娘に送ったら
「あまり可愛くない(笑)」
と返信が来ましたが、じいちゃんとしてはとてもかわいくかけた自信作だったのです(笑笑)。

2019鉛筆画23~こどもの日

撮影手記

◆デッサン展に向けて◆
6月になると区民センターでデッサン教室の作品展があるようです。それに向けて、こんなのを描いてみたわけですが、
D71_6489_2019051607013914e.jpg
拡大画像
ひと時もじっとしていないこの子たちをモデルにして絵を描くことは不可能です。そこで、こどもの日に明石公園で撮った写真を見て描きました。これではデッサンと言えませんネ。
D71_6363.jpg
ただの爺バカでした。

2019鉛筆画22~バナナと紙袋

撮影手記

◆デッサン教室~バナナと紙袋~◆
今回はなんとも妙な課題です。今まで「紙袋+バナナ」何という画題は思いついたこともありませんでした。一体どのような構図で描けばいいのでしょうか?
D71_6440.jpg
拡大画像
昨日バナナを買ってきて家にある紙袋と組み合わせて、あーだこーだやっているうちに、紙袋の上にバナナを置くことにしました。
構図だけしっかりとって、教室で仕上げることにしました。
柄物の紙袋を単色で描くことにかなり苦労して描いたのですが、先生の講評はその辺のところはあっさりスルーして、空気感がどーのこーのと言っていました。ガァ〜ン…
D71_6447.jpg
もっとシンプルな紙袋がよかったかねぇ~

2019色鉛筆21~西神中央公園2

撮影手記

◆写生「西神中央公園から西神戸医療センターを臨む風景」◆
D71_6433.jpg
鉛筆だけのデッサンの方が完成度は高いのですが、どうせ写生ですから色を付けて終わりました。
ただし、
メディカルセンターは鉛筆デッサンののままにしています。今日の写生会ではメディカルセンターの仕上げと樹木の調整をして終わりました。メディカルセンターの進捗を比較して下さい
D71_6421.jpg

2019写生会20~西神中央公園

撮影手記

◆事前写生◆
D71_6421.jpg
デッサン教室では、写生は2回に分けて行われそれでも仕上がらないくらい精密な絵を描く人は、時間外にも作品仕上げに取り組んでいました。
次回の青砥会は、西神中央公園で写生会が予定されています。時間内で最後まで仕上げたことのない私は、事前に描けるところまで描いておくことにしました。当日は濃いB系鉛筆を使って、色を深くしていくことにのみ集中できます。場合によっては色鉛筆で着彩できるでしょう。
KIMG0011_20190509085207eff.jpg

2019鉛筆画19~リンゴと清涼飲料

撮影手記

◆第3回デッサン教室◆
座学が10分程度あり、約1時間30分が実技の時間です。残り20分でが、講評と呼ばれる晒しの時間。これが今度通い始めたデッサン教室です。
さすがに、構図を考えるところからやり始めると、1時間30分では全て描き終えることはできませんでした。
D71_6094.jpg
鉛筆の硬度F(HBより1段堅い)で描き始めてそれ以上濃い鉛筆を使うことなくタイムアップとなってしまいました。当然、色が薄いという講評でした。家に帰って、3Bまでの鉛筆で全体を黒くしてやっと完成です。
次回は、バナナと紙袋です。

« »

05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kmhppy

Author:kmhppy
訪問有難うございます。下記関連サイトはフォトアルバムです。本文記事より進行の早いものもあるので、ぜひこちらもご覧ください。

kmhppy関連サイト
◆ familyフォトアルバム
◆ kmhppy氏のおバカな写真集
◆ ホームページTOP
◆ 全日本選手権フォトギャラリー
◆ 地方選手権フォトギャラリー
◆ ミニサーキットフォトギャラリー

◆ 野鳥フォトギャラリー
◆ GANREFアルバム
◆ Facebook

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム
検索フォーム